式守伊之助 (11代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

11代 式守 伊之助(じゅういちだい しきもり いのすけ、1860年-1914年3月15日)は、大相撲立行司。本名は?→吉岡一之進。出身地は京都府京都市中京区

人物[編集]

幼少の頃より京都相撲の行司吉岡一学養子となり、彼の下で修行する。1886年に上京したが、規約により東京相撲への加入が許されず、大達羽左エ門に従い地方巡業に同行した。1898年にやっと東京相撲への加入が認められ木村進と改名した。1912年5月に11代式守伊之助を襲名。事務能力に優れ、故事に精通していた。現在の行司装束を考案(姿に代わる烏帽子直垂の採用)したことで知られる。在職中の1914年3月15日死去。享年55。

参考文献[編集]

関連項目[編集]