大相撲の在位記録

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

大相撲の在位記録とは、日本相撲協会が主催する相撲興行大相撲本場所)において、力士が現役を務めた場所数のことを指す。

在位記録[編集]

通算在位記録[編集]

順位 四股名 在位数 在位期間 最高位
1位 華吹大作 211場所 1986年(昭和61年)3月場所-2022年(令和4年) 1月場所 東三段目18枚目
2位 北斗龍定裕 186場所 1986年(昭和61年)3月場所-2017年(平成29年)3月場所 東三段目53枚目
3位 栃天晃正嵩 175場所 1982年(昭和57年)3月場所-2011年(平成23年)5月技量審査場所 東十両4枚目
4位 出羽の郷秀之 174場所 1986年(昭和61年)5月場所-2015年(平成27年)5月場所 東十両14枚目
5位 天一俊哉 169場所 1993年(平成5年)3月場所- 西幕下10枚目
輝の里一輝 1993年(平成5年)3月場所- 東三段目23枚目
7位 富士ノ風真弘 168場所 1993年(平成5年)5月場所- 西幕下14枚目
8位 澤勇智和 164場所 1992年(平成4年)7月場所- 東序二段53枚目
9位 剛力山太郎 163場所 1994年(平成6年)3月場所- 東幕下17枚目
潮来桜弘四郎 1994年(平成6年)3月場所- 東序二段19枚目
  • 太字の力士は、2022年3月場所現在、現役力士である。
  • 上位10位以内で、関取経験者は栃天晃、出羽の郷の2人だけである。
  • 澤勇の通算在位場所は1993年(平成5年)5月場所-1994年(平成6年)9月場所の番付外だった9場所を除いたものである。
  • 幕内経験者の中で最も多い通算在位場所を記録しているのは大潮の157場所(歴代13位)。※大潮は小結経験者・三役経験者の中でも最も多い通算在位場所を記録している。
  • 横綱経験者の中での通算在位上位3位までは、千代の富士の125場所(歴代74位タイ)、白鵬の121場所(歴代83位タイ)、鶴竜の115場所(歴代115位タイ)である。

関取在位記録[編集]

順位 四股名 在位数 内訳 最高位
1位 魁皇博之 117場所 幕内107場所、十両10場所 大関
安美錦竜児 幕内97場所、十両20場所 関脇
3位 旭天鵬勝 115場所 幕内99場所、十両16場所 関脇
4位 寺尾常史 110場所 幕内93場所、十両17場所 関脇
5位 大潮憲司 106場所 幕内51場所、十両55場所 小結
若の里忍 幕内87場所、十両19場所 関脇
7位 白鵬翔 105場所 幕内103場所、十両2場所 横綱
8位 高見山大五郎 104場所 幕内97場所、十両7場所 関脇
9位 水戸泉政人 99場所 幕内79場所、十両20場所 関脇
10位 千代の富士貢 98場所 幕内81場所、十両17場所 横綱
豪風旭 幕内86場所、十両12場所 関脇

関取連続在位記録[編集]

順位 四股名 在位数 在位期間 内訳 最高位
1位 魁皇博之 117場所 1992年1月場所 - 2011年7月場所 幕内107場所、十両10場所 大関
安美錦竜児 2000年1月場所 - 2019年7月場所 幕内97場所、十両20場所 関脇
3位 旭天鵬勝 111場所 1997年1月場所 - 2015年7月場所 幕内99場所、十両12場所 関脇
4位 寺尾常史 110場所 1984年7月場所 - 2002年9月場所 幕内93場所、十両17場所 関脇
5位 若の里忍 106場所 1997年11月場所 - 2015年7月場所 幕内87場所、十両19場所 関脇
6位 白鵬翔 105場所 2004年1月場所 -- 2021年9月場所 幕内103場所、十両2場所 横綱
7位 高見山大五郎 104場所 1967年3月場所 - 1984年5月場所 幕内97場所、十両7場所 関脇
8位 水戸泉政人 99場所 1984年5月場所 - 2000年9月場所 幕内79場所、十両20場所 関脇
9位 豪風旭 98場所 2002年9月場所 - 2019年1月場所 幕内86場所、十両12場所 関脇
10位 土佐ノ海敏生 97場所 1994年11月場所 - 2010年11月場所 幕内80場所、十両17場所 関脇
琴奨菊和弘 2004年7月場所 - 2020年11月場所 幕内92場所、十両5場所 大関
  • ☆の力士は、関取昇進直後からの連続在位記録を持つ力士である。

幕内在位記録[編集]

順位 四股名 在位数 最高位
1位 魁皇博之 107場所 大関
2位 白鵬翔 103場所 横綱
3位 旭天鵬勝 99場所 関脇
4位 高見山大五郎 97場所 関脇
安美錦竜児 関脇
6位 寺尾常史 93場所 関脇
7位 琴奨菊和弘 92場所 大関
8位 安芸乃島勝巳 91場所 関脇
9位 琴ノ若晴將 90場所 関脇
10位 若の里忍 87場所 関脇

横綱在位記録[編集]

順位 四股名 在位数 在位期間 在位中成績 在位中勝率
1位 白鵬翔 84場所 2007年7月-2021年9月 899勝129敗232休、優勝42回 勝率(休場含まない) .873、勝率(休場含む) .719、優勝率 .500、※2場所休止
2位 北の湖敏満 63場所 1974年9月-1985年1月 670勝156敗107休、優勝22回 勝率(休場含まない) .811、勝率(休場含む) .718、優勝率 .349
3位 千代の富士貢 59場所 1981年9月-1991年5月 625勝112敗137休、優勝29回 勝率(休場含まない) .848、勝率(休場含む) .715、優勝率 .492
4位 大鵬幸喜 58場所 1961年11月-1971年5月 622勝103敗136休、優勝29回 勝率(休場含まない) .858、勝率(休場含む) .722、優勝率 .500
5位 貴乃花光司 49場所 1995年1月-2003年1月 429勝99敗201休、優勝15回 勝率(休場含まない) .813、勝率(休場含む) .588、優勝率 .306
6位 曙太郎 48場所 1993年3月-2001年1月 432勝122敗166休、優勝8回 勝率(休場含まない) .780、勝率(休場含む) .600、優勝率 .167
7位 柏戸剛 47場所 1961年11月-1969年7月 407勝147敗140休、優勝4回 勝率(休場含まない) .735、勝率(休場含む) .586、優勝率 .085
輪島大士 1973年7月-1981年3月 466勝142敗85休、優勝12回 勝率(休場含まない) .766、勝率(休場含む) .672、優勝率 .255
9位 朝青龍明徳 42場所 2003年3月-2010年1月 463勝91敗76休、優勝23回 勝率(休場含まない) .836、勝率(休場含む) .735、優勝率 .548
10位 鶴竜力三郎 41場所 2014年5月-2021年3月 266勝117敗227休、優勝5回 勝率(休場含まない) .695、勝率(休場含む) .433、優勝率 .122
  • 白鵬の横綱在位場所は中止された2011年(平成23年)3月場所及び2020年(令和2年)5月場所を数えず、本場所ではないが公式記録が残る2011年(平成23年)5月の技量審査場所は数える。
  • 鶴竜の横綱在位場所は中止された2020年(令和2年)5月場所を数えない。
  • 朝青龍は在位中に起こした不祥事で引退に追い込まれている。
  • 上記力士の横綱土俵入りは白鵬のみ不知火型、他9人は雲龍型を選択している。
  • 休場を含まない勝率では休場を計算に加えていない。休場を含む勝率では休場を敗戦扱いにして計算している。

東横綱在位記録[編集]

順位 四股名 在位数
1位 白鵬翔 60場所
2位 千代の富士貢 41場所
3位 大鵬幸喜 38場所
4位 朝青龍明徳 31場所
5位 北の湖敏満 30場所
6位 貴乃花光司 25場所
7位 曙太郎 22場所
8位 輪島大士 17場所
  • 2021年9月場所時点。

東横綱連続在位記録[編集]

順位 四股名 連続在位数 期間
1位 朝青龍明徳 27場所 2003年5月場所 − 2007年9月場所
2位 白鵬翔 18場所 2010年1月場所 − 2013年1月場所
3位 千代の富士貢 17場所 1985年1月場所 − 1987年9月場所
4位 大鵬幸喜 11場所 1962年1月場所 − 1963年9月場所
曙太郎 1993年3月場所 − 1994年11月場所
6位 白鵬翔 10場所 2014年3月場所 − 2015年9月場所
2020年1月場所 − 2021年9月場所
  • 2022年5月場所時点。
  • 東横綱連続在位10場所以上を3度記録したのは、白鵬のみである。

年間東横綱完全在位記録[編集]

年間東横綱完全在位とは、1年間通して東横綱在位を記録することを指す。

順位 四股名 完全在位年数 期間
1位 白鵬翔 4年 2010年 − 2012年、2020年
2位 朝青龍明徳 3年 2004年 − 2006年
3位 千代の富士貢 2年 1985年 − 1986年
4位 大鵬幸喜 1年 1962年
北の富士勝昭 1972年
輪島大士 1974年
北の湖敏満 1975年
曙太郎 1994年
貴乃花光司 1996年
武蔵丸光洋 2002年
  • 2021年11月場所時点。

年間東横綱完全在位記録連続年数[編集]

年間東横綱完全在位連続年数とは、1年間通して東横綱在位を記録した連続年数のことを指す。

順位 四股名 完全在位年数 期間
1位 朝青龍明徳 3年 2004年 − 2006年
白鵬翔 2010年 − 2012年
3位 千代の富士貢 2年 1985年 − 1986年
  • 2021年11月場所時点。
  • いずれも初達成時からの記録である。

大関在位記録[編集]

順位 四股名 在位数 在位期間 在位期間成績
1位 千代大海龍二 65場所 1999年(平成11年)3月場所-2009年(平成21年)11月場所↓ 515勝345敗115休 優勝2回
魁皇博之 2000年(平成12年)9月場所-2011年(平成23年)7月場所 524勝328敗119休 優勝4回
3位 貴ノ花利彰 50場所 1972年(昭和47年)11月場所-1981年(昭和56年)1月場所 422勝285敗49休 優勝2回
4位 琴欧洲勝紀 47場所 2006年(平成18年)1月場所-2013年(平成25年)11月場所↓ 378勝264敗63休 優勝1回
5位 北天佑勝彦 44場所 1983年(昭和58年)7月場所-1990年(平成2年)9月場所 378勝245敗29休 優勝2回
6位 小錦八十吉 (6代) 39場所 1987年(昭和62年)7月場所-1993年(平成5年)11月場所↓ 345勝197敗43休 優勝3回
7位 貴ノ浪貞博 37場所 1994年(平成6年)3月場所-1999年(平成11年)11月場所(35場所)↓ 340勝177敗8休 優勝2回
2000年(平成12年)3月場所-2000年(平成12年)5月場所(2場所)↓ 13勝17敗0休 優勝なし
8位 朝潮太郎 (4代) 36場所 1983年(昭和58年)5月場所-1989年(平成元年)3月場所 294勝203敗33休 優勝1回
9位 豊山勝男 34場所 1963年(昭和38年)3月場所-1968年(昭和43年)9月場所 301勝201敗8休 優勝なし
10位 豪栄道豪太郎 33場所 2014年(平成26年)9月場所-2020年(令和2年)1月場所 260勝194敗41休 優勝1回
  • 在位期間の↓は関脇に陥落、無印は大関の地位で引退。
  • 魁皇と琴欧洲は本場所開催が中止された2011年(平成23年)3月場所を数えない。また本場所ではないが公式記録が残される同年5月の技量審査場所は数える。
  • 貴ノ花には大関在位中に「貴乃花」等への改名歴がある。
  • 琴欧洲は大関在位中に「琴欧州」からの改名歴がある。
  • 貴ノ浪は在位35場所目の1999年(平成11年)11月場所で1度目の陥落、翌2000年(平成12年)1月場所に関脇で10勝を挙げ大関特例復帰を果たす。復帰後在位2場所目の2000年5月場所で2度目の陥落、大関在位合計は37場所。
  • 豊山の大関在位中は当時「3場所連続負け越しで降格」でのもの。1969年(昭和44年)7月から現行制度。
  • 豪栄道は2020年1月のカド番となる場所で負け越したことにより、関脇に陥落が決定したが、次の場所を待たずに引退を発表した。

関脇在位記録[編集]

順位 関脇在位 四股名 最高位
1位 22場所 琴光喜啓司 大関
2位 21場所 長谷川勝敏 関脇
琴錦功宗 関脇
魁皇博之 大関
5位 20場所 武双山正士 大関
6位 17場所 栃東大裕 大関
若の里忍 関脇
御嶽海久司 大関
9位 15場所 貴闘力忠茂 関脇
名寄岩静男 大関
豪栄道豪太郎 大関
  • 2021年9月場所時点。
  • 太字の力士は、2021年11月場所時点での現役力士である。
  • ※は年6場所制定着以前の入幕。

小結在位記録[編集]

順位 小結在位 四股名 最高位
1位 19場所 高見山大五郎 関脇
2位 15場所 安芸乃島勝巳 関脇
3位 14場所 出羽錦忠雄 関脇
栃煌山雄一郎 関脇
5位 13場所 琴錦功宗 関脇
土佐ノ海敏生 関脇
7位 12場所 出羽の花義貴 関脇
稀勢の里寛 横綱
9位 11場所 貴闘力忠茂 関脇
魁皇博之 大関
武双山正士 大関
  • 2021年7月現在。
  • 太字の力士は、2021年7月場所現在、現役力士である。
  • ※は年6場所制定着以前の入幕。
  • 小結が最高位の力士としては富士錦猛光の10場所が最多。

関連項目[編集]