全国高等学校総合体育大会相撲競技大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

全国高等学校総合体育大会相撲競技大会(別名、全国高等学校相撲選手権大会)は、高等学校対抗相撲の大会である。(公財全国高等学校体育連盟、(公財)日本相撲連盟などの主催で開催される。1919年に大阪毎日新聞社の主催で全国中等学校相撲大会として初開催。

大会の競技方法[編集]

参加資格[編集]

団体と個人の2種類に分けられる。団体には、各都道府県代表47校と開催都道府県1校の48校が参加でき、個人には、各都道府県代表3名×47=141名と開催都道府県1名の142名が参加することができる。

競技方法[編集]

団体は予選3回戦を行い、勝数得点順で上位の優秀校32校を選び、上位16校と17~32位校に分けて決勝トーナメントが行われる。個人は予選3回戦を行い、2勝以上の選手で決勝トーナメント戦を行われ、いずれも順位決定戦は行われない。

表彰[編集]

団体戦の優勝校には高体連・文部科学大臣・日本相撲連盟からそれぞれ賞状、優勝旗(高体連相撲専門部)、全国高体連会長杯、高体連相撲専門部長楯、文部科学大臣杯、日本相撲連盟楯、日本相撲連盟名誉会長杯、木下藤作楯、万代鹿三トロフィー、高松旗、読売新聞社杯、NHK楯が、準優勝校にも準優勝旗が授与される。上位3校には高体連・日本相撲連盟・日本相撲協会からメダルが授与される。読売新聞社杯とNHK楯以外は持ち回りで、次回大会で返還される。

個人戦の優勝者には日本相撲連盟から高校横綱の称号が贈られる。

歴代団体戦優勝校[編集]

開催年 優勝校 準優勝校 会場
1919年(大正8年) 高知一中
1920年(大正9年) 和歌山商
1921年(大正10年) 高知商
1922年(大正11年) 天王寺商
1923年 立命館
1924 高知商
1925 高知師範
1926 高知師範
1927 札幌師範
1928 中京商
1929 御影師範
1930 御影師範
1931 和歌山商
1932 長崎師範
1933 高知商
1934 鳥羽商船
1935 御影師範
1936 多度津
1937 成器商
1938 長崎師範
1939 高知農業
1940 高知商
1941年 北海商(東北大会)
帝京商(関東大会)
高知師範(関西大会)
裡里農林(九州大会)
1971年(昭和46年) 宇佐
1972年(昭和47年) 高知
1973年(昭和48年) 高知
1974年(昭和49年) 高知
1975年(昭和50年) 五所川原農林
1976年(昭和51年) 鹿児島実
1977年(昭和52年) 富士宮北
1978年(昭和53年) 金足農業
1979年(昭和54年) 弘前実
1980年(昭和55年) 箕島
1981年(昭和56年) 高知工
1982年(昭和57年) 明大中野
1983年(昭和58年) 明大中野
1984年(昭和59年) 明大中野
1985年(昭和60年) 明大中野
1986年(昭和61年) 弘前実
1987年(昭和62年) 市川
1988年(昭和63年) 明大中野
1989年(平成元年) 金沢市立工
1990年(平成2年) 明大中野
1991年(平成3年) 鯵ヶ沢
1992年(平成4年) 埼玉栄
1993年(平成5年) 弘前実
1994年(平成6年) 報徳学園
1995年(平成7年) 熊本農業
1996年(平成8年) 三本木農業
1997年(平成9年) 明徳義塾
1998年(平成10年) 文徳
1999年(平成11年) 埼玉栄
2000年(平成12年) 諫早農業
2001年(平成13年) 諫早農業 熊本
2002年(平成14年) 埼玉栄
2003年(平成15年) 明徳義塾
2004年(平成16年) 埼玉栄
2005年(平成17年) 埼玉栄
2006年(平成18年) 埼玉栄
2007年(平成19年) 金沢学院東
2008年(平成20年) 東洋大牛久
2009年(平成21年) 埼玉栄
2010年(平成22年) 鳥取城北
2011年(平成23年) 鳥取城北 青森県弘前市
2012年(平成24年) 三本木農業
2013年(平成25年) 埼玉栄
2014年(平成26年) 金沢工 国技館
2015年(平成27年) 埼玉栄
2016年(平成28年) 鳥取城北 鳥取県鳥取市
2017年(平成29年) 金沢学院 鳥取城北 宮城県大崎市
2018年(平成30年) 埼玉栄 鳥取城北 静岡県沼津市
2019年((新元号)元年) 沖縄県那覇市
2020年((新元号)2年) 青森県十和田市

関連項目[編集]