四股

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

四股(しこ)とは、相撲における動作のひとつで、力士が土俵の上で片足を高く掲げ、強く地を踏む所作のことをいう。もとは醜足(しこあし)といった[1]

相撲の稽古における重要なもののひとつとされるほか、他方で地を踏み鎮めるという宗教的意味をもつ。

手順[編集]

両足を左右に開いて構え、代わる代わる高く上げる。このとき、手を膝に添え、力を入れて爪先から地を踏む。膝は真横に開き、足は地面に踏んだ位置から引きつけずに上げ、尻を後ろへ出さず、上体から腰までをまっすぐにして踏まなくてはならない[1]

効用[編集]

下半身の強化や柔軟性の向上に効果があり、これらは相撲の技術習得のために欠かせない基礎能力である。足を上げた時に、大臀筋中臀筋が鍛えられる[2]

力士以外にも、イチロー黒柳徹子など、トレーニングに四股を取り入れている者は多い[3][4]

脚注[編集]

  1. ^ a b デジタル大辞泉. “四股”. コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2021年3月29日閲覧。
  2. ^ “四股で健康に”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2016年4月16日). https://www.asahi.com/sp/articles/ASJ4J2DB9J4JUBQU007.html 2021年3月29日閲覧。 
  3. ^ “イチローも実践!体幹を鍛え腰痛が改善する「四股」の効果”. アサ芸プラス (徳間書店). (2015年1月21日). https://www.asagei.com/31350 2021年3月29日閲覧。 
  4. ^ “黒柳徹子「毎晩スクワット50回」車いす必要ない”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2015年12月9日). https://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/1577283_m.html?mode=all 2021年3月29日閲覧。 

関連項目[編集]