式守伊之助 (5代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

5代 式守 伊之助(ごだい しきもり いのすけ、? - 嘉永3年1月18日1850年3月1日))は、大相撲立行司。本名、出身地ともに不明。

人物[編集]

3代伊之助の弟子で、初代式守勘太夫を名乗った。文政6年(1823年)2月に初めて番付に載った。天保6年(1835年)1月に次席に繰り上がった。天保10年(1839年)3月に5代伊之助を襲名した。伊之助在位は12年。23場所で嘉永3年(1850年)に現役のまま没した。年寄伊勢ヶ濱を兼任していた。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
式守伊之助 (4代)
式守伊之助 (5代)
1839年 - 1850年
次代:
式守伊之助 (6代)