男嶌舟藏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
男嶌 舟藏 Sumo pictogram.svg
基礎情報
四股名 男嶌 舟藏
本名 三船 専造
愛称 太刀山の再来
生年月日 1878年2月18日
没年月日 (1943-12-01) 1943年12月1日(65歳没)
出身 秋田県由利郡鳥海町
身長 176cm
体重 98kg
BMI 31.64
所属部屋 秀ノ山部屋出羽海部屋
得意技 左四つ、吊り、寄り
成績
現在の番付 引退
最高位 西前頭12枚目
生涯戦歴 53勝73敗4休11分5預(25場所)
幕内戦歴 12勝18敗4休3分3預 (4場所)
データ
初土俵 1900年5月場所
入幕 1908年1月場所
引退 1924年1月場所
備考
2017年12月25日現在

男嶌 舟藏(おとこじま せんぞう、1878年2月18日 -1943年12月1日)は、秋田県由利郡鳥海町(現在の由利本荘市)出身で出羽海部屋(入門時は秀ノ山部屋)所属の元大相撲力士。本名は三船専造(みふね せんぞう)。得意手は左四つ、吊り、寄り。現役時代の体格は176cm、98kg。最高位は前頭12枚目(1908年1月場所・5月場所)。

来歴[編集]

天津風雲右エ門の秀ノ山部屋に入門し、1900年5月場所初土俵1905年5月場所新十両。十両昇進まで負け越しは1場所だけで「太刀山の再来」と評された。1908年1月場所新入幕。幕内は4場所だけと目立った活躍はなかった。その後は十両と幕下を前後しながら次第に陥落していった。1914年、師匠が死去したため出羽海運右エ門(常陸山虎吉)の出羽海部屋に移籍。出羽海部屋では出羽海、角聖常陸山両國の3代に仕えた。吊り技を得意とした。最後は序二段まで陥落してしまい(元幕内力士としては当時全く異例)、1924年1月場所に45歳で引退。初土俵から24年間、1場所も休まず(相手力士休場による休場を除く)に出場した。

1917年5月場所3日目、十両で幕下の友ノ山と対戦したとき、ひょんな弾みで廻しの前袋が外れたため、不浄負けになったことで知られている。男嶌を名乗るだけあってなかなか立派なモノであったと言う[1]

主な成績[編集]

  • 幕内成績:12勝18敗3分3預4休 勝率.400
  • 幕内在位:4場所

脚注[編集]

  1. ^ 大相撲力士名鑑 平成二十九年版より引用

関連項目[編集]