式守与太夫 (10代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
10代式守与太夫 Sumo pictogram.svg
基礎情報
行司名 式守政吉 → 木村政臣 → 式守清三郎 → 10代式守与太夫
本名 関口清三郎
愛称 関口与太夫
生年月日 1959年12月23日
没年月日 (1983-05-25) 1983年5月25日(57歳没)
出身 長野県佐久市
所属部屋 春日山部屋立浪部屋
データ
現在の階級 引退
初土俵 1937年5月
幕内格 1958年7月
三役格 1977年11月
引退 1983年5月
趣味 ヘラブナ釣り
備考
2018年1月12日現在

10代式守与太夫(しきもりよだゆう、1925年12月4日-1983年5月25日)は大相撲の元三役行司。三役格としての在位期間は1977年11月〜1983年5月。立浪部屋所属。

人物[編集]

長野県佐久市出身。本名は関口清三郎。

ヒゲの19代式守伊之助の弟子。27代木村庄之助は兄弟子、31代木村庄之助は弟弟子にあたる。1936年小学5年生の時に行司見習いとして春日山部屋に入門。1937年夏場所に式守政吉の名で初土俵。のち政臣と改名し、1952年1月に十両格昇格、式守清三郎と改名。1958年7月に幕内格昇格。1969年3月に10代式守与太夫襲名。1970年3月與太夫と改名するが、翌1971年5月に与太夫に戻す。1977年11月に兄弟子23代式守伊之助が27代木村庄之助襲名と同時に木村筆之助を抜き、三役格昇格。

式守清三郎を名乗っていた1966年11月から1982年9月まで番付書き(戦後3人目)を担当し能筆としても知られた。

掛け声が非常に独特であり、昭和40年代・50年代の土俵に異彩を放っていた。

1983年5月25日に現役のまま逝去。57歳没。

その他[編集]

  • 歴代の与太夫では唯一、一年間のみ『與太夫』に改名した。
  • 式守清三郎時代の1961年5月場所4日目、中入の取組で組まれた前頭13枚目佐田の山(のち9代出羽海)-十両筆頭清ノ森(のち10代木瀬)戦を裁いた。この勝負は清ノ森が肩透かしで佐田の山を破ったが、この場所の幕内最高優勝は佐田の山(12勝3敗)で、十両優勝は清ノ森(同)。幕内最高優勝力士が十両優勝力士に敗れるという、結果的には異例な一番になった。
  • 1980年5月場所8日目、天覧相撲の前頭5枚目魁輝(のち10代友綱)-同筆頭鷲羽山(のち10代出羽海)戦。土俵際で回り込んだ鷲羽山の足が与太夫の右足の草履の上に乗り、与太夫が転倒。なんとか起き上がったが、草履だけが残って足袋のままで裁き続けたというエピソードがある。

履歴[編集]

関連項目[編集]