出羽海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

出羽海(でわのうみ)は日本相撲協会年寄名跡のひとつである。名跡名の由来は出羽国(現在の山形県秋田県)と考えられ、江戸相撲ではなく庄内地方の名跡だったとも言われる[1]

初代から5代までは出羽ノ海であったが、角聖と呼ばれた5代・出羽ノ海(元第19代横綱常陸山谷右エ門)と同じ年寄名を名乗ることを畏れ多きことと判断した6代目(元小結両国梶之助)が、表記上のみを外し、出羽海として継承した。これ以降、5代・出羽ノ海に対する敬意が今日まで代々受け継がれ、表記は出羽ノ海ではなく出羽海となっている。

出羽海の代々[編集]

  • 代目の太字は、部屋持ち親方を表す。
代目 引退時しこ名 最高位 現役時の所属部屋 襲名期間 備考
初代 出羽ノ海運右エ門 前1 友綱部屋 1800年頃
2代 鹿間津滝右エ門 幕下1 出羽ノ海-小野川(大阪)-出羽ノ海部屋 1808年-1809年
3代 桂川立吉 幕下 --- 1862年-1890年1月?
4代 常陸山虎吉 前1 入間川-出羽ノ海
-浜風-出羽ノ海部屋
1890年1月-1915年1月(廃業) 二枚鑑札
5代 常陸山谷右エ門 横綱 入間川-出羽ノ海
-三ッ湊(名古屋)-中村(大阪)
-?(広角組)-?(広島)
1914年5月-1922年6月(死去)
6代 両國梶之助 小結 時津風(大阪)-不知火(大阪)
-出羽ノ海部屋
1923年1月-1948年10月(死去)
7代 常ノ花寛市 横綱 出羽ノ海-出羽海部屋 1949年1月-1960年11月(死去) 第2代・相撲協会理事長
8代 出羽ノ花國市 前1 出羽海部屋 1960年11月-1968年3月 13代武蔵川に名跡変更
第4代・相撲協会理事長
9代 佐田の山晋松 横綱 出羽海部屋 1968年3月-1996年2月 12代境川に名跡変更
第7代・相撲協会理事長
10代 鷲羽山佳和 関脇 出羽海部屋 1996年2月-2014年1月 15代高崎に名跡変更
11代 小城乃花昭和 前2 出羽海部屋 2014年2月-

力士としての出羽海[編集]

  • 出羽海運右エ門 (初代) - 天明・寛政年間(1780・90年代)の力士。最高位前頭筆頭。出羽海金藏 → 出羽海運右エ門(初代)と改名。
  • 鹿間津瀧右エ門 - 享和・文化年間(1800年代)の力士。最高位幕下筆頭。鷲ヶ浜音右エ門(2代) → 鹿間津瀧右エ門 → 出羽ノ海滝右エ門と改名。
  • 出羽ノ海軍右エ門 - 1860年代の力士。最高位幕下9枚目。
  • 出羽ノ海運右エ門 (2代) - 1880・90年代の力士。最高位前頭筆頭。常陸山虎吉 → 出羽海運右エ門(2代) → 出羽ノ海運右エ門と改名。

脚注[編集]

  1. ^ ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(1) 出羽海部屋・春日野部屋 』(2017年、B・B・MOOK) p8

関連項目[編集]