出羽海運右エ門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

出羽海 運右エ門(でわのうみ うんえもん、本名:清水運右エ門、宝暦9年(1759年) - 文化6年1月4日1809年2月17日))は、出羽国田川郡(現・山形県鶴岡市)出身の、大相撲力士前頭筆頭。年寄名は、出羽ノ海

人物[編集]

艫綱より勧められて入門し、最高位は前頭筆頭であった。

初代・出羽ノ海となり、歴代相撲協会理事長10人のうち6人を輩出(2015年現在)している相撲界随一の名門出羽の海一門の本家・出羽海部屋の開祖となった。

通算成績は、18場所38勝43敗19分3預11無39休である。

略歴[編集]

  • 1759年、誕生する。
  • 1777年、初土俵。
  • 1786年、新入幕。西前頭3枚目、4勝2敗3分1休。
  • 1792年4月、東前頭筆頭、3勝2敗2分2無1休。
  • 1794年庄内藩の抱え力士となる。
  • 1799年、最終。東前頭6枚目、2勝4敗1休。
  • 1809年、死去する。享年50

外部リンク[編集]