前の山太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
前の山 太郎 Sumo pictogram.svg
基礎情報
四股名 前の山 太郎
本名 金島和一
中矢和一
清水和一
生年月日 (1945-03-09) 1945年3月9日(72歳)
出身 大阪府北河内郡庭窪村
身長 186㎝
体重 133㎏
BMI 38.44
所属部屋 高砂部屋
得意技 突っ張り、左四つ、寄り
成績
現在の番付 引退
最高位 張出大関
生涯戦歴 487勝397敗48休(79場所)
幕内戦歴 343勝305敗34休(46場所)
優勝 十両優勝1回
殊勲賞3回
敢闘賞2回
データ
初土俵 1961年3月場所
入幕 1966年11月場所
引退 1974年3月場所
引退後 年寄・高田川
千田川
他の活動 日本相撲協会理事
備考
金星1個(柏戸1個)
2013年4月9日現在

前の山 太郎(まえのやま たろう、1945年3月9日 - )は、高砂部屋所属の元大相撲力士。身長186cm、体重133kg。最高位は東張出大関。得意手は突っ張り、左四つ、寄り[1]

来歴[編集]

大阪府北河内郡庭窪村(現在の守口市)出身。本名は清水和一(しみず かずいち)、旧姓は金島(かねしま)、元前頭朝若との養子縁組時は中矢(なかや)を名乗った[1]

浪商高校入学直後までは野球部に所属していたが、長身の体格を見込まれ相撲部に入部して大阪府の大会に出場するなど活躍した。そこで自信を持ち、高校を1年で中退し兄と共に高砂部屋に入門、1961年3月場所に初土俵を踏んだ[2]。しかしその場所中の稽古で左腕を故障し、一度は序ノ口に付いたが7月場所には再び番付外から相撲を取った。幕内定着後に本人が、礼儀や上下関係に関して「最高に厳しい」と評するような部屋の環境[3]などに苦労したのか、取的時代は脱走の常習犯であり、都合7回も部屋を逃げては戻るを繰り返していた。そんな前の山を連れ戻すために時には部屋関係者が警察に捜索願を出したこともある。[4]一時は廃業も考えたがアメリカ合衆国ハワイ州から来日した高見山の入門で刺激を受け、師匠高砂(元横綱前田山)の励ましもあり奮起した。前の山は、それまで同世代の高砂部屋力士自体特別稽古を多く積んでいた訳ではなかったが、高見山のおかげで周囲に言われるようになって稽古をしたと、後に感謝を述べている[3]。1965年のある日の夜にタニマチに宴席へ連れられた際には同席していた大鵬から「まだ幕下なのにこんな遅くまで遊んでいてはいけない。早く帰れ」と言われて小遣い20万円(現在の100万円に相当)を渡されたことがある。

再出世以降は着実に番付を上げて行き、1965年11月場所には十両に昇進、1966年11月場所には新入幕を果たした[2]。師匠譲りの張り手を交えた徹底した突き押し相撲で、1968年3月場所に関脇に昇進する。1969年1月場所前の座談会では、前の山の取り口について大鵬が「下手からの芸が多いんだよね。まあ、前の山は体もあるし、地力もあるんだから、心がけ次第で良くなっていくんじゃないの。差したら必ずカイナを返し、上手から攻めていけばいいよ」と話していた[5]1969年5月場所に東前頭筆頭で11勝4敗の成績を挙げて三役に復帰してからは三役に定着。同年9月場所10日目の大鵬戦は、立合い左から強烈な張り手を見舞って、大鵬の動きを止めると、その隙に乗じて一気に押し出し、大鵬戦はこの10度目の挑戦でようやく初勝利[6]1970年7月場所には13勝2敗の成績を挙げ横綱北の富士との優勝決定戦で敗れたものの場所後に大関に昇進した[2]

しかし、1970年9月場所前の稽古中に右足を故障し、新大関の場所は全休を余儀なくされた。翌11月場所はいきなり大関角番だったが、なんとか9勝6敗と勝ち越して角番脱出。だが、この右足の怪我の影響で本来の相撲が取れなくなり大関時代には一度も2ケタの勝ち星を挙げることができなかった。1972年1月場所で5日目から途中休場、2度目の角番となった翌3月場所の12日目、大関琴櫻との一番が「無気力相撲」で注意を受けた後、翌13日目から途中休場し[7]、大関で2場所連続負け越しにより関脇へ陥落、大関在位は僅か10場所だった[2]。そのうち2場所が9勝6敗、5場所も連続して8勝7敗だったこともあって、「クンロク大関」「ハチナナ大関」とも揶揄されていた。翌5月場所、関脇の地位で10勝の成績を挙げれば大関特例復帰となった[8]が、結局7勝8敗の負け越しに終わり再昇進は失敗に終わった。以降は幕内中位での相撲が続いたが、最終場所の1974年3月場所[2]初日の吉の谷戦で足取り(それも波まくら型ではなく、いわゆるレスリングの「シングルレッグダイブ」型の変則の足取り)で敗れた例に表われるように、相撲内容が決して良いとは言えない状況に終始した。

現役時代は均整のとれた体躯をしており、師匠譲りの張り手を交えた気合十分の猛突っ張り、左差し右おっつけからの力強い相撲を見せた[2]。同部屋の朝嵐からは「右足の怪我がなければ横綱」と評されていた[3]

1974年3月場所を最後に現役を引退し、年寄・高田川を襲名するとともに高砂部屋から独立して高田川部屋を新設した。小結前乃臻(後に前乃森と改名)、剣晃、幕内鬼雷砲らを育てるなど順風満帆ではあったが、1998年1月には周囲の反対を押し切り相撲協会の理事に立候補したため、当時所属していた高砂一門から破門され無所属となった[9]。さらに同年3月には後継者に指名していた剣晃が、汎血球減少症による肺出血という奇病のため、現役中にわずか30歳で早逝という悲運に見舞われた。

1999年以降関取が不在で低迷していた時期も長かったが、2004年には貴乃花部屋から千田川親方(元関脇安芸乃島)が移籍。自ら弟子たちに胸を出す千田川の熱心な指導の甲斐もあり、2005年9月場所には大雷童が十両に昇進し、久しぶりに関取が復活した。弟子たちが相次いで師匠前の山の現役時代の名「太郎」を名乗り注目を集めている。

協会では、2期4年理事を務めたが、北の湖理事長就任が確実視されると理事立候補を止め、役員待遇に勇退する形で北の湖体制を支えた。境川理事長が推進した協会自主興行制の巡業には一貫して反発。勧進元制巡業に戻した北の湖理事長は、この経緯を買い、巡業の活性化を期待して高田川を2006年に異例の契約推進担当副部長に据えた。2007年の夏巡業で北海道での興行が復活するなど、手腕を発揮した。

2009年8月5日に千田川と年寄名跡を交換する形で部屋を譲った[10]2010年3月8日に日本相撲協会を停年退職した。

なお、実弟も高砂部屋の所属の元力士で、部屋所縁の佐田岬(後に前の湖と改名)を名乗り、幕下まで昇進した。

主な成績[編集]

  • 通算成績:487勝397敗48休 勝率.551
  • 幕内成績:343勝305敗34休 勝率.529
  • 大関成績:67勝56敗27休 勝率.545
  • 通算在位:79場所
  • 幕内在位:46場所
  • 大関在位:10場所
  • 三役在位:15場所(関脇11場所、小結4場所)
  • 金星:1個(柏戸1個)
  • 三賞:5回
    • 殊勲賞:3回(1969年7月場所、1970年3月場所、1970年5月場所)
    • 敢闘賞:2回(1969年5月場所、1970年7月場所)
  • 各段優勝
    • 十両優勝:1回(1966年7月場所)

場所別成績[編集]

前の山 太郎
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1961年
(昭和36年)
x (前相撲) 西 序ノ口 #26
休場
0–0–7
(前相撲) 東 序ノ口 #21
休場
0–0–7
(前相撲)
1962年
(昭和37年)
西 序ノ口 #25
5–2 
西 序二段 #62
5–2 
西 序二段 #25
6–1 
西 三段目 #63
2–5 
東 三段目 #83
5–2 
西 三段目 #52
2–5 
1963年
(昭和38年)
東 三段目 #71
5–2 
東 三段目 #28
4–3 
東 三段目 #18
3–4 
東 三段目 #27
3–4 
西 三段目 #40
5–2 
東 三段目 #11
5–2 
1964年
(昭和39年)
西 幕下 #83
5–2 
東 幕下 #62
4–3 
東 幕下 #57
5–2 
東 幕下 #43
3–4 
東 幕下 #49
3–4 
東 幕下 #53
6–1 
1965年
(昭和40年)
東 幕下 #30
4–3 
西 幕下 #22
4–3 
東 幕下 #17
4–3 
東 幕下 #14
5–2 
東 幕下 #5
5–2 
西 十両 #18
10–5 
1966年
(昭和41年)
東 十両 #10
6–9 
西 十両 #14
8–7 
東 十両 #12
9–6 
東 十両 #6
優勝
13–2
西 前頭 #14
8–7 
東 前頭 #9
11–4 
1967年
(昭和42年)
西 前頭 #1
4–11 
東 前頭 #8
9–6 
西 前頭 #3
4–11 
東 前頭 #5
9–6 
東 前頭 #2
4–11 
東 前頭 #8
10–5 
1968年
(昭和43年)
東 前頭 #2
9–6 
西 関脇
7–8 
西 前頭 #1
9–6 
東 張出小結
8–7 
西 小結
9–6 
西 関脇
8–7 
1969年
(昭和44年)
東 関脇
5–10 
西 前頭 #2
8–7 
西 前頭 #1
11–4
西 関脇
10–5
西 関脇
8–7 
西 張出関脇
8–7 
1970年
(昭和45年)
西 張出関脇
8–7 
西 張出関脇
9–6
東 関脇
12–3
東 関脇
13–2[11]
西 張出大関
休場[12]
0–0–15
西 張出大関
9–6[13] 
1971年
(昭和46年)
西 張出大関
9–6 
東 張出大関
8–7 
西 張出大関
8–7 
東 張出大関
8–7 
西 張出大関
8–7 
西 張出大関
8–7 
1972年
(昭和47年)
東 張出大関
3–2–10[14] 
東 張出大関
6–7–2[15][13] 
東 張出関脇
7–8[16] 
西 小結
8–7 
西 小結
5–10 
西 前頭 #3
5–4–6[17] 
1973年
(昭和48年)
東 前頭 #9
10–5 
西 前頭 #2
7–8 
西 前頭 #3
4–11 
西 前頭 #11
9–6 
東 前頭 #6
8–7 
東 前頭 #4
8–7 
1974年
(昭和49年)
東 前頭 #1
4–11 
西 前頭 #8
引退
0–6–1
x x x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

現役時代の四股名[編集]

  • 金島 和一(かねしま かずいち) 1961年3月場所-1961年7月場所
  • 金の島 和一(かねのしま-) 1961年9月場所-1961年11月場所
  • 前ノ山 和一(まえのやま-) 1962年1月場所-1962年3月場所
  • 前の山 和一(まえのやま-) 1962年5月場所-1962年9月場所
  • 前ノ山 和一(まえのやま-) 1962年11月場所-1966年1月場所
  • 前の山 和一(まえのやま-) 1966年3月場所-1967年5月場所
  • 前の山 太郎(まえのやま たろう) 1967年7月場所-1969年5月場所
  • 前乃山 太郎(まえのやま-) 1969年7月場所-1970年11月場所
  • 前の山 太郎(まえのやま-) 1971年1月場所-1974年5月場所

年寄変遷[編集]

  • 高田川 和一(たかだがわ かずいち) 1974年5月場所-2009年7月場所
  • 千田川 和一(せんだがわ-) 2009年9月場所-2010年1月場所

脚注[編集]

  1. ^ a b ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(3) 高砂部屋』p17
  2. ^ a b c d e f ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(3) 高砂部屋』p18
  3. ^ a b c ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(3) 高砂部屋』p60-63
  4. ^ 杉山邦博・小林照幸『土俵の真実 杉山邦博の伝えた大相撲半世紀』(文集文庫)
  5. ^ 雑誌『相撲』別冊菊花号 創業70周年特別企画シリーズ(3)柏鵬時代 柔の大鵬 剛の柏戸――大型横綱たちの君臨(ベースボールマガジン社、2016年) p48-53
  6. ^ ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(3) 高砂部屋』p42
  7. ^ 実際は前の山の張り手により琴櫻が気絶したため一方的な相撲になっていた。
  8. ^ 1969年7月場所「大関で2場所連続負け越しで翌場所関脇に転落、但し降下直後の場所に10勝以上で大関特例復帰」と規定が改正して以降、前の山が初のケースだった。
  9. ^ ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(3) 高砂部屋』p38
  10. ^ 元安芸乃島が高田川部屋継承=大相撲 時事通信 2009年8月5日
  11. ^ 北の富士と優勝決定戦
  12. ^ 右足首関節捻挫により初日から全休
  13. ^ a b 角番(全2回)
  14. ^ 胸部挫傷・第5肋骨軟骨間離断により5日目から途中休場
  15. ^ 胆嚢炎・自律神経失調症により13日目から途中休場
  16. ^ 関脇陥落
  17. ^ 左腰部打撲により9日目から途中休場

参考文献[編集]

  • 『昭和平成 大相撲名力士100列伝』(著者:塩澤実信、発行元:北辰堂出版、2015年)p98-99

関連項目[編集]

外部リンク[編集]