大潮清治郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大潮清治郎(おおしお せいじろう、1900年8月11日 - 1979年3月29日)は、福岡県三潴郡(現在の大川市)出身で陸奥部屋出身の昭和初期に活躍した元大相撲力士。本名は、石橋清治郎(いしばし せいじろう)。現役時代の体格は身長184cm、体重116kg。得意手は右四つ、寄り。最高位は東関脇二枚鑑札年寄陸奥を襲名。

来歴[編集]

陸奥部屋に入門、1919年1月場所に初土俵を踏む。入門も遅かったこともあって、昇進もゆっくりで、新十両1928年3月、新入幕は1932年1月場所で、すでに30歳を超えていた。その新入幕の場所に春秋園事件が起こり、多くの力士が脱退したが、彼は残留し、その結果いきなり東前頭2枚目と幕内上位に進出することになった(事件前の番付は東前頭12枚目だった)。そこでもよく健闘し、5月には小結に昇進した。その後、関脇に達し、右四つから寄る正攻法の相撲で長く上位で活躍した。典型的な大器晩成で息の長い活躍を見せ、1940年1月場所6日目、横綱男女ノ川を降して金星を挙げた時の年齢は39歳5ヶ月で、これは現在も金星獲得最年長記録である。1941年5月場所限りで現役を退いたが、その時は40歳を過ぎていた。人柄良く風格を湛えた土俵態度で力士からの人望も集めた。

現役中の1937年から二枚鑑札年寄陸奥を襲名し、陸奥部屋を率いて、若潮を幕内に育てた。現役最後の場所は若潮新入幕の場所でもあり、師弟そろっての幕内土俵入りという偉業をなしとげた。引退後は1960年に部屋を閉じて、同系統で対戦のなかった錦島部屋に移籍、錦島部屋の消滅後(1964年)は時津風部屋に移り、1965年に停年を迎えた。

主な成績[編集]

  • 通算成績:238勝250敗2分37休 勝率.488
  • 幕内成績:97勝134敗35休 勝率.420
  • 現役在位:59場所
  • 幕内在位:23場所
  • 三役在位:5場所(関脇1場所、小結4場所)
  • 金星:3個(玉錦1個・武藏山1個・男女ノ川1個)
  • 各段優勝
    • 十両優勝:1回 (1931年5月場所)
    • 幕下優勝:1回 (1929年3月場所)

場所別成績[編集]

大潮清治郎
春場所 三月場所 夏場所 秋場所
1919年
(大正8年)
(前相撲) x (前相撲) x
1920年
(大正9年)
(前相撲) x 新序
0–3 
x
1921年
(大正10年)
西 序ノ口 #9
2–1 
x 西 序二段 #38
3–2 
x
1922年
(大正11年)
西 序二段 #5
3–1
(1分)
 
x 西 三段目 #24
4–1 
x
1923年
(大正12年)
西 幕下 #37
6–4 
x 東 幕下 #26
2–4 
x
1924年
(大正13年)
東 三段目 #1
4–1 
x 西 幕下 #16
4–2 
x
1925年
(大正14年)
東 幕下 #5
2–4 
x 西 幕下 #15
3–2(1分) 
x
1926年
(大正15年)
西 幕下 #7
4–2 
x 東 幕下 #4
2–4 
x
1927年
(昭和2年)
西 幕下 #18
3–3 
西 幕下 #18
4–2 
西 幕下 #17
4–2 
東 幕下 #12
5–1 
1928年
(昭和3年)
東 幕下 #4
4–2 
東 十両 #8
4–7 
西 十両 #7
4–5–2 
西 十両 #7
5–6 
1929年
(昭和4年)
西 幕下 #1
6–2 
西 幕下 #1
優勝
7–1
西 十両 #5
6–5 
西 十両 #5
7–4 
1930年
(昭和5年)
西 十両 #2
2–9 
西 十両 #2
5–6 
西 十両 #10
6–5 
西 十両 #10
7–4 
1931年
(昭和6年)
西 十両 #4
5–6 
西 十両 #4
3–8 
東 十両 #2
優勝
8–3
東 十両 #2
7–4 
1932年
(昭和7年)
東 前頭 #2
5–3 
東 前頭 #2
4–6 
西 小結
1–6–4[1] 
西 小結
0–6–5[2] 
1933年
(昭和8年)
西 前頭 #4
6–5 
x 東 前頭 #3
6–5 
x
1934年
(昭和9年)
西 小結
3–8 
x 東 前頭 #5
5–6 
x
1935年
(昭和10年)
西 前頭 #6
8–3 
x 東 前頭 #2
7–4
x
1936年
(昭和11年)
東 関脇
1–10 
x 西 前頭 #5
7–4 
x
1937年
(昭和12年)
西 小結
0–0–11[3] 
x 東 前頭 #8
7–6 
x
1938年
(昭和13年)
東 前頭 #3
4–9
x 東 前頭 #6
6–7 
x
1939年
(昭和14年)
東 前頭 #7
5–8 
x 西 前頭 #11
8–7 
x
1940年
(昭和15年)
東 前頭 #4
8–7
x 東 前頭 #1
3–12 
x
1941年
(昭和16年)
西 前頭 #11
0–4–11[4] 
x 西 張出前頭 #21
引退
3–8–4[5]
x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)
  • 1932年1月番付では東前頭12枚目

脚注[編集]

  1. ^ 右膝関節挫傷により7日目から途中休場
  2. ^ 右膝関節負傷により6日目から途中休場
  3. ^ 左膝関節打撲により全休
  4. ^ 発熱により初日から休場、12日目から出場
  5. ^ 糖尿病・腰部神経症により12日目から途中休場

 関連項目[編集]