西ノ海嘉治郎 (2代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
(2代)西ノ海 嘉治郎 Sumo pictogram.svg
The 25th Yokozuna Nishinoumi Kajirō II ca. 1916.tif
1916
基礎情報
四股名 西ノ海 嘉治郎
本名 近藤 休八(旧姓:牧瀬)
愛称 長者
生年月日 1880年2月6日
没年月日 (1931-01-27) 1931年1月27日(50歳没)
出身 鹿児島県熊毛郡種子島
(現・鹿児島県西之表市)
身長 185cm
体重 139kg
BMI 40.61
所属部屋 井筒部屋
得意技 突っ張り、左四つ、寄り
成績
現在の番付 引退
最高位 第25代横綱
幕内戦歴 106勝38敗27分9預70休
優勝 幕内最高優勝1回
データ
初土俵 1900年1月場所
入幕 1906年5月場所
引退 1918年5月場所
備考
2012年7月18日現在

西ノ海 嘉治郎(2代)(にしのうみ かじろう、1880年2月6日1931年1月27日)は、鹿児島県熊毛郡種子島(現・鹿児島県西之表市)出身の元大相撲力士。第25代横綱。本名は牧瀬 休八(まきせ きゅうはち)で、後に近藤 休八(こんどう きゅうはち)。

来歴[編集]

入門~入幕[編集]

1880年に鹿児島県で農業と木挽を営む家の二男として生まれる。15歳で既に「島一番の大男」と言われるまで成長したことから、近所の人に角界入りを勧められるが父親が反対していたところへ、巡業に来た井筒初代西ノ海という説もある)から熱心に勧誘されて入門した。1900年1月場所で初土俵を踏む。四股名は出身地に因んで「種子ヶ島」とした[1]

入門時から有望視されたので序二段ながら幕下の申し合いに加わったものの、抵抗を見せずに軽く捻られたことが井筒の逆鱗に触れて足腰が立たなくなるまで青竹で打ちのめされた。堪らずに脱走して東京駅で鹿児島方面の列車を待つ間に発見されて連れ戻されたが、井筒からも反省の言葉と金一封をくれたので、以後の稽古ではさらに身が入って強味を増した。1回の改名を経て、1906年5月場所で「錦洋与三郎」として新入幕を果たす[1]

横綱昇進~現役引退[編集]

1908年11月に師匠の7代井筒が死去したことに伴い、関脇だった1909年6月場所より四股名を西ノ海灘右エ門へ改名し、同時期に二枚鑑札で8代井筒を襲名した[2]1910年1月場所で大関へ昇進した。1912年1月場所8日目、当時43連勝中だった太刀山峯右エ門を叩き込みで破った。太刀山峯右エ門はこの後56連勝を記録したため、この敗戦が無ければ100連勝が達成されていたかもしれないと言われている。この敗戦には太刀山は晩年までかなり拘りを見せていたようで、廃業後はこの一番について八百長を仄めかす発言をしている。ただし、この連勝中には休場も含まれている。大関在位中の1914年1月場所より(2代)西ノ海嘉治郎を襲名した。1916年1月場所は8勝1分1休[3]の土つかずで史上最高齢での初優勝[4][5][1]を果たし、翌月になって吉田司家から横綱免許を授与された。

しかし、この時ですでに晩年期に当たっており、在位5場所で皆勤は新横綱だった1916年5月場所のみに終わっている。全盛期には鳳谷五郎と熱戦を繰り広げていたが、1918年5月場所限りで現役引退[1]

引退後~自殺[編集]

引退後は初代西ノ海の後を継いで年寄・井筒を襲名。三代目西ノ海を始め、豊國福馬錦洋与三郎宮城山正見逆鉾盛吉一ノ濵善之助泉洋藤太郎星甲実義を育成し、先代井筒が部屋を興して以来最高となる繁栄を築いた。温厚な性格で人望もあったことから日本相撲協会取締を務めたが、2度目の任期の途中に役員改選で東西両陣営から「6名ずつ選出」とした談合を破って井筒系の年寄を増やしたことが反陣営からの逆鱗に触れ、取締を途中辞任して1931年1月27日に自殺した。50歳没[1]

主な成績[編集]

  • 幕内通算成績:106勝38敗27分9預70休 勝率.736 
  • 横綱通算成績:12勝5敗33休 勝率.706
  • 幕内在位:25場所(うち横綱5場所、大関13場所、関脇3場所)
  • 幕内最高優勝:1回(1916年1月場所)

場所別成績[編集]

本場所における十両昇進以降の成績を示す。  は優勝掲額成績。

場所 地位 成績
明治38年(1905年)5月場所 東十両6 6勝3敗1預
明治39年(1906年)1月場所 西十両1 5勝2敗2分1預
明治39年(1906年)5月場所 西前頭10 3勝4敗1分1預1休
明治40年(1907年)1月場所 西前頭7 3勝1敗6休
明治40年(1907年)5月場所 西前頭8 6勝1敗2分1休
明治41年(1908年)1月場所 西関脇 4勝2敗3分1休
明治41年(1908年)5月場所 西関脇 7勝1敗1分1休
明治42年(1909年)1月場所 東関脇 3勝0敗7休
旧両国国技館開館
明治42年(1909年)6月場所 東関脇 5勝2敗2分1休
明治43年(1910年)1月場所 東大関 2勝1敗3分2預2休
明治43年(1910年)6月場所 東大関 1勝1敗1預7休
明治44年(1911年)2月場所 東張出大関 6勝1敗2分1預
明治44年(1911年)5月場所 東張出大関 1勝2敗1分1預5休
明治45年(1912年)1月場所 西張出大関 7勝1敗2分
明治45年(1912年)5月場所 東張出大関 7勝2敗1分
大正2年(1913年)1月場所 東大関 4勝3敗2分1預
大正2年(1913年)5月場所 西大関 5勝3敗2分
大正3年(1914年)1月場所 西大関 6勝2敗1分1預
大正3年(1914年)5月場所 東大関 6勝3敗1分
大正4年(1915年)1月場所 東大関 4勝1敗1分1預3休
大正4年(1915年)6月場所 東大関 6勝2敗1分1休
大正5年(1916年)1月場所 東大関 8勝0敗1分1休
大正5年(1916年)5月場所 東張出横綱 8勝2敗
大正6年(1917年)1月場所 西横綱 2勝2敗6休
大正6年(1917年)5月場所 西張出横綱 2勝1敗7休
大正7年(1918年)1月場所 東張出横綱 10休
大正7年(1918年)5月場所 東張出横綱2 10休

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e ベースボール・マガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(5) 時津風部屋』p69
  2. ^ ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(3) 高砂部屋』p37
  3. ^ 1休は相手力士休場
  4. ^ 2012年5月場所で旭天鵬勝に更新されるまでの、史上最高齢初優勝だった。
  5. ^ 新入幕の前頭18枚目源氏山大五郎(のちの三代目西ノ海)が9勝1敗で優勝同点。

関連項目[編集]