2016年リオデジャネイロオリンピックのウエイトリフティング競技

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

2016年リオデジャネイロオリンピックウエイトリフティング競技(2016ねんリオデジャネイロオリンピックのウェイトリフティングきょうぎ)は、リオセントロ2号館で、2016年8月6日から16日までの競技日程で実施された。国際ウエイトリフティング連盟(IWF)が主管。合計260名(男子156名、女子104名)が参加した[1][2]

実施種目[編集]

前回と同じく、男子8階級、7階級が実施される。

  • 男子
    • 56 kg
    • 62 kg
    • 69 kg
    • 77 kg
    • 85 kg
    • 94 kg
    • 105 kg
    • +105 kg
  • 女子
    • 48 kg
    • 53 kg
    • 58 kg
    • 63 kg
    • 69 kg
    • 75 kg
    • +75 kg

出場枠[編集]

出場枠は以下の通りであるが、1つの国・地域からは男子6名、女子4名までしか派遣できないため、すべての階級に出場することはできない[2]

2014年と2015年のウエイトリフティング世界選手権の国別の総合成績により、出場枠が割り当てられた(男子:6~3枠、女子:4~2枠)。また、世界選手権の成績により出場枠を得られなかった国を対象として、大陸予選、又は個人ランキングにより、出場枠が割り当てられた(男女とも1枠のみ)。

2015年11月、IWFはドーピング違反の問題により、今大会へのブルガリアの出場を禁止したほか、ルーマニアウズベキスタンの出場枠を1つずつ剥奪した[3]。更に、2016年6月には同様の理由で6カ国から合計11の出場枠を剥奪した[4]。また、本大会直前の2016年7月にはロシアの出場も禁止され、出場枠が再配分された[5]

世界選手権 大陸予選 世界ランキング 三者委員会招待 開催国 合計
男子 108 31 8 6 3 156
女子 67 24 7 4 2 104
合計 175 55 15 10 5 260

日本勢2014年世界選手権2015年世界選手権の成績により、男子3名、女子4名の出場枠を獲得した。高尾宏明(男子56kg級)、糸数陽一(男子62kg級)、中山陽介英語版(男子62kg級)、三宅宏実(女子48kg級)、八木かなえ(女子53kg級)、安藤美希子(女子58kg級)、松本潮霞英語版(女子63kg級)の7名が出場し、三宅が2大会連続のメダルとなる銅メダルを獲得し[6]、糸数が4位入賞[7]、安藤が5位入賞[8]、八木が6位入賞[9]の成績をそれぞれ収めた。

競技結果[編集]

男子[編集]

種目
56kg級 中国 龍清泉
中国 (CHN) WR
北朝鮮 厳潤哲英語版
北朝鮮 (PRK)
タイ シンペット・クルアイトン英語版
タイ (THA)
62kg級 コロンビア オスカル・フィグエロア英語版
コロンビア (COL)
インドネシア エコ・ユリ・イラワン英語版
インドネシア (INA)
カザフスタン ファルハト・ハルキ英語版
カザフスタン (KAZ)
69kg級 中国 石智勇英語版中国語版
中国 (CHN)
トルコ ダニヤル・イスマイロフ英語版
トルコ (TUR)
コロンビア ルイス・ハビエル・モスケラ
コロンビア (COL)[10][11]
77kg級 カザフスタン ニジャト・ラヒモフ英語版
カザフスタン (KAZ) WR
中国 呂小軍英語版中国語版
中国 (CHN) WR
エジプト モハメド・イハブ英語版
エジプト (EGY)
85kg級 イラン キアヌーシュ・ロスタミ
イラン (IRI) WR OR
中国 田涛英語版中国語版
中国 (CHN) OR
カザフスタン デニス・ウラノフ
カザフスタン (KAZ)[12]
94kg級 イラン ソフラブ・モラディ
イラン (IRI)
ベラルーシ ヴァジム・ストラルツォウ英語版
ベラルーシ (BLR)
リトアニア アウリマス・ジズバリス英語版
リトアニア (LTU)
105 kg級 ウズベキスタン ルスラン・ヌルディノフ英語版
ウズベキスタン (UZB) OR
アルメニア シモン・マルティロシャン英語版
アルメニア (ARM)
カザフスタン アレクサンドル・ザイチコウ英語版
カザフスタン (KAZ)
+105 kg級 ジョージア ラシャ・タラハゼ
ジョージア (GEO) WR OR
アルメニア ゴル・ミナシャン英語版
アルメニア (ARM)
ジョージア イラクリ・トゥルマニゼ英語版
ジョージア (GEO)

女子[編集]

種目
48 kg級 タイ ソピタ・タナサン英語版
タイ (THA)
インドネシア スリ・ワーユニ・アグスティアニ英語版
インドネシア (INA)
日本 三宅宏実
日本 (JPN)
53kg級 チャイニーズタイペイ 許淑浄英語版中国語版
チャイニーズタイペイ (TPE)
フィリピン ヒディリン・ディアス
フィリピン (PHI)
韓国 尹真煕英語版
韓国 (KOR)
58kg級 タイ スカンヤ・スリスラット英語版
タイ (THA) OR
タイ ピムシリ・シリケウ英語版
タイ (THA)
チャイニーズタイペイ 郭婞淳英語版中国語版
チャイニーズタイペイ (TPE)
63kg級 中国 鄧薇英語版中国語版
中国 (CHN) WR
北朝鮮 チェ・ヒョシム英語版
北朝鮮 (PRK)
カザフスタン カリナ・ゴリチェヴァ英語版
カザフスタン (KAZ)
69kg級 中国 向艶梅英語版中国語版
中国 (CHN)
カザフスタン ジャジラ・ジャッパルクル英語版
カザフスタン (KAZ)
エジプト サラ・アフメド英語版
エジプト (EGY)
75kg級 北朝鮮 林貞心英語版
北朝鮮 (PRK)
ベラルーシ ダルヤ・ナウマヴァ英語版
ベラルーシ (BLR)
スペイン リディア・バレンティン
スペイン (ESP)
75kg超級 中国 孟蘇平英語版中国語版
中国 (CHN)
北朝鮮 キム・グキャン英語版
北朝鮮 (PRK)
アメリカ合衆国 サラー・ロブルス英語版
アメリカ合衆国 (USA)

国・地域別のメダル獲得数[編集]

国・地域
1 中国 中国 (CHN) 5 2 0 7
2 タイ タイ (THA) 2 1 1 4
3 イラン イラン (IRI) 2 0 0 2
4 北朝鮮 北朝鮮 (PRK) 1 3 0 4
5 カザフスタン カザフスタン (KAZ) 1 1 4 6
6 チャイニーズタイペイ チャイニーズタイペイ (TPE) 1 0 1 2
コロンビア コロンビア (COL) 1 0 1 2
ジョージア ジョージア (GEO) 1 0 1 2
9 ウズベキスタン ウズベキスタン (UZB) 1 0 0 1
10 アルメニア アルメニア (ARM) 0 2 0 2
ベラルーシ ベラルーシ (BLR) 0 2 0 2
インドネシア インドネシア (INA) 0 2 0 2
13 フィリピン フィリピン (PHI) 0 1 0 1
トルコ トルコ (TUR) 0 1 0 1
15 エジプト エジプト (EGY) 0 0 2 2
16 日本 日本 (JPN) 0 0 1 1
リトアニア リトアニア (LTU) 0 0 1 1
韓国 韓国 (KOR) 0 0 1 1
スペイン スペイン (ESP) 0 0 1 1
アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 (USA) 0 0 1 1
合計 15 15 15 45

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Olympic Weightlifting - Rio 2016 Summer Olympics”. web.archive.org (2016年8月28日). 2020年11月3日閲覧。
  2. ^ a b QUALIFICATION SYSTEM – GAMES OF THE XXXI OLYMPIAD – RIO 2016”. 2020年7月14日閲覧。
  3. ^ Anti-Doping issues to be discussed by the IWF Executive Board” (英語). International Weightlifting Federation (2016年6月20日). 2020年11月3日閲覧。
  4. ^ Strong statement by the IWF Executive Board” (英語). International Weightlifting Federation (2016年6月22日). 2020年11月3日閲覧。
  5. ^ IWF EB decision on Russian participation at the Rio 2016 OG” (英語). International Weightlifting Federation (2016年7月29日). 2020年11月3日閲覧。
  6. ^ 三宅宏実 腰痛に耐え銅!ロンドンに続き2大会連続メダル”. www.sponichi.co.jp. 2020年7月14日閲覧。
  7. ^ <リオ五輪>糸数陽一が4位入賞 重量挙げ男子62キロ級 トータルで日本新記録 | 沖縄タイムス+プラス ニュース” (日本語). 沖縄タイムス+プラス. 2020年7月14日閲覧。
  8. ^ 安藤美希子が5位入賞…重量挙げ女子58キロ級” (日本語). YOMIURI ONLINE(読売新聞) (2016年8月9日). 2020年7月14日閲覧。
  9. ^ 八木かなえ6位「悔しいというより、希望が見えた」 - 重量挙げ : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2020年7月14日閲覧。
  10. ^ Bluradio. “Organización de JJ. OO. confirma medalla de bronce de Luis Javier Mosquera” (spanish). bluradio.com. 2016年8月20日閲覧。
  11. ^ 当初、キルギスイザット・アルティコフが銅メダルを獲得していたが、ドーピング検査でストリキニーネの陽性反応があったとしてメダルを剥奪された(キルギス重量挙げ選手、ドーピングで「銅」剥奪 読売新聞 2016年8月19日)。
  12. ^ 当初、ルーマニアのガブリエル・シンクレヤンが銅メダルだったがドーピングが発覚し剥奪、4位以下繰り上がりリオ五輪銀のロシア選手のメダル剥奪 銅のルーマニア選手も

外部リンク[編集]