2016年リオデジャネイロオリンピックの近代五種競技

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

リオデジャネイロオリンピックにおける近代五種競技は8月18日から20日に開催された。国際近代五種連合(UIPM)管轄。オリンピックでは史上初めて同一会場で実施される[1]

出場選手について[編集]

リオ五輪の近代五種競技は男女各36名が参加。内訳は開催国ブラジルから1、2015ワールドカップファイナルから1名、2016年6月1日時点の世界ランクから上位6名、各大陸予選からは欧州選手権8、アジア/オセアニア選手権は3+1、パンアメリカン大会からは1+1+3、アフリカ選手権からは1名、2015年と16年の世界選手権からはそれぞれ3名ずつが出場が保証されている。また特別招待枠が2、推薦出場から1名が出場が許されている[2]

結果[編集]

種目
男子 ロシア Aleksander Lesun
ロシア (RUS)
ウクライナ Pavlo Tymoshchenko
ウクライナ (UKR)
メキシコ Ismael Hernández
メキシコ (MEX)
女子 オーストラリア クロエ・エスポジト
オーストラリア (AUS)
フランス Élodie Clouvel
フランス (FRA)
ポーランド Oktawia Nowacka
ポーランド (POL)

脚注[編集]

外部リンク[編集]