円地与四松

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

円地 与四松(圓地 與四松、えんち よしまつ、1895年9月16日 - 1972年11月26日[1])は、日本ジャーナリスト評論家小説家円地文子の夫。

石川県生まれ。1920年東京帝国大学法学部卒業。東京日日新聞記者となり、ベルリン特派員としてツェッペリン飛行船の報道をして知られた。1930年に文子(上田萬年の娘)と結婚。1940年東京商工会議所参事。戦後は衆議院地方行政委員会調査室長、外務省情報部新聞研究室主事、東海大学教授[2]

著書[編集]

  • 『空の驚異ツェツペリン』先進社 1929
  • 『世界政局の諸断層』内外社 1932
  • 『インフレ景気論』千倉書房 1933
  • グラッドストン伝』改造社 偉人伝全集 1934
  • 『世界の変貌』人文書院 1938
  • 『経済統制下に於ける経済団体の新展開』昭和図書 1939
  • 『国際関係論 世界政局の新展開』丸善 1939
  • 『ドイツ史話』日本放送出版協会 ラヂオ新書 1940
  • 『臨戦経済態勢の諸問題』昭和図書 1941
  • 『統制会体制の進展 附:我が外地統治政策論』秀文閣 1943
  • 『ウイリアム・C.ブリット大地球そのもの』東洋経済新報社 ブック・レヴヰウ 1949
翻訳

論文[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『著作権台帳』
  2. ^ 野口裕子『円地文子』勉誠出版