富田克也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
とみた かつや
富田 克也
生年月日 1972年
出生地 日本の旗 日本 山梨県甲府市
職業 映画監督脚本家
ジャンル 映画

富田 克也(とみた かつや、1972年[1] - )は、日本映画監督脚本家。映画作家集団空族の一員である[2]

経歴[編集]

山梨県甲府市出身[3]映画美学校フィクション・コース第1期初等科修了[4]。2003年、デビュー作『雲の上』を監督する[5]。2007年、映画美学校映画祭スカラシップ作品『国道20号線』を監督し[6]、『映画芸術』誌上で2007年の日本映画ベスト9位に選ばれる[7]。2011年、『サウダーヂ』が第64回ロカルノ国際映画祭で独立批評家連盟特別賞を受賞したほか[8]、第33回ナント三大陸映画祭で金の気球賞を受賞し[9]、翌年の第66回毎日映画コンクールでは日本映画優秀賞と監督賞を受賞した[10]

2016年、『バンコクナイツ』で第69回ロカルノ国際映画祭・インターナショナルコンペティション部門で若手審査員賞を受賞[11]

フィルモグラフィー[編集]

  • 雲の上(2003年) - 監督・脚本
  • 国道20号線(2007年) - 監督・脚本・編集
  • サウダーヂ(2011年) - 監督・脚本・編集 ※第85回キネマ旬報ベスト・テン6位
  • バビロン2 THE OZAWA(2012年) - 撮影・編集
  • 同じ星の下、それぞれの夜「チェンライの娘」(2012年) - 監督・脚本
  • バンコクナイツ(2016年) - 監督・出演:オザワ 役[12]

脚注[編集]

  1. ^ 対談:アピチャッポン・ウィーラセタクン×空族・富田克也”. Nobody (2011年3月13日). 2014年3月24日閲覧。
  2. ^ 「サウダーヂ」が甲府の旅館で凱旋上映 大ヒットまでの道のり振り返る”. 映画.com (2013年2月2日). 2014年3月24日閲覧。
  3. ^ ナント三大陸映画祭 - (3)日本の縮図を描出「サウダーヂ」”. 河北新報 (2011年11月29日). 2014年3月24日閲覧。
  4. ^ 修了生・在校生インタビュー”. 映画美学校. 2014年3月24日閲覧。
  5. ^ 「シンナーを吸っていた仲間と作った映画…」に観客ドン引き 世界的評価の高い『サウダーヂ』富田克也監督衝撃発言”. シネマトゥデイ (2012年5月5日). 2014年3月24日閲覧。
  6. ^ 国道20号線”. 映画美学校. 2014年3月24日閲覧。
  7. ^ 映画専門誌「映画芸術」が選ぶ2007年度日本映画ベスト&ワースト10”. Narinari.com (2008年1月17日). 2014年3月24日閲覧。
  8. ^ 映画「サウダーヂ」が話題に 各国映画祭で受賞”. サンパウロ新聞 (2012年1月11日). 2014年3月24日閲覧。
  9. ^ 甲府舞台の映画が仏で最高賞 ナント三大陸映画祭”. 福井新聞 (2011年11月29日). 2014年3月24日閲覧。
  10. ^ 第66回毎日映画コンクール発表 日本映画大賞は99歳・新藤監督の『一枚のハガキ』”. ORICON STYLE (2012年1月18日). 2014年3月24日閲覧。
  11. ^ “富田克也と塩田明彦がロカルノ国際映画祭で若手審査員賞を受賞”. 映画ナタリー. (2016年8月14日). http://natalie.mu/eiga/news/198136 2016年8月17日閲覧。 
  12. ^ “タイの娼婦と“沈没”日本男性が桃源郷探し アジアの楽園の真実描く「バンコクナイツ」予告編”. 映画.com. (2017年1月12日). http://eiga.com/news/20170112/15/ 2017年1月13日閲覧。 

外部リンク[編集]