渋川清彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
しぶかわ きよひこ
渋川 清彦
渋川 清彦
第30回東京国際映画祭にて(2017年10月)
本名 田中 清彦[1]
別名義 KEE(旧芸名)
生年月日 (1974-07-02) 1974年7月2日(47歳)
出生地 日本の旗 日本 群馬県渋川市
身長 175cm[1]
血液型 A型
職業 俳優ファッションモデル
ジャンル 映画テレビドラマ
配偶者 あり
事務所 ディケイド
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
映画
『そして泥船はゆく』
お盆の弟
モーターズ
アレノ
神と人との間
榎田貿易堂
閉鎖病棟 -それぞれの朝-
半世界
テンプレートを表示

渋川 清彦(しぶかわ きよひこ、1974年7月2日[1] - )は、日本俳優、男性ファッションモデル。旧芸名KEE(キー)。群馬県渋川市出身[1]ディケイド所属。既婚。

来歴・人物[編集]

身長175cm[1]。血液型A型。趣味はドラム。弟もドラムをしていた。

芸名の「渋川」は生まれ故郷の渋川市よりとった。

渋川市立金島小学校、渋川市立金島中学校、群馬県立渋川高等学校と18歳まで群馬で過ごし、バンドでプロを目指し上京。東京コミュニケーションアート専門学校のドラム科に入学し、1年足らずで中退する。19歳の時に、ちょうど来日していたアメリカ写真家ナン・ゴールディンに声を掛けられ、写真集『Tokyo Love』のモデルとなる。その後、ナン・ゴールディンに連れて行かれた新宿ジャズバーで写真家・ホンマタカシと出会ったことをきっかけに、「KEE」という芸名でファッションモデルとしてデビュー[2]。『MEN'S NON-NO』や『smart』などの雑誌で活躍。

1998年、『ポルノスター』で映画デビュー。以降、同作の監督である豊田利晃の監督作品には欠かさず出演している[3]

2006年より現在の芸名に改名。2008年スターダストプロモーションから現事務所・ディケイドに移籍した。

2013年第26回東京国際映画祭で上映された『そして泥船はゆく』で映画初主演[4]

同じく俳優でモデルの大柴裕介カメラマンの内藤啓介らとともにオリジナルブランド「Rotar」を手がけている。サイコビリーバンド"DTKINZ ドトキンズ"のドラムとしての活動がある。

2021年、出演作『偶然と想像』が第71回ベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞した[5]

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

Vシネマ[編集]

  • 新・首領への道(2008年)
  • 東京NEO魔悲夜2(2009年) - 東京魔悲夜 シャドウ
  • ジャングルクロウ!(2010年) - ストレイ・ドッグ

テレビアニメ[編集]

CM[編集]

PV[編集]

  • PEALOUT「SOUL RIDER」(2001年)「GOODBYEBLE」「旅人の歌」(2002年) - 三部作、DVD「ステイフリー」に収録
  • Nothing's Carved In Stone「Cold Reason」(2010年)
  • VOLTA MASTERS「Thank You feat.DOUBLE,Doitall from Lords Of Underground,Treach from Naughty By Nature」(2011年)
  • OLEDICKFOGGY「シラフのうちに」(2016年)[37]

舞台[編集]

配信ドラマ[編集]

テレビ番組[編集]

  • ノンフィクションW「物言うパンクス! 横山健〜311 ハイスタ、その先に〜」(2013年3月1日、WOWOW) - ナレーション

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 渋川 清彦”. ディケイド. 2014年3月16日閲覧。
  2. ^ WHAT DO YOU STAND FOR? File #004 俳優 渋川清彦”. Houyhnhnm (2013年). 2014年1月25日閲覧。
  3. ^ CAST”. 映画『Playback』. 2014年3月16日閲覧。
  4. ^ 渋川清彦、初主演作で共演した96歳の監督祖母に感服「一番存在感がある」”. 映画.com (2013年10月23日). 2014年3月16日閲覧。
  5. ^ 濱口竜介「偶然と想像」ベルリン国際映画祭で銀熊賞を受賞、審査員グランプリに
  6. ^ “亀梨和也主演「ジョーカー・ゲーム」公開は15年1月31日に決定!追加キャストも発表”. 映画.com. (2014年9月12日). http://eiga.com/news/20140912/6/ 2016年5月5日閲覧。 
  7. ^ 染谷将太VS綾野剛!石井岳龍監督最新作はアンダーグラウンドに生きる若者たちの青春ドラマ”. シネマトゥデイ (2015年3月5日). 2015年3月5日閲覧。
  8. ^ 渋川清彦&光石研が兄弟役「お盆の弟」公開決定 崖っぷち映画監督が再起はかる”. 映画.com (2015年4月12日). 2015年4月13日閲覧。
  9. ^ 「まれ」渡辺大知の監督デビュー作『モーターズ』11月14日公開決定!”. シネマトゥデイ (2015年7月29日). 2015年7月30日閲覧。
  10. ^ 山田真歩&渋川清彦、ゾラの名作を映画化した「アレノ」で官能に満ちた世界描く”. 映画ナタリー (2015年8月20日). 2015年8月20日閲覧。
  11. ^ 渋川清彦がゲスくてクズなインディー映画監督に、「下衆の愛」2016年公開”. 映画ナタリー (2015年10月19日). 2015年10月20日閲覧。
  12. ^ “「テラフォーマーズ」撮影現場で伊藤英明、武井咲ら隊員15名が意気込み”. 映画ナタリー. (2015年11月9日). http://natalie.mu/eiga/news/165312 2015年11月9日閲覧。 
  13. ^ “大西信満×渋川清彦「ろくでなし」支援者募集、奥田庸介が人間の孤独と欲望描く”. 映画ナタリー. (2016年12月14日). http://natalie.mu/eiga/news/212941 2016年12月15日閲覧。 
  14. ^ a b “「猫忍」映画&ドラマ版、佐藤江梨子や柄本明ら8名の追加キャストが発表”. 映画ナタリー. (2016年12月8日). http://natalie.mu/eiga/news/212403 2016年12月8日閲覧。 
  15. ^ “渋川清彦×飯塚健監督作「榎田貿易堂」に森岡龍、滝藤賢一、余貴美子ら出演!”. 映画.com. (2016年8月25日). http://eiga.com/news/20160825/5/ 2016年8月25日閲覧。 
  16. ^ “東出昌大がアナキスト役で出演、瀬々敬久「菊とギロチン」キャスト発表”. 映画ナタリー. (2016年10月22日). http://natalie.mu/eiga/news/206419 2016年10月24日閲覧。 
  17. ^ “菊とギロチン : 作品情報 - 映画.com” (日本語). 映画.com. https://eiga.com/movie/85874/ 2018年8月18日閲覧。 
  18. ^ “池田エライザが“ハートフル・オカルトファンタジー”映画に主演 オダギリジョー、光宗薫、健太郎ら共演『ルームロンダリング』公開へ”. SPICE (eplus). (2017年12月7日). https://spice.eplus.jp/articles/161392 2018年3月4日閲覧。 
  19. ^ “松田龍平主演「泣き虫しょったんの奇跡」に永山絢斗、染谷将太、妻夫木聡、松たか子ら結集!”. 映画.com. (2018年3月16日). http://eiga.com/news/20180316/4/ 2018年3月16日閲覧。 
  20. ^ 稲垣吾郎が阪本順治の新作「半世界」で主演、共演に長谷川博己、池脇千鶴、渋川清彦(コメントあり)”. 映画ナタリー (2018年2月13日). 2018年2月13日閲覧。
  21. ^ “公園閉鎖!?「柴公園」本予告、渋川清彦ら“おっさん”と柴犬の日々に異変の気配”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2019年5月20日). http://natalie.mu/eiga/news/332148 2019年5月21日閲覧。 
  22. ^ “「酔うと化け物になる父がつらい」実写映画化、松本穂香&渋川清彦がW主演”. コミックナタリー. (2019年3月3日). https://natalie.mu/comic/news/322266 2019年3月3日閲覧。 
  23. ^ 濱口竜介監督の新作映画『偶然と想像』が『ベルリン国際映画祭』に正式出品
  24. ^ “映画製作プロジェクト『DIVOC-12』ポスタービジュアル&新たな出演者を解禁”. ORICON NEWS. (2021年8月24日). https://www.oricon.co.jp/news/2204572/full/ 2021年8月24日閲覧。 
  25. ^ “『燃えよ剣』新公開日が10月15日に決定 岡田准一らによる剣のアクション捉えた新予告も”. Real Sound (blueprint). (2021年5月10日). https://realsound.jp/movie/2021/05/post-756536.html 2021年7月17日閲覧。 
  26. ^ “岡田准一主演『燃えよ剣』新ビジュアル公開 “人斬り以蔵”ら新キャスト13名も発表”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2020年2月7日). https://www.cinematoday.jp/news/N0113965 2020年2月8日閲覧。 
  27. ^ 松本潤主演の映画「99.9」公開日が12月30日に決定、予告編とポスター解禁”. 映画ナタリー. ナターシャ (2021年9月13日). 2021年9月13日閲覧。
  28. ^ 加瀬亮と戸田恵梨香が獣医役で共演、殺処分の現実を描くドラマW「この街の命に」”. 映画ナタリー (2016年2月19日). 2016年2月19日閲覧。
  29. ^ 菊川怜、5度目の松本清張ドラマは「非常に難しい」石田ひかりと初共演”. マイナビニュース (2016年3月15日). 2016年3月15日閲覧。
  30. ^ “石田ゆり子、『逃げ恥』共演の星野源と“同居” WOWOW『プラージュ』”. ORICON STYLE. (2017年3月30日). http://www.oricon.co.jp/news/2088326/full/ 2017年3月31日閲覧。 
  31. ^ “連続ドラマW 盗まれた顔:玉木宏主演ドラマで内田理央が天才捜査員役に 町田啓太、渋川清彦、伊藤歩も出演”. MANTANWEB (MANTAN). (2018年10月25日). https://mantan-web.jp/article/20181024dog00m200041000c.html 2018年11月12日閲覧。 
  32. ^ “三浦貴大&夏帆の“ひとりキャンプ”満喫ドラマ、田口トモロヲらゲスト17人発表”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年10月10日). https://natalie.mu/eiga/news/350947 2020年11月3日閲覧。 
  33. ^ “奥平大兼、宮世琉弥、藤原大祐、渋川清彦、矢作兼ら、木村佳乃主演ドラマ『恋する母たち』出演へ”. Real Sound (blueprint). (2020年9月8日). https://realsound.jp/movie/2020/09/post-615424.html 2020年9月28日閲覧。 
  34. ^ “『竹内涼真の撮休』全8話のあらすじと共演者を発表 主題歌は平井大”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年9月26日). https://www.oricon.co.jp/news/2172931/full/ 2020年11月3日閲覧。 
  35. ^ “オダギリジョー脚本・演出のドラマ「オリバーな犬」NHKで放送、主演は池松壮亮”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2021年6月10日). https://natalie.mu/eiga/news/431859 2021年6月13日閲覧。 
  36. ^ 『真犯人フラグ』佐野勇斗、田中哲司、桜井ユキ、生駒里奈、柄本時生ら出演者30名以上発表” (2021年9月6日). 2021年9月6日閲覧。
  37. ^ バイきんぐ小峠のブチ切れツッコミがOLEDICKFOGGYのMVで炸裂”. お笑いナタリー (2016年2月15日). 2016年2月15日閲覧。
  38. ^ 松本まりか、80年代の女性新人監督に!主演映画『雨に叫べば』Amazonで配信へ” (日本語). cinemacafe.net (2021年10月12日). 2021年10月13日閲覧。
  39. ^ 第37回ヨコハマ映画祭 2015年日本映画個人賞”. ヨコハマ映画祭. 2019年12月13日閲覧。
  40. ^ 助演男優賞は渋川清彦、鶴瓶から祝福電話/映画大賞”. 日刊スポーツ (2019年12月12日). 2019年12月13日閲覧。
  41. ^ 高崎映画祭、最優秀作品賞に「嵐電」 最優秀主演男優賞は稲垣吾郎さん 授賞式は3月22日”. 毎日新聞 (2020年1月15日). 2020年1月18日閲覧。

外部リンク[編集]