バカバカンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
バカバカンス
監督 宮田宗吉
脚本 宮田宗吉
製作 高橋正弥
出演者 須田邦裕
奥田恵梨華
渋川清彦
中島陽典
小林沙世子
音楽 丸山隆
撮影 小林嘉弘
編集 稲川実希
配給 アルゴ・ピクチャーズ
公開 2008年
上映時間 78分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

バカバカンス(ばかばかんす)は、2008年7月に公開の日本映画宮田宗吉が脚本、監督を手がけたロードムービー。第8回TAMA映画祭 TAMA NEW WAVE特別賞受賞。

解説[編集]

唯野未歩子監督作品の『三年身籠る』など数々の映画で助監督を務めた宮田宗吉の初監督作品。周囲に振り回される主人公に『ここに、幸あり』『真夜中の少女たち』の須田邦裕、ヒロインに『三年身籠る』『Sweet Rain 死神の精度』の奥田恵梨華、その他、『さくらん』の渋川清彦ら注目の俳優が出演。

ストーリー[編集]

小さな洋食店で働く美智男(須田邦裕)は、半年前に出て行った亜衣(奥田恵梨華)のことで頭がいっぱいだ。そんなある日、店のオーナー(中島陽典)が金を持って失踪してしまう。美智男が不安な思いで帰宅すると、新しい恋人にふられた亜衣が突然現れ今晩泊めてくれと言う。美智男の気持ちなどまったく気にかけない亜衣。何もできないまま鬱々とした夜を過ごす美智男。翌日、オーナーの居場所を突き止めた先輩コック隆司(渋川清彦)に連れられ、美智男と共に亜衣もオーナーを探す旅に出る。それぞれの思いを抱えたまま海辺の町を目指して赤いオンボロオープンカーは走り出す。

概要[編集]

  • 2008年7月5日より吉祥寺バウスシアターでロードショー。
  • タイトルの『バカバカンス』は映画監督の風間志織が名付け親で、忌野清志郎の楽曲に由来する。[1][2]
  • 劇中で重要な役割を果たしているオープンカー、ホンダシティカブリオレは、宮田監督の私物である。また、美智男のアパートも宮田監督自身の部屋を使って撮影している。
  • 公開記念イベントとして、宮田監督、奥田恵梨華、渋川清彦による舞台挨拶(7月5日)、宮田監督、渋川清彦、中村麻美、風間志織によるトークイベント(7月9日)、appledore弾き語りライブ、PV「真空時間」(宮田宗吉監督作品)上映(7月11日)、マギー司郎 WITH須田邦裕によるマジックショー(7月12日)、宮田監督、奥田恵梨華、映画監督の冨樫森によるトークイベント(7月16日)、宮田監督、須田邦裕、奥田恵梨華によるイベント(7月18日)がそれぞれ行われた。
  • 2008年10月11日10月17日名古屋シネマテーク上映。記念イベントは、宮田監督、奥田恵梨華、須田邦裕による舞台挨拶(11日)、 宮田監督、須田邦裕による舞台挨拶(12日)、宮田監督、冨樫森によるトークショー(13日)、下石奈穂美(appledore)による弾き語りライブ(16日)。
  • 2008年10月25日10月31日横浜ジャック&ベティ上映。記念イベントは、宮田監督、奥田恵梨華による舞台挨拶(25日)、宮田監督、奥田恵梨華、須田邦裕、安斎肇トークショー(26日)、宮田監督、渋川清彦、中村麻美クノ真季子、風間志織(27日)、濱唄シンガー ビト ミニライブ & 宮田監督、風間志織トークショー(28日)、宮田監督、須田邦裕、松本ともこトークショー(29日)、宮田監督、奥田恵梨華、他による舞台挨拶(30日)、宮田監督、冨樫森トークショー(31日)
  • 2008年11月15日11月17日京都みなみ会館上映予定。

キャスト[編集]

音楽[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]