新宿タイガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

新宿タイガー(しんじゅくタイガー、1948年 - )は、東京都新宿区などに出没する元新聞配達員。本名:原田 吉郎[1][2][3][4]

新宿タイガーの後ろ

一般的には「新宿タイガーさん」「タイガーマスクおじさん」「歌舞伎町のタイガーマスク」とも呼ばれる。

人物[編集]

歌舞伎町の稲荷鬼王神社の祭りでタイガーマスクお面[5][6]を30枚買い込み[2]、以来安手の服や原色の衣装、カーリーヘアのかつらを身に付け現れるのが常。タイガーマスク以外のお面(公式サイトでは持っていないと語っているが)や花、ぬいぐるみ(本人曰く「ファミリー」[3])も身に付け、季節による変化も見られる。

かつての職業は朝日新聞新聞販売店「株式会社 朝日新聞新宿東ステーション」に勤務するベテラン新聞配達員。配達の担当エリアは新宿三丁目で、朝刊・夕刊の配達のほか集金も行う[2][3]。仕事中は前述の扮装で、赤や黄色の派手なデコレーションを施した自転車に乗り、ラジカセから演歌を鳴り響かせ走り去る。趣味の映画館や新宿ゴールデン街、休憩中に立ち寄る喫茶店や、販売店の海外研修でもこの姿のままである[7]。一方で正体を隠すことには固執しておらず、酒席や取材などではお面を外すこともある[4][7]

映画『新宿タイガー』舞台挨拶

大の映画・役者好きで、新宿の映画館で上映される映画はほぼ全て鑑賞している[8]。休日には1日に数本の映画を鑑賞するときもある。座席は「映画に没入できるから」との理由で、最前列の中央と決めている[2]。映画文化の継続のため、基本的に映画館でチケットを購入し鑑賞するがDVDで鑑賞するときもある。

行動範囲は新宿、池袋原宿渋谷日比谷銀座[3]。新宿界隈の映画館や、役者・映画関係者が集まるゴールデン街、新宿三丁目のクラブ「ローリング・ストーン」に出没する。ロックバンド「ローリング・ストーンズ」のファンでもある。

心の師匠として「スーパーマン」「ブルース・リー」「ジェームズ・ボンド」、ミューズ(女神)として「マリリン・モンロー」「オードリー・ヘプバーン」「エリザベス・テイラー」「イングリッド・バーグマン」を挙げている[2][3]

経歴[編集]

1948年長野県東筑摩郡波田村(現松本市波田)生まれ[5][1]長野県梓川高等学校卒業後、大東文化大学進学と共に上京。当初は読売新聞新聞奨学生として、中野区江古田の新聞販売店に住み込む[3][4]。大学は2年で中退するも、17歳で始め上京後も行っていた新聞配達を継続する[1]

フリーライター鶴見済による1994年のインタビューでは、この活動を始めた切っ掛けを「夜店で売られていたお面を見て『少しでも新宿が明るくなれば』と、1977年にタイガーマスクのお面を付け始めた」と語っている[9]

勤務先である「朝日新聞新宿東ステーション」の公式サイトにバナーが有り、クリックすると映像(ゲーム形式)が流れ、活動を始めた切っ掛けや、お面を被っている理由、子供の頃憧れていたヒーローなどが分る[10]

タワーレコード新宿店のオープン時(1998年)、リニューアル時(2012年)の両方でポスターに起用された[11]

2019年3月、新宿タイガーを題材としたドキュメンタリー映画『新宿タイガー』公開[1]寺島しのぶがナレーションを担当、本人のほか八嶋智人渋川清彦らが出演。

2020年2月をもって、新聞配達員を引退した[12][13]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

  • その男、エロにつき アデュ〜! 久保新二伝(2011年[8]
  • 新宿タイガー(2019年

脚注[編集]

  1. ^ a b c d “「新宿タイガー」原田吉郎さん映画に”. 市民タイムス. (2019年3月20日). https://www.shimintimes.co.jp/news/2019/03/post-4378.php 2019年3月20日閲覧。 
  2. ^ a b c d e 田嶋章博 (2019年3月20日). “新宿を「虎のお面」で新聞配達する71歳の正体”. 東洋経済オンライン. 東洋経済新報社. 2020年10月15日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 楳田佳香 (2019年4月18日). “やりつづければ本物になる。47年も虎のお面をつけて暮らす「新宿タイガー」の生き様”. 新R25. Cyber Now. 2020年10月15日閲覧。
  4. ^ a b c 安井孝之 (2020年5月3日). “「お金より夢だよ」72歳独身、住み込みの新聞配達員は幸せそうだった”. プレジデントオンライン. プレジデント社. 2020年10月15日閲覧。
  5. ^ a b 朝日新聞2015年12月4日29面・東京地方版
  6. ^ 額部分に赤い宝石が象られているため、初代ではなく二世がモチーフだと思われる。
  7. ^ a b 八雲ふみね (2019年3月29日). “新宿タイガー、お面の下の“素顔”とは…”. ニッポン放送 NEWS ONLINE. ニッポン放送. 2020年10月15日閲覧。
  8. ^ a b c d 長野辰次 (2011年12月31日). “新宿の劇場に通い詰める名物男が語る2011年、本当に面白かった邦画・洋画”. 日刊サイゾー. サイゾー. 2020年10月15日閲覧。
  9. ^ 「秘・境・探・検 近くて遠いニッポン'94 東京・新宿 名物男『タイガーマスク』の"虎の穴"」(『FRIDAY』 1994年9月23日号 講談社)取材・文/鶴見済
  10. ^ (株)朝日新聞新宿東ステーション ASA大久保・ASA新宿支店” (2008年8月28日). 2009年11月29日閲覧。
  11. ^ タワー新宿店リニューアル記念ポスター完成! 新宿の有名人5組が出演”. TOWER RECORDS ONLINE (2012年4月19日). 2017年2月5日閲覧。
  12. ^ YahooNewsTopicsの2020年10月18日13時33分のツイート- Twitter
  13. ^ 知る人ぞ知るあの男 新宿タイガーと歌舞伎町の今を歩く:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル (2020年10月4日). 2020年11月15日閲覧。

参考資料[編集]

  • 「風俗スケッチ」(『週刊明星』 1984年8月16日号 集英社
  • 「秘・境・探・検 近くて遠いニッポン'94 東京・新宿 名物男『タイガーマスク』の"虎の穴"」(『FRIDAY』 1994年9月23日号 講談社)取材・文/鶴見済
  • 「新宿名物・タイガーマスク引退説を追う」(『宝島』 1998年2月4日号 宝島社
  • 「俺だけ崖から落ちるのはやだ」(『テレビブロス』 2007年11月10日号 東京ニュース通信社)文/箭内道産
  • 「繁華街を疾走する"新宿タイガー"は美女と映画をこよなく愛するロマンチスト」(『サイゾー』 2008年2月号 株式会社サイゾー)文/長野辰次

関連項目[編集]

外部リンク[編集]