海燕ホテル・ブルー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
海燕ホテル・ブルー
著者 船戸与一
発行日 1998年8月(単行本)
2001年9月21日(文庫本)
発行元 角川書店
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 単行本
文庫本
ページ数 357(単行本)
394(文庫本)
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

海燕ホテル・ブルー』(かいえんホテル・ブルー)は、船戸与一による日本小説、またそれを原作とした日本映画

人間の情念の狂気、男たちの共同幻想が、一人の女、ファム・ファタールによって崩れ、狂っていく様を描く。

あらすじ[編集]

獄中で殺された仲間の復讐を胸に誓い、刑期を終えて出所した藤堂幸男は、かつて自分を裏切った棚橋洋次への復讐を果たすために海、黒い砂漠、溶岩だらけの山に囲まれた町へとやって来た。しかし、そこで出会った謎の女・梨花により大きく運命を狂わされる。

映画[編集]

海燕ホテル・ブルー
監督 若松孝二
脚本 若松孝二
黒沢久子
原作 船戸与一
製作 若松孝二
出演者 片山瞳
地曵豪
井浦新
大西信満
音楽 ジム・オルーク
撮影 辻智彦
編集 坂本久美子
配給 若松プロダクション
スコーレ株式会社
公開 日本の旗 2012年3月24日
上映時間 84分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

2012年(平成24年)3月24日公開。監督・若松孝二。主演・片山瞳地曵豪

若松孝二は、『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』『キャタピラー』『11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち』の「昭和三部作」撮影を終えてから、旧友である船戸与一の同名小説を元に、思い切り遊んで撮ったという、1960年代の若松映画を彷彿とさせる荒野の密室劇ともいえる作品である。

地曵豪井浦新大西信満ら若松組の常連俳優を起用し、ヒロインには若松作品初参加となる片山瞳が起用された。

出演者[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督・製作・企画:若松孝二
  • プロデューサー:尾崎宗子
  • 原作:船戸与一
  • 音楽:ジム・オルーク
  • ラインプロデューサー:大友麻子、大日方教史
  • 脚本:黒沢久子若松孝二
  • 撮影:辻智彦、満若勇咲
  • 照明:大久保礼司
  • 録音:宋晋瑞
  • 編集:坂本久美子
  • ガンエフェクト:浅生マサヒロ
  • 美術:野沢博実
  • 整音:吉田憲義
  • 助監督:大友太郎、冨永拓輝
  • メイキング:木全哲
  • スティール:岡田喜秀
  • 題字:船戸与一

外部リンク[編集]