ファム・ファタール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ファム・ファタール: Femme fatale)(或いはファム・ファタル)は、男にとっての「運命の女」(運命的な恋愛の相手、もしくは赤い糸で結ばれた相手)というのが元々の意味であるが、同時に「男を破滅させる魔性の女」のことを指す場合が多い。

相手が魅惑的であることを示す言葉に英語では「チャーミング (英語: charming)」という言い回しがあるが、ここには魔法呪いに通じる意味合いがある。日本語においても「魅」の漢字は「魑魅魍魎」といった怪物の意味合いでも用いられている。フランス語であるファム・ファタールも同様に両義性が含まれている[1]

代表的なファム・ファタールとしては、サロメが挙げられる[1]

単なる「運命の相手」であったり、単なる「悪女」であるだけではファム・ファタールと呼ばれることはなく、それらを満たしながら「男を破滅させる魔性性」のある女性を指す。多くの場合、彼女たちに男性を破滅させようとする意図などはなく、複数人との恋愛をしたりお金を際限なく使ったりする自由奔放な生き方により、男性が振り回されることになる。

多くの場合、妖艶かつ魅惑的な容姿や性格をしており、色仕掛けや性行為などを駆使して、男を意のままに操る手腕に長けている。

新約聖書』「福音書」などに伝わるサロメは、イエス洗礼を授けた洗礼者ヨハネの首を求めた代表的な悪女として、古来キリスト教世界で名が知られ、19世紀末から20世紀初め頃の世紀末芸術において好んで取り上げられたモチーフである。

ファム・ファタールの一例[編集]

小説[編集]

フランス文学者の鹿島茂は著書『悪女入門 ファム・ファタル恋愛論』において以下の11作品を取り上げている[2]

映画[編集]

フランス版『GQ』誌では「映画の中のファムファタル25人」として以下を挙げている[3]

出典[編集]

  1. ^ a b 熊谷謙介神奈川大学人文学研究所「第2章 踊る女の両義性」『〈悪女〉と〈良女〉の身体表象』青弓社、2012年。ISBN 978-4787233363
  2. ^ 鹿島茂『悪女入門 ファム・ファタル恋愛論』講談社〈講談社現代新書〉、2003年。ISBN 9784061496675
  3. ^ 仏誌が選ぶ「映画の中のファムファタル25人」”. 映画.com (2012年1月4日). 2020年7月25日閲覧。

関連項目[編集]