黒沢久子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
黒沢 久子
(くろさわ ひさこ)
プロフィール
出身地 日本の旗 日本福島県
主な作品
テレビドラマ蒼井優×4つの嘘 カムフラージュ
『荒地の恋』
映画私は猫ストーカー
誘拐ラプソディー
キャタピラー
海燕ホテル・ブルー
四十九日のレシピ
特撮ウルトラマンX

黒沢 久子(くろさわ ひさこ)は、日本脚本家協同組合日本シナリオ作家協会理事及びENBUゼミナール映画監督コースシナリオ講座講師。福島県出身。

来歴[編集]

大学卒業後、新潟テレビ21アナウンサーとして3年間勤務の末退職。その後、ワーキングホリデーカナダに渡り帰国後、シナリオ作家協会シナリオ講座を受講。修了後に荒井晴彦の助手として脚本家活動を開始した[1]

2013年に『怪奇大作戦 ミステリー・ファイル』で特撮作品にも進出。翌2014年には『ウルトラマンギンガS』でシリーズの根幹を担う重要な回を担当するも、ウルトラシリーズに関する知識はほぼ無いに等しかったため、メジャー級の怪獣であり担当回に登場するゴモラのことを知らず、「地味な怪獣」という印象を抱いていた事をシリーズ構成中野貴雄らに話したところ、大変驚かれたというエピソードを持つ[2]。また、次作の『ウルトラマンX』では一度来ていたシリーズ構成のオファーを断ろうとしていた矢先に、知人から1960年代の怪獣ブームを盛りたてた大伴昌司の遺品のボールペンを譲り受けたこともあり、オファーを受託。ウルトラシリーズ初となる女性シリーズ構成メンバーに就任した[3]

作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

Webドラマ[編集]

オリジナルビデオ[編集]

  • 毎日がスロ曜日(2007年、平沢竹識と共同脚本)

脚注[編集]

  1. ^ シナリオ作家リレー日記 黒沢久子|一般社団法人シナリオ作家協会
  2. ^ Blu-ray『ウルトラマンギンガS Blu-ray BOX II』(バンダイビジュアル BCXS-0911)封入 作品解説書 SPECIAL NOTES「STAFF INTERVIEW 第6話・第9話脚本 黒沢久子」(構成・文:島崎淳、監修:小林雄次
  3. ^ Blu-ray『ウルトラマンX Blu-ray BOX I』(バンダイビジュアル BCXS-1026)封入 SPECIAL NOTES(構成・執筆:ガイガン山崎、島崎淳)
  4. ^ 上野樹里&リリー・フランキーの同棲生活に藤竜也が転がり込む!? タナダユキ監督作が決定”. 映画.com (2015年10月16日). 2015年10月16日閲覧。

外部リンク[編集]