海のふた

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
海のふた
著者 よしもとばなな
イラスト 名嘉睦稔
発行日 2004年6月24日
発行元 ロッキング・オン
ジャンル 小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判
ページ数 187
公式サイト 海のふた ro69
コード ISBN 978-4860520373
ISBN 978-4122046979文庫判
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

海のふた』(うみのふた)は、よしもとばななの小説。2003年11月から2004年5月まで、読売新聞に連載された。よしもとにとっては、初の新聞連載小説となる[1]。2004年にロッキング・オンから単行本が刊行され、2006年6月25日中公文庫版が出版された。

2015年映画化、7月18日に公開された。

あらすじ[編集]

都会での仕事が合わないと感じたまりは、ふるさとの西伊豆で、夢だった大好きなかき氷エスプレッソの店を始める。大切な祖母を亡くしたばかりのはじめと共に。

海のふた
監督 豊島圭介
脚本 黒沢久子
原作 よしもとばなな
製作 川城和実
小林栄太朗
出演者 菊池亜希子
三根梓
小林ユウキチ
天衣織女
鈴木慶一
主題歌 蘭華「はじまり色」
製作会社 スローラーナー
配給 ファントム・フィルム
公開 日本の旗 2015年7月18日
上映時間 84分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

映画[編集]

2015年7月18日関東地方で公開された[2]。監督は豊島圭介。初日には、新宿武蔵野館で豊島監督、菊池亜希子、三根梓による舞台挨拶が行われた。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

エンディングに使われている主題歌「はじまり色」はシンガーソングライター蘭華が、映画化に当たって作詞、作曲、歌唱を担当した。豊島圭介監督から浮遊感を出すように注文があり、脚本を読んだり、ロケ地の土肥温泉を訪問してイメージを膨らませて先に曲を作った[3]。詩が浮かんだのは映画に登場するかき氷を監修した神奈川県藤沢市の「埜庵」のふわふわしたかき氷を実際に食べた時であった。ファルセットを生かした透明感のある歌声とあわせて、映画のイメージに合う主題歌となった。

DVD[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 菊池亜希子が手づくりかき氷で人々を癒す よしもとばなな原作「海のふた」予告公開”. 映画.com (2015年4月22日). 2015年4月24日閲覧。
  2. ^ 菊池亜希子がかき氷店の店主に、女たちのひと夏の交流を映した予告編届く”. 映画ナタリー (2015年4月22日). 2015年4月24日閲覧。
  3. ^ 「主題歌はかき氷の味と色」『西日本新聞』2015年8月4日夕刊p3、西日本新聞社、福岡。

外部リンク[編集]