コンテンツにスキップ

死刑にいたる病

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
死刑にいたる病
著者 櫛木理宇
イラスト 舘山一大(装幀)
発行日 2017年10月19日
発行元 早川書房
ジャンル 長編小説
サスペンス小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 文庫判
ページ数 363
公式サイト hayakawa-online.co.jp
コード ISBN 978-4-15-0313005
ウィキポータル 文学
[ ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

死刑にいたる病』(しけいにいたるやまい)は、櫛木理宇による長編サスペンス小説。2015年7月刊行の『チェインドッグ』を改題の上、2017年10月19日ハヤカワ文庫JAにより文庫化された[1]

ストーリー

[編集]

東京の二流大学に通う筧井雅也は全てに消極的で根暗な男だった。教育者一家の一人息子でありながら有名大学の受験に失敗した雅也は、一家の恥と疎まれているのだ。勉強漬けだった中学生の頃、塾に行く途中のイートインのできるベーカリーで、優しい店主の榛村大和と会話したことが、雅也にとって唯一の温かい思い出だった。しかし、榛村は実は24人の高校生を残虐に殺し、死刑を言い渡された稀代の連続殺人鬼だった。

榛村から会いたいと手紙で請われ、拘置所に面会に行く雅也。榛村は罪は認めていたが、最後の1件だけは冤罪なので雅也に調べてほしいと依頼した。担当弁護士の事務所のバイトという待遇で裁判資料に目を通す雅也。高校生ばかり殺した榛村の犯行の中で、最後の根津かおるだけは26才と年齢が高く、遺体を隠さず放置した犯行状況も異なっていた。

調査を進めるうちに、榛村が子供時代に親から虐待を受け、支援する女性の養子となったこと。更には雅也自身の母親も同じ女性の養子であり、榛村と親しかったことが判明した。自分の本当の父親は榛村ではないかと疑う雅也。榛村も否定はしなかった。殺人鬼の息子だと思うと逆に自分に強さを感じて、因縁をつけてきた会社員を半殺しにし、中学時代の同級生で大学で再会した加納灯里(あかり)と交際を始める雅也。

榛村が根津かおるの事件で有罪になったのは、犯行時に近くで榛村を目撃した証人がいたためだった。目撃者の金山一輝は10才の頃から榛村の「友達」で、会社員となった今でも榛村に逆らえない精神的に不安定な男だった。根津かおるの殺害現場で雅也と出くわし、「僕が殺した」とつぶやく一輝。

榛村と面会して推理を語る雅也。榛村は子供の「遊び友達」となり、精神的に支配して、将来的に苦しめて殺す「獲物候補」としていた。逮捕が近いと察した時、榛村は候補の一人だった根津かおるを最後のターゲットに選び、不安定な一輝に殺人の片棒を担がせて罪の意識で苦しませ、雅也に冤罪事件の調査を依頼したのだ。二つ返事で榛村のために飛び回った自分も洗脳に染まっており、榛村を楽しませていたと知る雅也。そんな雅也に榛村は「父親ではない」と告げた。

榛村と決別して学生生活に戻る雅也。雅也の恋人となった加納灯里は、自分も榛村のベーカリーに通い、好きだった雅也へのアプローチの相談にも乗ってもらったと呟いた。

登場人物

[編集]
榛村大和(はいむら やまと)
稀代の連続殺人鬼。24件の殺人容疑で逮捕され、そのうち9件で立件・起訴・死刑判決を受ける。かつてはパン屋を営んでいた。
筧井雅也(かけい まさや)
大学生。理想とはかけ離れた大学に通い、鬱屈した日々を送る中で榛村からの手紙を受け取る。

書誌情報

[編集]

映画

[編集]
死刑にいたる病
監督 白石和彌
脚本 高田亮
原作 櫛木理宇
製作 深瀬和美
永井拓郎
堀慎太郎
出演者 阿部サダヲ
岡田健史
岩田剛典
宮﨑優
鈴木卓爾
佐藤玲
赤ペン瀧川
大下ヒロト
吉澤健
音尾琢真
中山美穂
音楽 大間々昂
撮影 池田直矢
編集 加藤ひとみ
制作会社 RIKIプロジェクト
製作会社 映画「死刑にいたる病」製作委員会
配給 クロックワークス
公開 日本の旗 2022年5月6日
上映時間 129分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 11億円[2]
テンプレートを表示

2022年5月6日に公開。監督は白石和彌、主演は阿部サダヲ岡田健史(現:水上恒司[3][4]PG12指定

237館と公開範囲は中規模ながら、1週目の着席率はTOP10の中でもトップクラスの数字を記録し上位スタートなった。

週末興行収入ランキング6週連続トップ10入り。

6月22日時点で興行収入10億972万4660円を突破し、クロックワークス歴代興行収入ランキング5位を記録した (クロックワークス単独配給としては歴代1位の記録)。

2022年公開の映画で興行収入が10億を超えた邦画実写作品の中では、唯一のインディペンデント配給邦画作品となった。

キャスト

[編集]

スタッフ

[編集]

脚注

[編集]
  1. ^ "死刑にいたる病". ハヤカワ文庫. 早川書房. 2021年8月24日閲覧
  2. ^ キネマ旬報』 2023年3月下旬特別号 p.25
  3. ^ a b c d "阿部サダヲ×岡田健史『死刑にいたる病』映画化 監督・白石和彌と脚本・高田亮が初タッグ". リアルサウンド映画部. blueprint. 24 August 2021. 2021年8月24日閲覧
  4. ^ a b c "阿部サダヲが連続殺人鬼に! 白石和彌が小説「死刑にいたる病」映画化、共演に岡田健史". 映画ナタリー. ナターシャ. 24 August 2021. 2021年8月24日閲覧
  5. ^ "映画『死刑にいたる病』のみなさん〈吉浦慶一〉". EBIDAN NEXT. スターダストプロモーション. 18 June 2022. 2023年10月11日閲覧
  6. ^ a b "岩田剛典&中山美穂、白石組初参加 映画『死刑にいたる病』出演決定". ORICON NEWS. oricon ME. 16 December 2021. 2021年12月16日閲覧
  7. ^ a b "岩田剛典&中山美穂、白石和彌監督と初タッグ! 阿部サダヲ×岡田健史「死刑にいたる病」に出演". 映画.com. エイガ・ドット・コム. 16 December 2021. 2021年12月16日閲覧
  8. ^ 松藤史恩 - 株式会社オフィス・オーパ
  9. ^ a b c d e f g h i "阿部サダヲ×岡田健史「死刑にいたる病」は5月6日公開! 新鋭からベテランまで9人の出演が一挙に発表". 映画.com. エイガ・ドット・コム. 26 January 2022. 2022年1月26日閲覧
  10. ^ 森悠華 - トレジャーハート
  11. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w "阿部サダヲ、殺人鬼も歯が命!? 役づくりでホワイトニング 狙われた"24人"も発表". ORICON NEWS. oricon ME. 14 April 2022. 2022年4月14日閲覧
  12. ^ 成河スタッフ オフィシャル - Twitter 2022年5月6日
  13. ^ 宗本汐理 - オフィスMORIMOTO
  14. ^ 不破万作 - 舞プロモーション
  15. ^ 五頭岳夫 - 有限会社GMBプロダクション
  16. ^ 岩谷健司 - BIRD LABEL
  17. ^ 菟田高城 - 日本タレント名鑑
  18. ^ 尾竹明宏 - Facebook 2022年4月25日
  19. ^ "「聞こえへん!聞こえへんよ~!!」と裁判中に傍聴席から…裁判ウォッチャーのすぐそばにいた"ヤバい傍聴人"". 文春オンライン. 文芸春秋社. 21 August 2022. 2023年10月11日閲覧
  20. ^ 蒲生純一 - 有限会社GMBプロダクション
  21. ^ 二村仁弥 - Twitter 2022年5月19日
  22. ^ 飛葉大樹 - TRUESTAR
  23. ^ CLOUDCASTING - パイプライン
  24. ^ "ニュース". しえりのあれこれ. Fans'. 27 April 2022. 2023年10月11日閲覧
  25. ^ 杏花 - スターダストプロモーション
  26. ^ 内海誠子 - 太田プロダクション
  27. ^ 松竹結愛 - ウォーターブルー
  28. ^ 吉田奏佑 - スマイルモンキー
  29. ^ テイ龍進 - ディケイド
  30. ^ 加藤正人 - Twitter 2022年5月12日

外部リンク

[編集]