台風クラブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
台風クラブ
Taifu Club
Typhoon Club
監督 相米慎二
脚本 加藤祐司
製作 宮坂進
出演者 三上祐一
紅林茂
松永敏行
工藤夕貴
大西結花
音楽 三枝成彰
撮影 伊藤昭裕
編集 冨田功
製作会社 ディレクターズ・カンパニー
配給 日本の旗 東宝/ATG
公開 日本の旗 1985年8月31日
上映時間 96分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

台風クラブ』(たいふうクラブ)は、1985年8月31日より一般公開された相米慎二監督による日本映画

概要[編集]

台風の襲来をきっかけとして、日頃の鬱屈した感情を爆発させる少年少女の姿を通して、思春期の少年少女たちの危うさ・脆さを表現している。一見理解しがたい表現や、今日では規制の対象となるであろう過激な表現が散見されるが、それがかえって登場人物の心情の複雑さを浮き上がらせている。

イタリアの映画監督であるベルナルド・ベルトルッチもこの作品から創作意欲を刺激されたと語っている。また、この作品で体当たりの演技を見せた工藤夕貴が注目されるきっかけともなった作品であり、これまで優等生的な役柄が多かった三浦友和が、それまでのイメージを180度転換させるような演技をしたことでも注目された。

挿入歌としてBARBEE BOYSの「暗闇でDANCE」と「翔んでみせろ」が使用されている。第1回東京国際映画祭ヤングシネマ部門大賞受賞、第7回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞受賞(大西結花)。

ストーリー[編集]

高見理恵らは高校受験を控える、ある地方都市の中学3年生。一見、普通の中学生のように振舞っているが、心の奥底では「何か」が起こることを期待している。ある日、理恵のクラスの担任教師の梅宮の授業中に、梅宮の恋人の母と叔父を名乗る大人たちが乱入し、梅宮に恋人と早く結婚するよう迫る。

翌日、台風が理恵たちが住んでいる町を直撃する。理恵は寝坊して学校の始業時刻に間に合わないことを知ると、制服のまま東京へ行ってしまう。そのころ、梅宮は生徒たちに台風がやってくるので早く帰宅するよう伝えるが、優等生で潔癖症大町美智子は昨日の事件の真相を話すよう、梅宮に迫って帰ろうとしなかった。理恵の家族から理恵が家出したという知らせを受けた梅宮は美智子を残して職員室に向かうが、その間に美智子は彼女のことを日頃から慕っていた清水健に襲われる。そんなこととは知らない梅宮は理恵の恋人の三上恭一から「朝、理恵を迎えに行ったけど、理恵は出てこなかった」という言質をとると、理恵の家族に「学校は無関係です」と無責任なセリフを残し、美智子の姿が見えないことから美智子も帰ったものと思って、学校の入り口を施錠して帰宅してしまう。

美智子を襲った健だったが、昔、理科の実験中にふざけて自分が美智子に負わせてしまった背中の火傷を見て、我にかえる。そこに物音を聞きつけた三上が駆けつけ、さらに演劇部の部室でじゃれあっていて、帰る機会を逸してしまった森崎みどりらが合流する。三上は梅宮の自宅に電話をかけて、入り口が施錠されてしまったため、自分たちが学校に閉じ込められてしまったことを説明するが、泥酔している梅宮はまともに取り合おうとはしない。三上は大人に絶望し、学校に閉じ込められてしまったクラスメイトとともに乱痴気騒ぎを始める。

そのころ、東京に行った理恵は大学生の小林にナンパされて、彼のアパートまでついていくが、「みんなが心配している」と嵐の中、東京の街に飛び出していく。

騒ぎ疲れて、みんな寝静まる中、三上は一人、人間が生きる意味について考えていた。

主な登場人物[編集]

三上恭一:三上祐一
野球部3年。優等生で、東京の私立高校への進学を希望している。クラスメイトと悪ふざけをする一方で、哲学的なことを考えている。理恵の恋人でもある。女の子にもてる。
清水健:紅林茂
野球部3年。美智子に恋心を抱いているが、素直に自分の気持ちを表現できず、時々、暴走する。「ただいま」「おかえりなさい」とつぶやくくせあり。
山田明:松永敏行
三上や健の友人。子供っぽい悪ふざけをよくする。よく学校のプールに忍び込んで泳いでいる。
高見理恵:工藤夕貴
三上の恋人。無邪気な言動をする子供っぽい女の子だが、彼女なりに三上のことを真剣に愛している。台風が来ることを期待している。
大町美智子:大西結花
三上のクラスメイト。優等生で潔癖症。三上のことを慕っている。健のわるふざけのために、背中に大火傷を負い、健のことを毛嫌いしている。
宮田泰子:会沢朋子
演劇部3年。由利と同性愛的関係にある。姉御肌で、演劇部3年女子3人組のリーダー的存在。
毛利由利:天童龍子
演劇部3年。祖母が死にそうで、そのことをいつも気にしている。
森崎みどり:渕崎ゆり子
演劇部3年。泰子や由利とつるんでいるが、二人とはどことなく一線を画している。梅宮に同情的。
梅宮安:三浦友和
三上のクラスの担任。担当科目は数学。若き日の理想を失った無責任な大人の典型。
小林:尾美としのり
大学生。台風の日に東京にやって来た理恵をナンパし、自分のアパートに連れ込もうとする。
三上敬士:鶴見辰吾
三上の兄。大学生。
清水留造:寺田農
健の父。
八木沢順子:小林かおり
梅宮の恋人。
八木沢勝江:石井富子
順子の母。
英夫:佐藤允
順子の叔父(勝江の弟)。
岡部:伊達三郎
用務員。

ロケ地[編集]

学校ロケは長野県佐久市佐久市立中込中学校で行われた。夏休み期間に集中的にロケを行い、在校生もエキストラとして参加。全校生徒に「台風クラブ撮影記念」の文字入り鉛筆が配られた。

クライマックスシーンの台風で学校の大きな木が倒れるシーンはグラウンドに大木を移植して撮影。なお、ロケ当時の校舎は放火と見られる不審火で焼失。駅のシーンは小海線中込駅。三浦友和扮する梅宮先生宅は中込中学校教員の男性教師のアパートを借りて行われた。

エピソード[編集]

学校では完成記念として上映会を行う予定だったが、教師の恋愛問題、校内の安全管理における不備(生徒閉じ込め)、終盤の乱痴気騒ぎ(雨のグランドで全員裸で「もしも明日が…。」を歌いながら踊りだす)などが問題とされ、いつの間にか中止になっていた。なお、当時の佐久市には映画館は1館しかなく、この館でも上映されなかったため、生徒はもちろん住民でも封切り時にこの映画を観た人は少ないと言われる。

スタッフ[編集]

外部リンク[編集]