光る女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
光る女
監督 相米慎二
脚本 田中陽造
原作 小檜山博
製作 羽左間重彰
製作総指揮 伊地智啓
出演者 武藤敬司
秋吉満ちる
安田成美
出門英
音楽 三枝成彰
撮影 長沼六男
配給 日本の旗 東宝
公開 日本の旗 1987年10月24日
上映時間 118分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

光る女』(ひかるおんな)は、小檜山博小説作品および、それを原作とした1987年10月24日公開の日本映画である。第17回北海道新聞文学賞および第11回泉鏡花文学賞受賞作。

あらすじ[編集]

大男・松波仙作は北海道の山奥から婚約者・栗子を探すべく上京してきたが、どこへ行けばよいかわからず、ごみの埋め立て地へ迷い込んできた。彼は埋立地のごみ山の頂上でピアノの伴奏に合わせて美女が歌っているのに気付いた。

仙作はピアノを弾いていた男・尻内が栗子の手がかりを知っているという話を聞き、彼の誘いでデスマッチ・クラブ「クラブ・ジョコンダ」へ足を運ぶことになった。デスマッチクラブで働き出した仙作は栗子との再会をかなえるが、彼女は北海道へ帰ることを拒絶した。

キャスト[編集]

ほか

スタッフ[編集]

受賞[編集]

エピソード[編集]

  • 当初オーデションで仙作役の大男を探す予定だったが見つからず、プロレスラー[1]に頼もうと監督らスタッフが新日本プロレスに観戦しに来た際、当時売り出し中だった武藤敬司の容姿を見て役柄にぴったりのイメージだった事で主演に抜擢された。
  • 台風クラブ』の東京国際映画祭の報奨金で制作が始まった作品であり、他に大映が出資、配給は東宝であった。

脚注[編集]

  1. ^ 役柄が190cm前後の男だった為、当時新日本プロレスに参戦していた前田日明に最初監督は目をつけていた。

外部リンク[編集]