坂上香織

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
さかがみ かおり
坂上 香織
本名 坂上 香織
別名義 坂上 かおり
生年月日 (1974-07-29) 1974年7月29日(44歳)
出生地 日本の旗 日本長崎県
ジャンル女優・元歌手
活動期間 1987年 - 2008年
活動内容 テレビドラマ
主な作品
テレビドラマ
ガキ大将がやってきた
太陽の犬
ウルトラマンコスモス
映画
電影少女 -VIDEO GIRL AI-

坂上 香織(さかがみ かおり、1974年7月29日[1][2][3][4] - )は、日本の元女優、元歌手。本名は同じ[1][2][3][4]

長崎県出身[1][2][3][4]嘉悦女子高等学校卒業[1]ライジングプロダクション[5]フロム・ファーストプロダクション[3]に所属していた。

来歴・人物[編集]

生い立ち[編集]

実家は長崎市内で割烹料理店(現在は飲食店を複数)を経営しており、姉2人・兄1人(長姉・次姉・兄)の4人姉兄の末娘である[6]。「香織」の名前は、父が産院にある「良い名前一覧表」から目を閉じて無作為で指差して決められたという[6]

1986年10月、長崎県内で行われた、歌手・荻野目洋子のコンサート会場でスカウトされ、芸能界デビュー[2]

アイドル歌手時代[編集]

女優として最初の仕事、江崎グリコプリッツ』(1987年)のTV-CF出演を皮切りに、『ガキ大将がやってきた』(1987年、TBS系)でドラマデビュー[2]。その後、『独眼竜政宗』(1987年、NHK)、『太陽の犬』(1988年、日本テレビ系)などに出演[1][2]。また、1988年8月には東芝EMIより『レースのカーディガン』で歌手デビューし、歌番組やバラエティ番組などにも多く登場した。

CDにおいては、1990年6月に5thシングル『瞳のダイアリー』、7月には3rdアルバム『ARE YOU READY?』(オリジナル・アルバムとしてはラストアルバム)のリリースを最後に、9月にミュージック・ビデオクリップ集、10月にビデオ・シングル・ディスク(VSD)を発売し、アイドル歌手活動を実質的に終了させた。現役時代には1枚もベストアルバムは発売されなかったが、同年11月には東芝EMIの企画盤「BEST NOW」シリーズで、『BEST NOW 坂上香織』を発売した。

その後の芸能活動[編集]

1991年に、名前を「坂上かおり」と平仮名に改名するが、2年ほどで元の漢字表記に戻す。1993年には、週刊誌 『週刊プレイボーイ』でヌードを披露する。また、その前後にライジングプロから移籍した。

その後は濡れ場や汚れ役もいとわず演技の幅を広げており、オリジナルビデオ(Vシネマ)や2時間ドラマなどに出演。2008年、GPミュージアムソフトのビデオシネマ出演以降の活動と消息は不明。

趣味・特技など[編集]

趣味は、三歳より習っていたピアノ[4]、映画鑑賞[1]、料理。料理の腕前に関しては、中学生の頃から煮物等の和食全般が特に得意であった[6]

その他のエピソード[編集]

3rdシングル『プラトニックつらぬいて』には、未収録音源で幻の「VERSION I」と呼ばれるオリジナル・ヴァージョンが存在するため、CDシングルとして発売されたヴァージョンは「VERSION II」である。「VERSION I」は、当時のTBS系バラエティ番組『加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ』において、口パクではあるものの、一度だけ公開されたことがある。 「VERSION I」の存在については、当時のオフィシャル・ファンクラブ「KAORI倶楽部」の会報において、2ndアルバム『夏休み』収録曲についてのコメントとして明記されている。

4thシングル『グッドバイ・マイ・ラブ』で1989年8月17日放送の「ザ・ベストテン」に『今週のスポットライト』で出演した際、共演していたチェッカーズ時代の藤井フミヤのファンであることを明かし、フミヤと握手したことがある。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

Vシネマ[編集]

  • 難波金融伝ミナミの帝王7「銀次郎 VS 悪徳弁護士」(1995年、ジーダス) - なつみ
  • シュガー 天使の咆哮(1996年8月、にっかつビデオ
  • 皆殺しの天使 〜ビデオの中に悪魔がいる〜(1997年7月、ミュージアム) - ユウカ
  • (1998年3月、ギャガ) - 園子
  • アナザーXX マトリの女(1998年5月、東映ビデオ) - 主演・葉子
  • 大阪極道戦争外伝 シャブ極道 〜暴発篇〜(1999年、大映) - 美代子
  • 組織暴力 流血の仁義(1999年8月、東映ビデオ)
  • 組織暴力 流血の仁義2(1999年11月、東映ビデオ)
  • ヤンママトラッカーシリーズ(1999年 - 2003年 全5作、GPミュージアムソフト) - 主演・ケイ
ヤンママトラッカー 〜飛龍伝〜(1999年2月)
新・ヤンママトラッカー 〜けじめつけます〜(2000年4月)
新・ヤンママトラッカー 〜ケイ VS 美咲宿命の対決編〜(2000年12月)
新・ヤンママトラッカー 〜激突!夢街道編〜(2001年8月)
新・ヤンママトラッカー 〜涙街道・爆走かぐや姫〜(2003年1月)
  • ミス・タクシードライバー 裏切らない女(2002年、レジェンド・ピクチャーズ) - 由美
  • 実録 ぼったくり 〜風営法全史〜(2003年12月、GPミュージアムソフト)
  • 総長賭博(2004年7月、GPミュージアムソフト)
  • 実録・武闘派極道史 八西会跡目抗争(2006年2月、GPミュージアムソフト)
  • 実録・大日本菊水会 〜双龍伝〜(2007年2月、GPミュージアムソフト)
  • 実録・大日本菊水会 〜双龍伝〜 完結編(2007年4月、GPミュージアムソフト)
  • 実録・鯨道2 土佐遊侠外伝抗争 完結編(2007年11月、GPミュージアムソフト)
  • 白竜6(2008年11月、GPミュージアムソフト)

ラジオ[編集]

  • 香織の少し愛して(1988年 - 1989年、TBSラジオ
  • ラジオドラマ『超能力はワインの香り』(1992年、NHKラジオ

CM[編集]

  • グリコ(1987年 - 1988年)
    • プリッツ』(1987年)
      • 「フレッシュバタープリッツ」、「サラダプリッツ」
      • グリコアイス『あずき自慢』(1988年) - ※関西地区限定オンエア
      • グリコアイス キャンペーン「しゃべっ太くん」プレゼント告知(1988年)
  • 資生堂『ヘアコロン ジェルズ シャンプー&リンス』(1987年) - ※声は別人による吹き替え
  • 森永製菓(1989年)
    • 森永アイス『チョコモナカ デラックス』
    • 森永チョコレート『リド』
  • テルモ『プチック』(1990年)
  • 北越銀行

ゲーム[編集]

イメージキャラクター、スチールなど[編集]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

No. タイトル 発売日 最高位 作者 備考
1st レースのカーディガン 1988年8月24日 7位 作詞: 松本隆
作曲: 来生たかお
編曲: 萩田光雄
MV大林宣彦による撮影
CDシングル,EP,CTはそれぞれ異なるジャケット写真
01. レースのカーディガン
フジテレビ系アニメ『キテレツ大百科』主題歌
02. Privacy
作詞:松本隆 作曲:井上ヨシマサ 編曲:武部聡志
2nd 赤いポシェット 1988年11月30日 7位 作詞: 松本隆
作曲: 財津和夫
編曲: 萩田光雄
01. 赤いポシェット
02. 不思議なオルゴール
作詞:松本隆 作曲:井上ヨシマサ 編曲:船山基紀
3rd プラトニックつらぬいて 1989年4月26日 9位 作詞: 松本隆
作曲: 後藤次利
編曲: 後藤次利
メディア未収録の(VERSION I)が存在するため厳密には(VERSION II
01. プラトニックつらぬいて
フジテレビ系放映アニメーション『らんま1/2』エンディング・テーマ
02. Boyfriend
作詞:Tin Bin 作曲:Tin Bin 編曲:黒石ひとみ
(表記はなかったが、森永アイス「チョコモナカ DX」TV-CFソングと
してオンエアされた。)
4th グッドバイ・マイ・ラブ 1989年7月26日 22位 作詞: なかにし礼
作曲: 平尾昌晃
編曲: 大谷和夫
アン・ルイス「グッド・バイ・マイ・ラブ」(1974年)のカヴァー
01. グッドバイ・マイ・ラブ
02. もう一度振り向いて
作詞:松本隆 作曲:井上ヨシマサ 編曲:船山基紀
5th 瞳のダイアリー 1990年6月27日 50位 作詞: 一色薫
作曲: 吉実明宏
編曲: 船山基紀
ラストシングル
01. 瞳のダイアリー
テルモ「プチック」TV-CFソング
(表記はなかったが、テレビ朝日歌謡びんびんハウス』エンディング
・テーマとしてもオンエアされた。)
02. BABY I MISS YOU
作詞・作曲:Matjaz Kosi 日本語詞:湯川れい子 編曲:大谷和夫
洋楽カバー曲
CD
未収録
音源
プラトニックつらぬいて
(VERSION I)
作詞: 松本隆
作曲: 後藤次利
編曲: 後藤次利
コーラスはほぼ無しで、発売されているシングル(VERSION II)とは
アレンジと歌唱メロディーが若干異なる音源
CD
未収録
音源
気をつけて Do It Again 作詞: 角松敏生
作曲: 角松敏生
編曲: 角松敏生
ビデオ『Triangle plus Making』のみに収録された楽曲
テレビ朝日『歌謡びんびんハウス』エンディング・テーマ


アルバム[編集]

タイトル 発売日 最高位 収録曲
1st 季節のプロローグ 1988年12月28日 57位 01. 赤いポシェット (Excellent Version)
作詞: 松本隆 作曲: 財津和夫 編曲: 萩田光雄
02. レモンを齧りながら
作詞: 松本隆 作曲: 来生たかお 編曲: 船山基紀
03. 緑の散歩道
作詞: 松本隆 作曲: 鈴木キサブロー 編曲: 武部聡志
04. 友達になりたい
作詞: 松本隆 作曲: 萩田光雄 編曲: 萩田光雄
05. 蜜の月
作詞: 松本隆 作曲: 来生たかお 編曲: 萩田光雄
06. レースのカーディガン
作詞: 松本隆 作曲: 来生たかお 編曲: 萩田光雄
07. わがままな空模様
作詞: 松本隆 作曲: 井上ヨシマサ 編曲: 井上鑑
08. 氷の人魚
作詞: 松本隆 作曲: 井上ヨシマサ 編曲: 武部聡志
09. Privacy (Great Re-mix)
作詞: 松本隆 作曲: 井上ヨシマサ 編曲: 武部聡志
10. 海を見てる少女
作詞: 松本隆 作曲: 萩田光雄 編曲: 萩田光雄

ジャケット写真・ブックレットは篠山紀信による撮影
24bitリマスター 必聴名盤
季節のプロローグ (完全限定盤)
2003年11月27日 -
2nd 夏休み 1989年8月9日 39位 01. グッドバイ・マイ・ラブ (VERSION II)
作詞: なかにし礼 作曲: 平尾昌晃 編曲: 大谷和夫
02. 一人ぼっちになりたくて
作詞: 岩里祐穂 作曲: 河原利彦 編曲: 船山基紀
03. 夏休み
作詞: 吉田拓郎 作曲: 吉田拓郎 編曲: 萩田光男
04. 明日吹く風
作詞: 豊田裕美 作曲: 松任谷正隆 編曲: 松任谷正隆
05. 風をあつめて
作詞: 松本隆 作曲: 細野晴臣 編曲: 萩田光男
06. Summer Kissは海辺で…
作詞: 豊田裕美 作曲: 萩田光男 編曲: 萩田光男
07. 夢で逢えたら
作詞: 大瀧詠一 作曲: 大瀧詠一 編曲: 大谷和夫
08. Boyfriend (CITY MIX)
作詞: 豊田裕美 作曲: 上野千佳 編曲: 黒石ひとみ
09. バス通り
作詞: 甲斐よしひろ 作曲: 甲斐よしひろ 編曲: 大谷和夫
10. 10月のソーダ水
作詞: 原真弓 作曲: 来生たかお 編曲: 武部聡志
11. ソバカスのある少女
作詞: 松本隆 作曲: 鈴木茂 編曲: 萩田光男
12. プラトニックつらぬいて (VERSION III)
作詞: 松本隆 作曲: 後藤次利 編曲: 後藤次利

M-01 アン・ルイスのカバー曲
M-03 吉田拓郎のカバー曲
M-05 はっぴいえんどのカバー曲
M-07 吉田美奈子のカバー曲
M-09 甲斐バンドのカバー曲
M-11 ティン・パン・アレーのカバー曲
3rd ARE YOU READY? 1990年7月25日 75位 01. OPENING
作曲: 武部聡志 編曲: 武部聡志
02. BABY I MISS YOU (ALBUM MIX)
作詞・作曲: Matjaz Kosi 日本語詞: 湯川れい子 編曲: 大谷和夫
03. いつもいつも (Crazy Lover)
作詞・作曲: D.Dellini, M.Manzi Kosi 日本語詞: 豊田裕美 編曲: 船山基紀
04. マジック (Magic)
作詞・作曲: M.Farino, G.Crivellente, A.Bindi 日本語詞: さとうみかこ 編曲: 船山基紀
05. 最高のBIG NEWS (Young Generation)
作詞・作曲: C.Accatino, D.Cirelli 日本語詞: 森由里子 編曲: 船山基紀
06. 素敵な音楽 (One More Time)
作詞・作曲: M.Farina, G.Crivellenti, A.Bindella 日本語詞: 岩里祐穂 編曲: 船山基紀
07. ステキな夏の迎え方
作詞: 豊田裕美 作曲: 河原利彦 編曲: 船山基紀
08. Dear Best Friend (When will I see you again
作詞・作曲: Kenny Gamble, Leon Huff 日本語詞: 森由里子 編曲: 船山基紀
09. 砂時計
作詞: 岩里祐穂 作曲: 財津和夫 編曲: 松任谷正隆
10. サガンはお好き
作詞: 森由里子 作曲: 武部聡志 編曲: 武部聡志
11. 瞳のダイアリー
作詞: 一色薫 作曲: 吉実明宏 編曲: 船山基紀

M-02〜M-06,M-08 洋楽カバー曲
企画盤
Best
BEST NOW 坂上香織 1990年11月24日 - 01. レースのカーディガン
02. 赤いポシェット
03. 海を見てる少女
04. プラトニックつらぬいて
05. 夏休み
06. グッドバイ・マイ・ラブ
07. 一人ぼっちになりたくて
08. 瞳のダイアリー
09. ステキな夏の迎え方
10. Privacy
11. 不思議なオルゴール
12. Boyfriend
13. もう一度振り向いて
14. BABY I MISS YOU (NEW MIX)
企画盤
Best
GOLDEN☆BEST 坂上香織 2003年3月19日 - 01. レースのカーディガン
02. Privacy
03. 赤いポシェット
04. 不思議なオルゴール
05. プラトニックつらぬいて
06. Boyfriend
07. グッドバイ・マイ・ラブ
08. もう一度振り向いて
09. 瞳のダイアリー
10. BABY I MISS YOU
11. 風をあつめて
12. 夢で逢えたら
13. バス通り
14. 夏休み
15. ソバカスのある少女
16. 蜜の月
17. 砂時計
18. 赤いポシェット (Excellent Version)
18. プラトニックつらぬいて (VERSION III)

ビデオ[編集]

No. タイトル 発売日 メディア 最高位 収録曲 備考
1 レースのカーディガン - VHS(非売品) - 01. レースのカーディガン 大林宣彦監督作品
全篇、広島県尾道市ロケによるプロモーションビデオ
下記販売用ミュージックビデオより編集
2 香織の、―わたし ものがたり。 1988.9.23 VHS:FK030-7001
LD:FV025-7001
- 01. レースのカーディガン
02. Privacy
大林宣彦監督作品
全篇、広島県尾道市ロケによるミュージックビデオ
3 Triangle plus Making 1990.9.27 VHS:
LD:
- 01. 瞳のダイアリー
02. BABY I MISS YOU
03. 気をつけて Do It Again
ビデオクリップ集
4 Baby I Miss You 1990.10.24 VSD:TOFF-7010 - 01. BABY I MISS YOU ビデオ・シングル・ディスク作品

写真集[編集]

『FLOWERS』以降の、全てがヌード写真集である

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 『テレビ・タレント人名事典』日外アソシエーツ、2004年、第6版、458頁。ISBN 978-4-8169-1852-0
  2. ^ a b c d e f 『日本映画人名事典 女優篇 上巻』キネマ旬報社、1995年、746頁。
  3. ^ a b c d 日本タレント名鑑2004』VIPタイムズ社、2004年、558頁。ISBN 978-4990124229
  4. ^ a b c d 『福島民報』1987年6月9日付朝刊、24面。
  5. ^ 『日本タレント名鑑1993』VIPタイムズ社、1993年、498頁。
  6. ^ a b c 『月刊 BOMB!』1989年1月号(学習研究社)坂上香織 巻頭大特集「カオリのヒミツ一挙公開」、25頁。