押忍!!空手部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

押忍!!空手部』(おす!!からてぶ)とは、高橋幸二作・画による日本格闘漫画作品。

概要[編集]

1985年、「週刊ヤングジャンプ」紙上での読切掲載からスタートし、1996年まで連載された。当初、主人公は一年生部員の松下正で内容も学園グラフィティものだったが、次第にバトル路線にシフトしていったため空手部主将の高木義志へと変更された。 路線変更後はジャンプの三大黄金律「努力」「友情」「勝利」を余すことなく取り込んでおり、次々に現れる強敵たちに対して主人公の高木が修行によって太極拳・神極拳などを身につけパワーアップしては撃破していくという黄金パターンが特徴的である。また一度倒した敵も高木に友情を感じ仲間になるものの、新たに登場する強敵たちにあっけなく撃破されてしまうという典型的な「強さのインフレ」も顕著な作品である。

あらすじ[編集]

大阪編[編集]

大阪でも有名な不良高校である関西第五工業高等学校(かんさいだいごこうぎょうこうとうがっこう)、通称「関五工(かんごこう)」。平凡な高校生・松下正は強くなりたくて、関五工の中でもさらに悪名高い空手部に入部した。空手部先輩たちの理不尽なシゴキに耐える松下・斉藤をはじめとする一年生部員たちの日々のエピソードや他運動部への助っ人編、空手部主将・高木義志の首を狙う近隣の不良たちとの抗争編等、関五工を中心としたエピソードが描かれる。

阪神戦争編[編集]

高木を倒し大阪を支配下に置くため、「神戸の三本柱」こと末永禅や龍隆&虎隆兄弟、リック・パワードたちが大阪に奇襲をかけた。続いて始まった神戸軍団による大阪総攻撃。突如襲撃され傷つき倒れる大阪の猛者たち。神戸の三本柱との戦いで重傷を負った高木だが、「三代目大阪魂」として逆襲を開始する。

死国連合編[編集]

神戸軍団を撃退し、その後幾度の事件を乗り越えて束の間平和となった大阪。ある日、大阪で名の売れた猛者たちに向け一斉に差出人不明の招待状が送りつけられた。高木の元にも届いた招待状。普段は顔を会わすことも無い大阪の猛者たちだが、招待状に誘われ一堂に会することになる。集められたものの一向に現れない差出人に不信の色を隠せない一同だったが、自然と興味は「大阪のワルの頂点『大阪魂』にふさわしいのは誰か?」という議題になる。いずれも劣らぬ大阪のワルたち。期せずして大阪のワルの頂点「大阪魂四代目」の座を巡り喧嘩自慢たちの激突が始まるが、それは大阪の弱体化を狙う「死国連合」の策略だった。明かされる高木の過去と大阪魂の誕生秘話。会合の首謀者であり、死国連合のスパイであった忌羅孝を倒し事態を収拾する高木だったが、黒幕である死国連合の手はすぐそこまで迫っていた。

四国から神の軍団・死国連合を率いるは高木のかつての空手の師匠であり、大阪魂の創設者である赤い稲妻こと「初代大阪魂」・神雷功。黒幕の正体を知って一時は戦意喪失する高木であったが新たな力・太極拳を身に付け、大阪を守るため神雷に闘いを挑む。太極拳奥義・発勁によって見事神雷を討ち果たす高木であったが、今回の騒動によって関五工から退学を宣告される。意気消沈の高木に懇意の医師・福島は上京することを進める。福島の計らいで死を偽装した高木は仲間たちと別れ東京へと旅立つ。

新宿編[編集]

大阪を離れ東京新宿の西新宿学院に転校した高木。転校先は新宿でも有名な不良高校だった。高木は空手部を立ち上げ、ワルの巣窟西新宿学院応援団を撃破するが新宿を支配する「影の五人衆」を敵に回すことになる。それは東京を支配する暴走族・「大東京連合」と敵対する危険な行為だった。影の五人衆を倒した高木であったが、その裏では渋谷部隊頭・小川小百合による新宿乗っ取り計画が進められていた。そんなあるとき高木は新宿愚連会による襲撃を受ける。新宿愚連会総長・竹内烈と直接対決する高木をよそに、渋谷部隊による新宿攻撃がスタート。西新宿学院も戦火にさらされる。竹内戦で利き腕を負傷していた高木であったが渋谷部隊を次々に撃退、渋谷部隊最強である副頭・猪狩克裕をも倒した高木は新宿・渋谷2区の頂点に立つ。

渋谷を追われた小川小百合はその復讐に殺し屋・真島朴を差し向ける。かつてない異常な技を繰り出す真島に苦戦するものの高木はこれを退ける。しかしこの殺し屋・真島朴が大東京連合六本木部隊頭・真島サブの弟であるとはその時の高木には知る由もなかった。

東京編[編集]

新宿・渋谷の頂点に立った高木に東京の各地区の頭による会合「ヘッドコングレス」の招集状が届く。それは新宿・渋谷の上納金を狙う大東京連合の罠だった。騙し討ちにより瀕死の重傷を負いながらもヘッドコングレスから生還した高木は墨田池袋銀座六本木の各部隊の頭に戦いを挑む。苦戦しつつも勝利した高木は東京を制覇し「初代東京魂」となった。

関東編[編集]

東京の頭になった高木は真島サブから関東各地域が互いの不干渉を守るという「関東条約」の存在を聞かされ関東連合総帥・漆原睦夫のもとへ挨拶に赴く。絶対的なリーダーである漆原を中心とした関東連合であったが、漆原は癌に冒されておりその将来に一抹の不安を抱えていた。そんな中、関東の動乱を望む“茨城の春風”こと寺本清一らの手により病床の漆原が惨殺される。関東連合に不満を持つ寺本たちによって結成された「新関東総和会」は東京侵攻を開始。当初、漆原の遺志を継ぎ不戦を誓っていた高木であったが否応無く闘いに巻き込まれていく。

しかし高木の発勁が“千葉の猛牛”こと宗政治の百歩神拳の前に敗退。漆原睦夫の弟・春野に救われた高木は、かつて漆原が関東を統一するときに修めた秘拳・神極拳を学ぶべく谷川岳へと向かう。その頃関東では、東京・神奈川・群馬の連合対、新関東総和会の戦いが繰り広げられていた。劣勢の東京連合…その最終決戦の最中、神極拳を習得した高木が谷川岳より帰還、総和会幹部たちを神極拳奥義・天地神明掌にて次々に撃破する。が、新関東総和会のリーダーである寺本により天地神明掌は破られてしまう。底知れぬ寺本の実力に絶体絶命の危機に何度も陥る高木だったが、仲間たちの力を精神力に換え、奥義「真・天地神明掌」を開眼し寺本を倒した。そして、関東連合の新しい総帥となる。

龍天昇編[編集]

高木に神極拳を教えた黄陳々、黄家の末弟である黄暗海とその弟子の我王によって殺害された。黄陳々の最期を看取った高木は、太極拳の師であり黄家の次兄である黄流雲のいる神戸へと向かう。しかしすでに暗海と我王の魔の手が龍隆虎隆兄弟や大阪魂四代目・忌羅に襲いかかる。一旦は危機を脱するものの、暗海と手を組んだ西日本最大の暴力団「集英会」会長・桐山修造の命を受けた我王により忌羅は殺害される。さらに我王と拳を交える高木であったが敗北、流雲は暗海によって連れ去られてしまう。流雲が残した「辰・辰・辰」の言葉から、陳々・龍雲・暗海三兄弟の父である黄天昇の奥義「龍天昇」の存在を知った高木たちは、大禅寺でその手がかりを捜索し、天昇の記された巻物を発見する。

暗海・我王と再び遭遇した高木は巻物を仲間に託して我王と再戦し勝利するも、暗海の弟子・トントンとゲンゲンに巻物を奪われてしまう。暗海の側に寝返った末永から集英会の桐山の存在を知った高木たちは、敵地へ侵入し流雲の身柄と龍天昇の巻物を取り戻す。高木たちは流雲から龍天昇の「力」とは別に隠された「宝」の正体が兆単位の麻薬だと知らされ驚愕する。龍天昇の巻物奪還と高木抹殺に業を煮やした桐山は大阪中の集英会組員を総動員する。関五工空手部に避難していた高木たちだったが、集英会の組員による無差別の襲撃や龍天昇の解読を依頼していた大阪外語研究学院構内で神雷が集英会の組員に殺害されたことで、高木はついに関西・関東の東西連合を大阪に呼び寄せ集英会との全面戦争に突入する。

東西連合は多くの犠牲の末に大阪城へ集結する。巻物の解読結果から龍天昇を会得するには邪極拳が必要だと知り高木はショックを受けるが、かつての敵であった我王から邪極拳の神髄を伝授されついに龍天昇を習得する。高木はトントン・ゲンゲンとの連戦に突入。見事トントンを打倒するも、ゲンゲンに返り討ちに合い高木は生死の淵を彷徨う。魂となった高木の前に死した神雷と黄天昇の魂が現れる。黄天昇から龍天昇の真の力が「生命力」だと教わった高木は「真龍天昇」を会得し復活する。一方、大阪城に集結した森上たちは桐山のいる大阪の集英会事務所を襲撃。桐山は暗海とともに大阪事務所を放棄して逃走を図る。後を追う森上たちの前にはゲンゲンが立ちはだかる。善戦するも圧倒的なゲンゲンの前になす術のない森上たち。しかしそこへ高木が帰還。理性を消し邪極拳の究極系と化したゲンゲンと新たに得た「生命力」を開放した高木との一騎討ちとなる。両者死力を尽くしながらも最後は高木の二発目の「真龍天昇」によって決着した。

高木たちの死闘の裏で脱出する桐山と暗海の前に広島愚連会を率いる謎の男・赤松剛鬼が現れる。桐山の命乞いをよそに赤松剛鬼は手にしたデザートイーグルで両名を銃殺し巻物を強奪。さらに暗海たちの後を追って現れた高木たちを一蹴するとかねてより手配していた機動隊に一斉検挙させる。騒動の首謀者に仕立て上げられた高木は特別拘置所に送致されることとなった。

善と悪編[編集]

赤松剛鬼の罠にはまり桐山殺しの濡れ衣を着せられた高木は、特別拘置所から関西特等少年刑務所・別名「鬼泣き島」に移送されることになった。鬼泣き島ではルパン・虫・工作という三人の囚人による三つの派閥がいつ果てるともない小競り合いを続けていた。三者のバランスをうまく崩し、ルパンに戦いを挑んだ高木はルパンの正体が剛鬼の師・金周陰であることを知る。金周陰にKOされ、改心した虫が自作した傷薬の激痛を利用し幽体となった高木は天昇と再会する。生前、金周陰と因縁のあった天昇は金周陰、そして剛鬼も使う「合気」の攻略法を幽体の高木に伝授。復活した高木はルパンこと金周陰を見事打倒し鬼泣き島脱出を試みるのだがそこに剛鬼が来訪する。返す刀で剛鬼をも退ける高木。人生初の敗北を知った剛鬼は復讐を誓って退却し、高木は多くの犠牲を払いつつも鬼泣き島を後にした。

鬼泣き島を脱出し大阪に戻った高木は剛鬼の手によって関五工が廃校になったことを知る。仲間たちを人質に取られた高木は剛鬼の格闘技の師にして父・剛之助の金庫番である四人の護鬼たちと「デス・ゲーム」と呼ばれる金持ちたちの賭け試合で闘うことになった。そこで高木は、デス・ゲームの主催者であり、時の最高権力者である内閣総理大臣・赤松剛之助が自分の実父であること、そしてその息子の赤松剛鬼が腹違いの兄であることを知る。剛之助と対立する政治家であり、高木の母親・志子の夫であった天馬人道から剛之助の母への凶状を知らされた高木は宿命を感じつつデス・ゲームを勝ち進んでいく。途中、さらなる力「験力」を得ようと滝行を敢行した高木は自らの煩悩と戦い、ついには釈迦との対話するに至り生命力を倍化させる「験力」を会得する。一方剛鬼はチベットに渡り対高木の修行を行っていた。四人目の護鬼、拳王・鬼龍院茂を苦戦しつつも退けた高木はチベット修行から戻りさらに強力となった剛鬼と最終決戦を開始する。途中、剛之助と母・志子の真実と剛鬼の過去、そして高木自身の過去を交えつつ恩讐を越えた闘いに高木は勝利する。 デス・ゲームを終えた高木であったが会場の外を包囲していた警官隊によって拘束される。護送車で運ばれる高木の姿が周囲の人間の見た最後の姿となった。

十数年後、大阪にて東西連合のOB会が催された。高木の仲間たちは旧交を温め合うが、肝心の高木のその後を知るものは誰もいなかった。そんなとき高木がアフリカにいるという情報が飛び込んでくる。 無罪放免で釈放された高木は桃千代と共にアフリカの紛争地帯に渡り、ボランティア団体の一員兼護衛として力なき人々を今も守り続けていたのだった。

登場人物[編集]

大阪編[編集]

高木義志(たかぎ よしゆき)
本編の主人公。関五工空手部主将で、大阪最大の暴走族・「狂気連合(きょうきれんごう)」頭兼三代目大阪魂。ただし、本人はあまり大勢とつるむことや、無用なケンカを好まない。通称・「極道の高木」。身長:186cm・体重:93kg。口ひげとイナズマカットがトレードマーク。当初は五連続で正拳を繰り出す「正拳五段突き(せいけんごだんづき)」などの空手技を主体に戦っていたが、強敵に出会うたびに新たな拳法を習得していき、太極拳・神極拳・邪極拳・龍天昇等々の拳法を使いこなすようになっていった。愛用のバイクはカワサキ・Z400FXで、平山との対決の際に吉村によってチューンされている。
幼い頃は孤児院で育っており(本作終盤の善と悪編まで両親についての言及はなかった)、人見知りで気の弱い幼少時代を送っている。そんな時神雷功と出会い、空手を習ったことで人生を一変させていった。それが行き過ぎたのか中学時代は手のつけられないワルで大阪中に悪名を轟かせていたのだが、関五工に入学し森上真吾と出会ったことで改心し空手部に入部している。時代ごとに髪型等が大きく変わっており、幼少時代・おかっぱ、中学〜関五工入学当初・パンチパーマ、空手部入部後・イナズマカットとなっている。
ガチガチの硬派を気取っているが、意外にスケベな面があったり、甘いものが好物だったり(特にアイスクリームが大好物。ただし、桃千代が作ったケーキを見て「ケーキは嫌い」と語っていたことも)と、お茶目かつおっちょこちょいにしてデリケートなところも。興奮すると「キャララララ」と奇声を発する。また、実は高所恐怖症である。勉強は理科数学英語は得意だが国語が苦手で、活字を三分以上読むと体が拒絶反応を起こして鼻血が出てしまう。
エピローグでは人知れず出所し、桃千代を妻としていた。そして桃千代と共にアフリカに渡り、物資を略奪しようとする武装組織を素手で一蹴して目的地へ向かうところで物語は幕を閉じる。
松下正(まつした ただし)
空手部の新入生。斉藤と同期で二人セットで行動することが多い。別名「ぴえ〜んの松下」。血液型はB型良の多さで有名な関五工に入学するも、横暴なクラスメイトから悪質ないじめを受けていたため、強くなって箔をつけようと決意して空手部に入部。なお、中学時代は美術部の部長だった。
物語当初の主人公だったが、バトル路線に転向してからは高木に取って代わられた。正義感は強く、空手二段を自称しているが腕はからきしで(空手部ではあるが、喧嘩などに勝った描写は斉藤と共に作中では滅多に無い)、物語の初期は「(時に他の部員らも含めて)事件に巻き込まれてボコボコにされる〜高木が仇をとる」という展開が多かった。臭いを嗅いだだけで嘔吐するほどにが苦手で、意外とマイペースにして現金かつ天然ボケな一面がある。バトル路線に転向後も斉藤や桃千代と共に狂言回しとして多く登場していたが、高木が東京に転校してからはその表向きの遺言で斉藤と共に副主将に任命されるも、舞台が大阪に戻るまでほぼ登場しなくなった。
高木が自らの死を偽装して東京に旅立つ際、高木の遺言で斉藤と共に空手部の副主将に就任。その後は斉藤・桃千代・森上と共に高木の生存を真っ先に知り、その門出を見送った。エピローグでは再開された関五工の体育教師になっていた。
斉藤隆明(さいとう たかあき)[1]
空手部の新入生。V字カットの剃り込みと小さい黒目&口ひげがトレードマーク。松下と同期にしてクラスメイト同士で、二人セットで行動することが多い。別名「平常心の斉藤」。菊池桃子のファンとおぼしき描写がある。松下とマラソン大会でどちらが早くゴールするかで金を賭けて競争するも力尽き、松下にゴールまで背負われて運ばれた際に松下が倒れるや手を伸ばして松下より早くゴールラインに到達したり、日国大付属空手部に因縁をつけられた際には咄嗟に校名を誤魔化そうとするなど、時に機転の利く一面を見せる。
高木が大阪に向かった際に空手部の副主将となる。エピローグではデスゲーム会場でくすねた金の延べ棒一本から商売を始めて大阪で十店舗もの飲み屋を経営し、自家用車としてフェラーリを所有するまでに成功している[2]
本田桃千代(ほんだ ももちよ)
空手部のマネージャー。本作のヒロイン。高木に憧れて空手部に入部する。天然ボケの性格をしており、当初はヒロインというよりマスコットキャラクターのような存在だった。身長:156cm・B:81・W:59・H:86・体重:秘密。泣き声が凄まじく、その威力は破壊音波並み。しかし、素直で優しい少女である。黒髪のおかっぱ頭が特徴だったが、死国連合編以降はロングヘアになり、髪色も東京編以降は紺色になる。関五工の商業部に通っている。
阪神戦争編頃から高木への恋心がクローズアップされ始めるが、どちらかといえば桃千代の片思いだった。高木が東京に転校してからは松下や斉藤とともに一旦フェードアウトしていくが、後に関五工の女番となり、東京編の終わりに再登場する。この際にまりもとのヒロインバトルを征して高木と両想いになる。また、桃千代自身も高木を追って東京に転校し、それ以後は正真正銘のヒロインとして高木の精神的な支えとなっていった。
女性であるため基本的にはバトルに参加しないが、ギャグシーンで高木や松下をボコボコにするなど、マネージャーながら関五工空手部の一年生中最も空手の腕前に優れている。また、高木の身体に刺さった暗海の義手をこっそり抜き取ったり、生死の淵をさまよう高木を呼び戻したりと要所要所で見せ場を作っている。
関東編からは性的な欲望の標的にされることが多くなり、善と悪編では麻薬漬けにされ剛鬼のペットとされたり、護鬼の鬼龍院茂に公開まな板ショーをされそうになったりと受難に遭う。最後は高木に助け出され、エピローグではアフリカで高木に寄り添い行動を共にしていた。
森上真吾(もりがみ しんご)
関五工空手部前主将。高木の一個上の先輩で、唯一頭が上がらない存在の人格者。二代目大阪魂。高木と同じくイナズマカットをしている。左目には過去の神雷戦で受けた傷があり、ほとんど視力が無いらしい。なお、当初部員たちにはその際の対決で神雷を病院送りにしたと語っていた。
普段は不良には珍しいぐらい沈着冷静で、滅多なことでは怒ったり人を威圧することはなく、剽軽で相手の弱みに付け込むことを良しとしない優しい面を持ち合わせる。しかし怒りの頂点に達した時は誰よりも凄まじく、憑りつかれたかのように「クックックッ…撲っ殺したる」と繰り返し口にしつつ眼の前の敵を容赦なく潰す上、止めようとした味方まで分別なく攻撃する非常に危険な性癖を持つ。そのため、「大阪の狂狼(きょうろう)」の異名も持っている。
後の死国連合編では神雷の発勁により残った右目の方も完全に潰されてしまい、それ以後は黒い眼帯を着けるようになったが、再登場したときには眼帯をつけておらず、左目同様に目の上下に走る傷のみになっていた。
得意技は相手に両手で掌底を叩き込む「両刀掌底拳(りょうとうしょうていけん)」。エピローグでは猛勉強の末に弁護士になったことが語られ、さらに皆が追い求めてやまない高木の居場所を突き止めた。
加馬田稲作(かばだ いなさく)
関五校空手部副主将。高木と同期。別段空手の腕もない太った醜男であるが、元来は生来の小心と運動神経の鈍さを理由に周囲から虐げられていた。そこを森上に助けられたことから、彼に憧れて入部。それ以後人一倍空手部を愛するようになり、雨の日も雪の日も部活動は無遅刻無欠席で、それが森上に認められて副主将に抜擢された。
新人いびりを好む性格も悪い人物であるが、高木には度々成敗されているため頭が上がらない。そんな彼だが、阪神戦争編では高木の留守中に空手部を襲撃してきた神戸勢に体を張って抵抗するなど、副主将として男を見せたこともある。高木が東京に向かった際にはその表向きの遺言によって空手部の主将となる。
水口(みずぐち)
関五工空手部の2年生。モヒカンヘアとロッカー風のメイク、オカマ口調が特徴。本編開始以前における昨年度の新入生歓迎コンパニオンにて先輩からの「根性注入」と称した制裁を受け、その影響で男色の気に目覚めた。
漫辞(まんじ)
関五工空手部の2年生。卍マークを模した髪形が特徴。
福間(ふくま)
空手部の新入生で、スキンヘッドが特徴の純情な青年。高木に恨みを持つ勇次(後述)の襲撃を受けて入院したことがある。後に奈良林の計略がきっかけとなり、光代と交際。彼女と結婚し、その間に一児を授かる。最終回では光代と長身に成長した息子を連れて同窓会に顔を出している。
富田(とみた)
空手部の新入生で、長身。とぼけた印象だが、実力行使の際は意外とえげつない。三点倒立が得意。
忍穂井(おしほい)
空手部の新入生。名前を名乗っていたコマでは顔が隠れており、劇中で名乗っていない新入生たちの顔を見る限り、どの新入生が彼なのかは不明。空手部の新入生歓迎コンパにおいて行われた「根性パフォーマンス」ではパンツから睾丸をはみ出させ、「稲荷寿司」と称する下品な一発芸を見せた。しかし、その場にいた三年生たちからは受けなかった。
中尾(なかお)
空手部の新入生。新歓コンパでの根性パフォーマンスでは皿の上に脱糞し、「カレーライス」と称する下品な芸を見せた。こちらも三年生たちには受けなかった。
古田(ふるた)
空手部の新入生で、縞模様の髪形をしている。とぼけた印象で、語尾が舌足らずなのが特徴。
杉本(すぎもと)
空手部の新入生で、眉毛が繋がっている。プラモデルを作るのが得意なアニメファンで、先輩によって無理矢理空手部に入部させられた。体力不足で、たびたび空手部の過酷なシゴキにさらされては松下に心配されている。一度は退部も考えていたが、松下たちとの思い出を忘れられず、根性を振り絞って空手部に残ることを決意した。
山口文太(やまぐち ぶんた)
関五工空手部OBであるヤクザで、高木や森上とも顔見知りである。見たら最後二度と見ることはできないといわれる日本刀を振り回す伝説の技・「長ドスの舞い(ながドスのまい)」を得意とすることから「人斬り山口」の異名を取る。極道狂な性格のヤクザながら悪人ではないが、怒らせると「両親は健在か?」の問いと共に相手に牙を剝く。加えてかなりの酒乱であり、酔うと見境なく暴れ回る。ちなみに射的は下手だが、本人いわく「コルトガバメントで五人の敵を大阪湾に沈めた」と語っている。
網走の刑務所から三年の刑期を終えて出所後、関五工の文化祭に姿を見せる。しかし、エアガン射的コーナーで騒動を起こしている所に各模擬店の護衛をしていた松下たちが駆け付け、紆余曲折の末に松下たちが事情を知ったため意気投合する。しかし、松下たちが大量の酒を飲ませたことで泥酔し暴走。文化祭をメチャクチャにし、周囲からの催促で渋々止めに入った高木と対決。長ドスの舞いで高木を切り刻むも、激昂した高木に一蹴される。
岩鉄(がんてつ)
関五工の体育教諭にして空手部顧問で、関五工のクラブ相談も行っている。何かと「青春」を口にしており、スキンヘッドに後ろから見ると漢字の「青春」の形に髪の毛を残した独特の髪形をしている。部には月一回ほどしか来ないものの、一度来ると「シゴキの一つや二つ青春と思えば何でもない」の信条の下に病院送りが2~3人出ると言われるほどの伝説的なスパルタ指導を行うため、高木を含め部員たちからは恐れられている。
しかし、高木が自身を恨む勇次の手で部員たちが傷付けられた折、責任を感じて理由も言わずに彼に退部届を出した際には、当初こそ痛めつけてまで理由を吐かそうとしたものの、最終的に「自分の決めたことに悔いのないように」と激励。後に高木と勇次の喧嘩の一部始終を目撃するや退部届を破り捨て、二人を病院へ連れていくなど粋な一面も見せる。松下と斉藤のクラスで体育を教えている教諭・千葉(ちば)の病欠時には、彼の代理として体育の授業を受け持ったことも。
大師範(だいしはん)
岩鉄の空手の師にして破剛神明流(はごうしんめいりゅう)空手の継承者である老人で、岩鉄以上のスパルタぶりを見せる。禿げ頭に女性器の簡略図のような傷(アニメでは頭頂部の縦に走る一本傷が無くなっている)を持ち、86歳と4か月の高齢ながら空手の腕前はかなり高い。その一方、高齢を迎えたことで自身を「若者」と称するなど年に関して敏感になっており、「じじい」・「老人」・「年寄り」・「糖尿」などといった年齢に関する言葉を聞くと激怒して傷から血が噴き出し、周囲に襲い掛かるが、「ゴンドラの唄」(アニメでは「故郷」)を聞くと沈静化する。しかし、極端に激昂している時はこの方法が通用しない。元旧日本軍の兵士らしく、太平洋戦争時代にラバウルに赴いていたことを示唆させる発言をしている。
ひよこ
本作のマスコット的存在。道端で一羽50円で売られながらも路上に放置されていたところ、高木に拾われた四羽のヒヨコたち。ひよ子(ひよこ)・ひよ吉(ひよきち)などの名前がある。拾われてから半年後に成長するも、高木によってフライドチキンにされた。その後も一羽だけ二代目が登場し、東京編では佐藤に追い詰められた高木の口元に栄養ドリンクを運んで飲ませ、逆転のきっかけを作っている。
桃千代の母
桃千代の母親で、太めの体系をしている。事件に巻き込まれた娘の身を案じることもしばしば。
杉本の母
杉本の母親。息子を「ヒロちゃん」と呼ぶ。
安藤誠(あんどう まこと)
関五工ボクシング部主将。かつて暴力事件を起こして停学を喰らっていたが、停学が解けた折に高木と決闘を行う。初戦では懐に入れたひよこたちを高木が庇ったため勝利するが、再戦にて「体全体が武器」である空手を駆使する高木に拳しか使えないボクシングの弱点を突かれ、敗北。それ以後は高木の友人となり、数多く登場した。愛車はトヨタ・ソアラで、甘いものが苦手。死国編において死鬼神に敗北するも、高木の遺言によって西大阪を預かる大阪魂補佐に任命される。エピローグではボクシングジムを経営していると語られている。
アニメでは高木との決闘に至る経緯が描かれておらず、最初から彼の友人として登場している。
川口(かわぐち)
関五工ボクシング部部員。高木が安藤に敗れた後、松下ら空手部員に対してパシリをさせるなどの傲慢な態度を取っていた。しかし、高木が安藤との再戦を制するや松下と斉藤に逆襲される。
嵐山勘十郎(あらしやま かんじゅうろう)
関五工で三十年間生活指導を担当している教師。厳格な性格で、校則違反者に対しては手にした「教育精神注入棒(きょういくせいしんちゅうにゅうぼう)」の殴打で制裁を加える。校則違反と喧嘩の絶えない高木を問題視し、「喧嘩を行えば空手部を廃部にする」と条件を取り付けたこともある。
上田ひろし(うえだ ひろし)
関五工の三年生で、ラグビー部キャプテン。超高校級のラグビーテクの持ち主でもある。高木の身体能力に目を付け、度々ラグビー部に誘っている。部に十二人しか部員がおらず、なおかつ地区大会で二回戦進出を果たしていない弱小チームであることを日国大付属のラグビー部に嘲笑され、さらに高校生同士の賭けで大穴扱いされていたのを聞いた高木が憤慨し、関五工の勝利に十万円賭けると同時に助っ人に加わる。試合途中に尾田によって負傷させられ戦線離脱するも、高木たちの活躍によって二回戦に進出することができた。
林(はやし)
関五工の生徒会長。眼鏡をかけており、不正を許さない真面目かつ勇敢な少女。関五工を不良のいない楽しい学校にすることを目的としており、空手部を目の敵にする。松下と斉藤が電車内で痴漢を行っている不良グループを成敗した姿を写真に収め、一度は彼らの暴力行為を理由に空手部を一週間の休部に追い込む。しかし、松下たちへの復讐を画策する不良たちに捕らえられるが、高木たちにより無事救出される。その際に高木たちをわずかながら認め、空手部の休部を取り消した。東京編の林行治との関係は不明。
吉村(よしむら)
関五工の特待生で、女性的な所作と口調から「オカマの吉村ちゃん」と呼ばれる。弱冠17歳にしてバイク・車に関してプロ顔負けの技術力を持ち、ファクトリーチームからもスカウトを受けるほど有名。マシン整備の腕前には絶対の自信を持っており、マシンをとても大事に思っている。平山とは旧知の中で、共にカーレースの本場・ヨーロッパ進出を目指していた。だが、平山が足を負傷してレースが続けられなくなり(自身もその際の事故でかすり傷を負ったが回復している)、次第に平山との距離は離れていった。阪奈のこうもりに抜かれた高木からKAWASAKIのチューンを依頼されるも、この一件に平山が絡んでいると悟るやそれを渋る。しかし、平山の「死人が出ようと走り屋気取りは許さない」との態度を見たことで高木への協力を決意する。その後は平山を止めようとすべく、自身のチューンしたバイクに乗った高木を支援。レース後は改心した平山に「いつまでも夢を捨てずに待っている」との旨を伝えた。最終回において、WGPロードレース最速マシンを作る名エンジニアとなっていることが語られた。
山田(やまだ)
松下のクラス・1年2組の生徒。肥満体と縞模様の髪形が特徴。相棒のクラスメイト一名と共に、松下や斉藤を含めたクラスメイトたちに弱い者いじめを行っていた。しかし、松下と斉藤によって相棒もろとも成敗される。
立山(たてやま)
松下と斉藤のクラスメイト。山田たちにいじめられていたが、松下たちに助けられる。その後、加馬田ら空手部の二年生部員たちにカツアゲをされていた所、高木の激励で勇気を振り絞った松下と斉藤が助けに入るも、彼らが二年生たちに痛めつけられるや逃走した。
戸沢(とざわ)
関五工の保健体育教諭で、一年二組で保健体育を教えている。山田たちを成敗して自慢げの松下に対し、着席するよう促した。
アホ犬(アホいぬ)
ランニング中の松下が川に浮かんでいる所を発見した捨て犬。高木に無理やり川に飛び込ませられた松下によって救出され、松下に恩を感じて空手部の部室に居着くようになる。松下を振り回しながらも時には助けていき、彼とは強い絆で結ばれる。しかしある時、急性型のレプトスピラ症に倒れ、動物病院に入院する。だが、預けられた先の保健所から脱走し、最期の力を振り絞って空手部にやって来る。松下との再会もつかの間、力尽きて死亡。その後、部室の側に墓が建てられた。
東福寺(とうふくじ)
高木のクラスである2年1組にやって来た転校生。攻防共に優れた精林寺拳法(せいりんじけんぽう)なる拳法の使い手で、強者に勝つために自分を鍛え、最強の男にならんとする。転入早々高木のクラスの実力者たちや三年生グループを一蹴し、さらに高木を標的とする。高木と戦おうとするもことごとく逃げられ、最後の手段として部員たちを痛めつけて彼を挑発。一度は空手の単調な戦術を完封して高木を破るも、精林寺拳法を研究した上で捨て身の戦術を取った高木に敗北する。
上級生の女子生徒
桃千代のクラスメイトの不良女子生徒たちが桃千代に陰険な嫌がらせを繰り返した末、耐えかねて自分たちに立ち向かった際に助っ人として呼んだ大柄な女子生徒。鎖を武器としており、桃千代との初戦では男子生徒をも倒す彼女の正拳突きを物ともしないタフさを見せて完勝。再戦では高木の秘策で素早い動きに対処できるようになったものの、不良生徒たちに右手を負傷させられながらも高木のかけた暗示で一度だけ右手が使えるようになった桃千代に動きを見切られ、顔面に正拳突きを受けて敗北。全治一か月の重傷を負った。
全子(ぜんこ)
桃千代のクラスメイトである不良女子生徒たちの一人で、長髪とマスクが特徴。高木を自分たちの側に引き込もうと企み、桃千代に嫌がらせを行う。彼女たちに対抗する姿勢を見せた桃千代の右手を戸で勢いよく挟んで重傷を負わせるも、単独でトイレに向かった際に高木の授けた策を実践した桃千代に一蹴される。その後は他の不良女子生徒たちと共に桃千代を慕うようになった。
山田(やまだ)(旧三年生)
高木が関五工に入学した当時の三年生の頭を張っていた男子生徒。プライドが高くかなりの卑劣漢。入学式当日に上級生たちにケンカを売ろうとした高木の呼びかけに応じ、当時の関五工の実力者たちの大半と共に体育館裏に集合。高木に襲い掛かるが、彼の圧倒的な強さの前に敗北。その後は森上に高木を倒すよう取り入るも失敗し、高木のバイクに工作をして彼に重傷を負わせる。さらにバイクに工作したのは森上であると高木に吹き込み、空手部に殴り込みをかけるよう仕向けて共倒れさせようとする。
高木と森上が相打ちになった所で空手部を襲撃して壊滅させ、止めに空手部の看板を燃やそうとするも、復活した高木の猛攻によって仲間たちは退散。自身も高木と森上の鉄拳を受け、鼻を折られて敗れる。その後は長らく高木らと会わなかったが、高木が喫茶店で森上との馴れ初めを松下たちに語っていた所に舎弟を連れて現れ、骨折のために曲がった鼻を見せている。舎弟には「森上を一撃で倒した」と触れ回っていたが、二人に再会するや彼らに軽口を叩いた舎弟を厳しく叱責しつつも殴打し、慌てて逃げていった。
佐川章夫(さがわ あきお)
関五工を目の敵とする高校・日本国体育大学付属高校空手部主将(当初は副主将)。かつて空手の公式試合において、高木の顔面に拳を当ててしまい反則負けするも裁定に納得のいかない高木が暴走したため、逆に反則勝ちとなった過去があった。そのため後に真の決着をつけるべく高木と決闘するが敗北した。高木の友人の一人であり、何度となく再登場している。得意技は正拳を四連続で繰り出す「正拳四段突き(せいけんよんだんづき)」と両鎖骨の間の秘中を突く「秘中正拳突き(ひちゅうせいけんづき)」。
死国編では飯村を瞬殺し、続く死国連合との対決では死国連合のアジトとなった大阪南港倉庫に森上たちと同行。彼らを神雷の下へと向かわせ、北村・篠崎・外川・飯村と共に殿軍を務めるも、全員が死国連合の人海戦術に散る。また、高木の遺言により新たに大阪魂補佐として東大阪を預かっている。エピローグでは空手道場を開き、子供たちに教えていると語る。
稲垣大字(いながき だいじ)
日国大付属空手部の先代主将。高木との公式戦に挑む佐川に対して、「学校のメンツにかけて絶対に勝て」と檄を飛ばした。その後、試合の裁定に納得が行かない高木が佐川に喰ってかかるや「どんな形でも優勝すればいい」と反則勝ちを肯定。反撃しようとする佐川を制止した。
尾田(おだ)
全国大会にも出場する名門チーム・日国大付属ラグビー部の主将。笑い声は「グシュシュ」で、その巨体から高木に「アンドレ」と呼ばれる。強烈な張り手を得意としており、ラグビーでは巨体を生かした強烈なタックルを駆使する。その実力から関五工ラグビー部を侮っていたが、それに憤る高木が関五工ラグビー部の勝利に十万円を賭ける形で挑戦状を叩きつけ、大阪地区大会の一回戦で高木・松下・斉藤が助っ人に加わった関五工ラグビー部と対戦する。高木と上田を徹底的にマークし、さらに審判に気付かれないようにわざと高木の顔面にボールを当てさせたり、圧倒的点差をつけて関五工を追い込む。しかし関五工の力押しによって点差を縮められ、焦った彼はタックルの際に上田の顔面に膝蹴りを喰らわせて負傷させるも、ボールを持った松下を強引に放り投げてトライする高木の奇策と高木がゴールキックを決めたことで敗北。試合後は高木との交渉で掛け金三百万円を払えず、うろたえる所に高木の正拳を受けて倒れる。
北村剛(きたむら つよし)
私立忍ヶ丘学園(しりつしのびがおかがくえん)相撲部主将。おたふく風邪の高木に挑むが、根性を見せた高木に投げ飛ばされ敗北。阪神戦争編ではキタに侵攻してきた末永らによって、仲間たちもろとも蹂躙された。死国編では大阪魂決定戦に参戦するが高木に再び敗北。龍天昇編で再登場するもののゲンゲンに踏み潰される。
竹田光代(たけだ みつよ)
松下たちが奈良林と同行した際、彼がナンパして連れて来た美少女。年齢は松下たちより二つ年上。福間といい感じになり一夜を過ごすが、翌日自身が妊娠したと福間に語る。しかし、実は奈良林の愛人で、奈良林の悪事に加担していた。そうとも知らずに子供の養育費を稼ぐためにアルバイトに励む福間の姿を目の当たりにし、かつ高木から真相を聞かされた松下たちの説得を受けて改心。事件解決後は福間に真相を話すも、それ以降は本当に妊娠していたこともあって交際するようになり、エピローグでは夫子と共に同窓会に参加している。
五月飛鳥(さつき あすか)
レディースチーム・「女凶(めきょう)」の元・頭補佐にして三代目頭で、恵の姉。勉強が得意でストイックな性格から「優等生の飛鳥」と呼ばれていた。中学時代にクラスメイトの高木と優子に助けられたことがきっかけで優子と親しくなり、彼女から棒術を教わる。しかし、優子の事故死を機に女凶を解散。その後は恵が女凶を再結成したことを知り、彼女を引き留めるも聞き入れられず、高木に恵を説得するように告げるも、恵が後述の理由によって事故死。その最期を看取った後は優子と恵の死の遠因となった大阪中の暴走族に対して復讐を誓い、血のにじむような努力と周到な準備の下に女凶を再結成する。
鉄の棒を駆使した棒術で安藤を襲撃して負傷させた後、恵と優子の墓参りに来ていた高木を襲撃し、重傷を負わせる。さらに寺本や松下たちを襲撃するも、桃千代が松下を庇って重体となり、退却。その後は安藤に追い詰められて逆襲されるも、静止に入った高木の説得にも聞く耳を持たず彼を痛めつける。だが、森上に「あんたの行為は親友と妹を失った悲しみのはけ口を自分たちに向けているだけ」と諭され、自身も傷つきながらも立ち上がる高木の熱意に心打たれて復讐を断念する(なお、桃千代は一命を取り留めた)。その後は高木たちと和解し、安藤に対してはかつての因縁から喧嘩しつつも気が合う様子を見せており、次第にいい関係になっていった。エピローグでは安藤と結婚することが決まった。
佐野優子(さの ゆうこ)
女凶の初代頭で、大川十中時代の高木の彼女。棒術を得意とするクールな不良ではあったが、正義感が強くクラスのマドンナ的存在であった。高木と共に飛鳥を庇ったことがきっかけで彼女と親しくなり、飛鳥に棒術を仕込んでいた。寂しがり屋で不良の烙印を押されている少女たちの憩いの場を作ろうと女凶結成を思い立ち、飛鳥を頭補佐に任命する。しかし、高木に関する暴走族抗争の折に敵対グループからレイプを受け、放心状態の所を車に撥ねられて死亡する。
五月恵(さつき めぐみ)
女凶の二代目頭[3]を張る15歳の少女で、飛鳥の妹。明るく軽い性格。通称・「メグ」。二年前に自身が女凶に所属して初めて参加した暴走族の集会にて出会った高木に憧れ、暴走族の道を歩む。しかし、女性が暴走族をすることに対して否定的な態度を取る高木に励ましの言葉をかければ睨まれ、再会した際には暴走族をやめるよう言われるが、それは彼が付き合っていた初代頭の優子が先述の理由で交通事故死したことが原因であった。
そうとは知らずに高木を振り向かせるべく彼を狙う京神連合から高木を逃がし、高木からはそのことで釘を刺されるも、二年前の励ましの言葉を彼女から聞いたことに関して内心では感謝されていたことを知り、女凶の解散を決意する。しかし、大門に復讐目的で捕らえられ、奇しくも優子と同じくレイプされて放心状態の所を車に撥ねられ、瀕死の重傷を負う。病室に駆けつけた飛鳥に「悪いのは自分で、高木に責任はない」と告げて死亡。この一件が飛鳥を復讐に走らせる原因となった。
サチ
女凶の一員で、ボディコン姿で肥満体の女性。京神連合から高木を逃がす際、ロープを電柱に括りつけて罠を張り、京神連合を食い止めた。
ヒロエ
女凶メンバー行きつけのスナック・「NOBU(ノブ)」のママ。恵に高木を助けて振り向かせることを提案する。しかし、大門の行為が原因で恵が事故死すると、病院にある彼女の亡骸の前で後から来た高木に涙ながらに事情を説明した。
平山恵二(ひらやま けいじ)
二年前、筑波サーキットSACレースにおいて弱冠19歳で優勝した経歴を持つ元・凄腕レーサー。フロントにコウモリのマークの描かれたマツダ・NEWセブンを愛車にしている。相棒の吉村と共にヨーロッパで走ることを夢に活動を続けていた。しかし、レーサー気取りの素人ドライバーが強引に彼と吉村の乗る車に勝負を挑み、その際に自車が相手車に突っ込まれたことで左足をめり込んだエンジンに挟まれて負傷し、その傷が原因で二度と素足でクラッチを踏めなくなった。その後は走り屋たちへの復讐を決意し、阪奈道路にて走り屋たち相手に過激な競争を仕掛けるようになり、「阪奈のこうもり」と呼ばれるようになった。
KAWASAKIに乗った高木を初対面で追い抜き、川に転落した高木を嘲笑して去り、プライドを傷つけられた高木を乗せた安藤のソアラをもコーナーで煽って縁石に衝突させ、いずれもバンドエイドを高木に渡して姿を消している。しかし、内心では吉村と共に走りたい気持ちと事故に陥らせた相手への罪悪感を抱いており、対戦相手にも熱い走りを求めていた。だが、ある時弾みで対戦相手の車を突き飛ばして大破炎上させ、ドライバーを死なせてしまう。その後は吉村がチューンしたKAWASAKIを駆る高木と最後のレースを行い、自身を逮捕しようとする警官の邪魔や負傷を物ともせずに走り続ける高木に敗北し、自身の愛車も転倒し大破。しかし、レーシングスーツを着用していたため軽傷で済み、高木からバンドエイドを返されると共に「今度はサーキットで熱い走りを見せてくれ」と激励される。その後は傷害致死罪によって少年院に送致されるも、一年後にレース活動に復帰した。エピローグでは苦労の末にF1パイロットに昇格している。
民宿のおばちゃん
関五工空手部が毎年合宿にて宿泊している北海道函館市にある民宿の主人。明るい性格で、料理と裁縫が得意。一人息子のひろしと暮らしているが、ある時合宿に来ていた空手部に民宿の閉店を告げる。実はひろしは自身の夫を殺した人物の息子であり、そのことを知るヤクザに付けこまれて金を取り立てられていた。民宿を売って用意した三百万円でヤクザと手を切ろうとしていたが反故にされそうになり、危うい所を高木たちに助けられ、民宿も存続することとなる。
ひろし
民宿のおばちゃんの息子である少年。実はおばちゃんの実の子ではなく、彼女の夫を殺した殺人犯の息子。そのことを知らないままおばちゃんに育てられていた。夜中に偶然悪夢にうなされたことで起きてしまい、おばちゃんを脅すヤクザたちを目の当たりにする。おばちゃんを守ろうとしてヤクザに一蹴されるが、松下や高木がヤクザに立ち向かったことで助かる。先述の上田ひろしとは別人。
榊原(さかきばら)
松下の中学時代の後輩である立山東中学校の女子生徒で、美術部の部長。他人に遠慮しないトラブルメーカーだが、松下のことは慕っている。偶然松下と再会し、自身の失言がきっかけで不良に絡まれるも、松下の機転で助かる。その後、自分にしつこく言い寄る男子生徒を「自分の彼氏である松下を倒したら付き合う」と煽ったことがきっかけで松下が危機に陥る。しかし、松下は根性を見せたことでその場を切り抜け、その後は彼を見送った。
野村(のむら)
17歳ながら何度も傷害事件を起こして少年院を行き来している凶暴な少年。メリケンサック・ナックルカイザーを装備しての殴打を得意とする。榊原と付き合おうとする男子生徒が高木を松下と勘違いして襲撃し、返り討ちに遭ったため、助っ人として呼ばれた。偶然松下を目撃し、倒そうとする。しかし、何度殴られても根性で立ち上がる松下に根負けし、高木のことを知らないまま「男子生徒たちが本当にやられた相手を倒せば文句はない」と見逃す。しかし、偶然出会った高木に男子生徒たち共々敗れる。
多田勇次(ただ ゆうじ)
高木の幼馴染で、大川第十中学校(おおかわだいじゅうちゅうがっこう)[4]在学時代は将棋部に所属していた。二年前、昇段試験の受験が決まった当日に高木の頼みを受け、殴り込みをかけてきた他校の不良たちを迎え撃つも、劣勢になった高木を救うために将棋の駒を相手の口に詰めて殴ったところ、その相手が弾みで舌を噛み切って死亡。それが原因で少年院に入れられた挙句将棋の道を断たれ、高木への恨みを募らせながら院内での喧嘩を勝ち抜いていった。
少年院を出た後、高木に精神的苦痛を与えるべく通り魔的に福間や松下を襲撃して重傷を負わせる。その後、自身が死なせた相手の墓参りに向かった際に、部員たちを守って事態を収拾するために岩鉄に退部届けを出した高木(彼も責任を感じて毎日のように墓の掃除に来ていた)と遭遇し、対決。将棋の駒を指の間に挟んでメリケンサック代わりにしたり、相手の口に駒を詰めてから殴打して相手の歯を折る戦法で高木を追い込むが、高木に将棋への未練を持っていることを看破された上、決死の一撃を喰らい敗北。その後は岩鉄によって高木共々病院へ搬送され、高木とも和解した。なお、高木は彼が回り将棋を志しているものと勘違いしていた。
立花(たちばな)
京橋一帯を取り仕切る集英会系ヤクザ組織・「関西連合集英京神会(かんさいれんごうしゅうえいきょうしんかい)」の組長。卑劣で陰険な性格。山根を叩きのめした松下と斉藤を自分たちの事務所に連れて行き、落とし前として30万円を払うよう二人に要求する。頑として支払いを拒否する松下らに業を煮やして暴行を加え、松下の左腕を折る。しかし、斉藤の機転によって電話で呼び出された高木が事務所に現れたことで形勢逆転され、けしかけた組員たちも倒される。追い詰められた彼は関係組のヤクザたちに招集をかけようとして高木らを脅し、無抵抗で松下らを返そうとする高木を痛めつける。さらに松下たちに400万円を払うよう要求した上で高木をドスで刺すが、激怒した高木に倒される。
山根純二(やまね じゅんじ)
斉藤の中学生時代のクラスメイトで、喧嘩が弱いながらも強者の影に隠れてはしゃいでいた小物のチンピラ。中学卒業後は集英京神会の組員となっている。銀行から空手部の部費をおろして帰る斉藤と偶然出会い、斉藤から部費を奪って辱めた上で痛めつける。しかし、松下の助けを借りた斉藤に逆襲される。その後は立花らの介入で助かるも、彼らから制裁を受けた。
大門純(だいもん じゅん)
京都を拠点とする、三本柱台頭前の神戸を7日で支配下に置くほどの凶暴な暴走族・「京悪(きょうあく)」を中心に構成される暴走族連合・「京神連合(きょうしんれんごう)」の頭。額にホクロがある。「鬼の生まれ変わり」と呼ばれるほどの極悪非道さを誇り、大阪を我が物にするべく高木を狙う。高木を襲撃するも、女凶の妨害で逃げられてしまい、自身もバイク搭乗中に女凶の仕掛けたロープに引っ掛かり、転倒して負傷。その後、復讐のために恵を拉致して犯し、彼女の死を生む結果となる。その行為が高木の怒りに触れ、京都に殴り込みをかけた高木の猛攻に押される。命乞いも虚しく、自身のバイクを投げつけられて敗れる。
奈良林(ならばやし)
福間の中学生時代の二学年年上の先輩で、2メートルほどの長身にして美形。「ひっかけの奈良林」の異名をとるほどのナンパ名人で、福間たちの憧れの的だった。松下たちに光代たちを紹介するが、実際は自身の愛人たちに妊娠させられた風を装わせて大金をゆすり取る恐喝行為を行っていた(高木もその噂を聞き知っていた)。真実を知った松下たちの説得にも応じず、これ以上の悪事への加担を拒む光代を殴り倒す。怒りに燃えて立ち向かう松下を一蹴するも、高木から石を手渡された松下に殴り倒される。
大塚直也(おおつか なおや)
北原高等学校(きたはらこうとうがっこう)の生徒にして、ボクシング部員である美男かつ高木を上回る長身の高校生。少年時代からボクシングを嗜んでおり、Jr.級チャンピオンの座に上り詰めるほどの超高校級のボクシングセンスとアイドル並みの人気を誇る。安藤のボクシング地区予選における最大のライバルでもある。しかし本性は好色かつ傲慢で、女性を落として性行為に及んでは不良仲間に回すことを好む冷酷な人物。
チャラついた男性たちに絡まれていた桃千代を救い、巧みな手口で彼女の心を射止める。そして桃千代を「誕生パーティーを祝う」との名目で部室に呼びつけ、犯そうとするも、すんでの所で逃げられてしまう。桃千代は彼らに追われた末に階段から転落し重体となり、その現場を目撃した高木の逆鱗に触れる。その後、桃千代の敵討ちのためにボクシング部の助っ人を買って出た高木と地区予選の決勝戦で対決し、高木を猛ラッシュで苦戦させる。しかし、意識を取り戻して病院から会場に駆け付けた桃千代の応援で復活した高木の正拳五段突きで吹き飛ばされ、ロープで跳ね返ったところに強烈なアッパーを顎に受けて敗北。その際に顎を複雑骨折し、後日その傷が致命傷となってボクシング界から姿を消した。
古田(ふるた)(解説者)
全国高校ラグビー大阪地区大会の一回戦にて、解説者を務めていた眼鏡の男。日国大付属ラグビー部の勝利を信じて疑わず、関五工ラグビー部を嘲笑する。しかし、高木が日国大付属相手に先制点を取るや放心状態となっていた。
谷田部(やたべ)
電車内で女子高生相手に痴漢をしていた不良グループのリーダー。強い者には弱いが、弱者にはとことん手を出す加虐的な卑劣漢。松下と斉藤にその現場を目撃され、彼らに因縁をつけて電車から降ろすも、松下たちが咄嗟に反撃したことで取り逃がす。その後、空手部が林に目を付けられたことで喧嘩を売られることを危惧する二人を下校時に急襲。さらに後を付けて来ていた林を捕らえ、手が出せない松下たちをいたぶる。さらに松下たちに林の身代金五万円を要求し、彼女を連れてスナック「KING(キング)」にたむろす。しかし、高木が「一時間以内に林を救出できなければ、自分が全責任を負う」と豪語してスナックに駆けつけ、校則を持ち出す林の前で戦えない彼を痛めつけるが、彼女の機転で反撃できるようになった高木の猛攻の前に仲間たち共々敗北。その後は自分たちの痴漢行為を認めた。
竪山(たてやま)
桃谷東第六高等学校(ももだにひがしだいろくこうとうがっこう)の三年生。仲間たちと共に加馬田に因縁をつけて痛めつけるも、それを恨んだ加馬田が空手部員たちを(多少話を誇張していた)集めて殴り込みをかけ、彼らに囲まれる。命乞いも虚しく加馬田たちにボコボコにされるも、桃谷第六の不良生徒たちが集まったことで形勢逆転。空手部を追い詰め、落とし前として伝統の改造学ランを集めて燃やそうとする。当初こそ降参した加馬田だったが、自身の学ランに施された「根性」の刺繍を見たことで再起。竪山自身は加馬田の逆襲を受け倒される。この一件以降、松下たちは加馬田のことを少し見直した。

阪神戦争編[編集]

寺本(てらもと)
関五工応援団団長で、ちょび髭と角刈りが特徴。初登場時には末永が大阪に襲来するとの噂を高木に告げた。飛鳥によって再結成された女凶に襲撃され、重傷を負ったことも。後述の寺本清一とは別人。
友子(ともこ)
桃千代のクラスメイトにして友人の女子生徒。ポニーテールが特徴。桃千代たちと共にクリスマスパーティーを行ったことも。
福島(ふくしま)
高木や森上かかりつけの医師で、福島外科(ふくしまげか)の院長。闇治療も行っており、高木やその仲間たちに対しては無料で治療を行っている。神戸の三本柱との激闘で負傷した高木を治療した際、自分のために仲間が傷つくことに悩む高木を「怪我というものはは気力や体力でどうとでもなる、悩んでいる暇があったら傷を治せ」と激励している。大阪での自身の影響力が大きくなりすぎたことに悩む高木に対して東京へ行くことを勧めており、その際に旧知の中である花森に彼のことを紹介している。
千葉直樹(ちば なおき)
狂気連合幹部である大阪魂補佐の一人で、他の補佐たち同様森上の先輩にあたる。北大阪を預かるパチキの名手。当初は他の大阪魂補佐たち共々高木の高圧的な態度を快く思っていなかったが、森上から命懸けで「高木なら大阪を任せられる」と告げられたことで和解。阪神戦争ではリックに立ち向かうも、パチキが通じずに完敗。
大隈雅人(おおくま まさと)
大阪魂補佐の一人で、西大阪を預かる。サングラスとパンチパーマが特徴で、強烈なパンチ力を誇る。只木とともにリックに挑むも、攻撃が効かずに敗れる。
只木裕(ただき ゆたか)
大阪魂補佐の一人で、南大阪を預かる。木刀を武器としている。大隈共々リックに敗北する。
園中篤(そのなか あつし)
大阪魂補佐の一人で、東大阪を預かる。指突きを駆使して戦う。リックに倒される。
入倉利之(いりくら としゆき)
狂気連合特攻隊副隊長。高木が不在の間に自分たちが神戸勢を倒すと息巻くが、高木をおびき出そうとするリックによって瞬殺される。
末永禅(すえなが ぜん)
元・六甲山水産高校(ろっこうざんすいさんこうこう)応援団団長で、通称「神戸の六甲おろし」。かつて他校応援団との間に起こった揉め事の際、相手側三十人を半殺しにしたために退学を喰らっている。六甲山の石で作った数珠を振り回す。僧兵のような格好をしており、坊主頭とヒゲ面が特徴。己の勝利や栄達のためなら卑劣な手段も辞さない。
桃千代とのクリスマスパーティーまで喧嘩をしないと彼女に誓った高木を急襲するも、まんまと逃げられる。その後、空手部に殴り込みをかけて高木と行った初戦では彼を負傷させるも、森上以下空手部員たちの介入によってまたも取り逃がす。デート当日での再戦にて高木を苦戦させるも、負傷個所に着けたギプスに守られた高木の反撃を受けて敗北。その後は他の三本柱と結託し、さらに神戸に潜入した高木・松下・斉藤を捕らえた上で大阪に総攻撃を仕掛ける。神戸から脱走した高木をおびき寄せるために部下に森上を痛めつけさせるも、復活した高木が現れ、墓地で対決。攻撃を見切られて追い詰められ、松下を人質に取るも高木のアドバイスを受けた松下の反撃を受けて彼を離してしまい、高木に自らの数珠を奪われて首を吊られ失神。
その後は他の三本柱たちと共に高木に感化され、心強い味方となる。死国編では三本柱全員で神雷と対決することに悩む高木を試し、流雲の下に案内した。さらに神雷に敗れた森上たちを救出し、神雷に挑むもあえなく全滅。
作品中、自発的[5]に高木を裏切った唯一のキャラクターでもある。エピローグではやはり自身も改心し、地元・神戸で石材店を経営していると語っている。
龍隆・虎隆(リュウリュウ・コウリュウ)兄弟
通称「神戸の死神」・「龍虎(リュウコウ)」。冷静沈着な兄の龍隆と血の気の多い弟の虎隆で構成されており、笑い声は「ケケケケケ」。双子の太極拳の使い手で黄流雲の弟子。龍隆は相手の死角に走り寄って裏拳を喰らわせる「金剛搗捶(こんごうとうすい)」と強烈な裏拳・「鍬地竜(しゅうちりゅう)」、回し蹴り・「旋風脚(せんぷうきゃく)」を、虎隆は相手の両耳に正拳を喰らわせる「双峰貫耳(そうほうかんじ)」と相手の耳に拳を喰らわせ、その衝撃が内耳から脳を直撃する「背折靠(はいせつこう)」をそれぞれ得意としており、二人で一列に並んで両手で正拳を繰り出す合体技・「四手死虎捶(ししゅしこうすい)」は強烈の一言。
末永敗北後に大阪に潜入し、その髪型から森上を高木と勘違いして奇襲をかけるも、高木らの介入により退却。大阪総攻撃の際には関五工を襲撃し、森上を撃破する。双子ならではの合体攻撃で関五工に駆けつけた高木を苦しめたが、高木&森上の息の合ったコンビプレーと怒りで我を忘れた森上の前に敗北する。後に高木を師匠である黄流雲に引き合わせ、高木のパワーアップに一役買っている。流雲が高木の師にもなった関係で登場頻度は割と多い。善と悪編では、拷問に加えてクスリ漬けにされた影響で片足を切断するほどの重傷を負ってしまうが、エピローグではそれでもめげずに、流雲と共に太極寺の再建のため、中国本土に渡っていることが語られた。
リック・パワード
通称「神戸の黒鬼」。100キロの握力を誇る大柄な黒人で、英語訛りの関西弁で喋る。鋼鉄の筋肉と力任せの攻撃で高木を苦しめた。神戸に潜入した高木と腕相撲で対決し、敗北寸前まで追い込んだことも(勝負自体はリックが会議のために他の三本柱に呼び出されたため無効となっている)。鋼鉄の筋肉は高木の拳すら寄せ付けなかったが、「崖で宙吊りになったまま殴り合う」という高木の決死の頭脳作戦で自慢の筋肉を自在に発揮できずあえなく敗退した。エピローグでは本国に戻ってSWATに入ったと語られた。

死国連合編[編集]

忌羅孝(きら たかし)
関西第三工業高校(かんさいだいさんこうぎょうこうこう)空手部主将。高木の幼馴染であり過去を知る数少ない人物の一人。高木と同じく神雷から空手を教わっていた。別れの日に神雷から高木と共にそれぞれ「心」と「力」をもって大阪魂となるように告げられる。それぞれ素早いパンチ・「風の拳(かぜのこぶし)」から巻き起こる風から「風神」、高い戦闘力と闘争心から「人間凶器」の異名を持つ。
四代目大阪魂決定戦では迅雷に加担して高木たちと対立し、圧倒的な強さを誇った。小学5年生の頃に高木と出会い、共に強くなっていく。だが、高木が忌羅に及ばないまでも泣き虫のレッテルを覆す活躍をし、周囲に注目されることを快く思っていなかった。高木との直接対決の際に自身が高木を破ってその実力を周囲に認めさせんとするが、大阪中の仲間たちの声援を受けた高木に敗北。高木と共に周囲の注目を受ける中で彼と和解し、神雷に反逆するも一蹴される。その後は死国連合のアジトに乗り込むも、死鬼神たちの一斉攻撃で佐久間・蔵王もろとも敗北。
高木が東京に旅立った後に四代目大阪魂となる。死国編以降には流雲の太禅寺で太極拳を学んでおり、風の拳を「風神拳(ふうじんけん)」に昇華させている。龍天昇編にて再登場し高木と再会するが、酒に酔ったところを待ち伏せていた我王の突きを受け死亡。享年17。
佐久間十字郎(さくま じゅうじろう)
十三北西高校(じゅうそうほくさいこうこう)の頭。ケンカ十段の異名を持つ優男で、煙管を使用した攻撃をする。高木の「人を呼ぶ拳」という性質を見抜いて高木の側につくなど、洞察力に長ける面を持つ。高木と同じく、無用なケンカはしたがらない。四代目大阪魂候補の中ではかなりの常識人である。その後は大阪魂補佐として南大阪を預かる。エピローグでは無職であると紹介された。
蔵王力山(ざおう りきざん)
大阪でも五指に入る実力者で、通称「箕面の熊」。箕面熊山高校(みのうくまやまこうこう)柔道部主将。四代目大阪魂決定戦では高木の側についたが、ある事情から最終的には高木を倒そうとする。しかし、心の迷いを高木に見切られ惜敗。その際、この一件の裏に神雷がおり、彼が自身を高木にけしかけたことを明かすも、忌羅に口を封じられる。
かつて鬼熊と呼ばれるワルだったが、とある出来事がきっかけで改心した。手のつけられないワル時代の高木が過去唯一恐怖を覚えた人物とされる。死国連合打倒後は北大阪を預かる大阪魂補佐に。善と悪編では赤松剛之助邸に突入するため、大重量の鋼板の楯を後述の佐藤昭二・田辺勝成・宗政治・岩本哲男・遠藤彦介・トントンとともに持ち、護衛の銃撃を防いで突入を成功させた。エピローグでは消防士となっていると語る。
篠崎克夫(しのざき かつお)
八尾東町工業高校(やおひがしまちこうぎょうこうこう)応援団団長で、サングラスが特徴。ひとたび喧嘩を始めると相手を半殺しにするまで収まらない冷血漢で、「狂犬」の異名をとる。四代目大阪魂決定戦では北村・外川・飯村と共に忌羅に付き、佐久間と対戦。日本刀を持ち出すも敗北。
外川哲也(とがわ てつや)
今宮大附属高校(いまみやだいふぞくこうこう)アマレス部主将。四代目大阪魂決定戦で蔵王と対戦。片手で90kgある人間を持ち上げられるほどの鍛えられた筋肉とパワーを持ち、柔道の欠点を見抜いて上着を脱ぐなど、相応の実力者ではある。腕ひしぎ十字固めで腕をへし折られ敗北。
飯村透(いいむら とおる)
弁天町中台学院(べんてんちょうなかだいがくいん)の頭。通称「ムエタイの猛者」。四代目大阪魂決定戦で佐川と対戦。秘中正拳突きを喰らい一撃で敗れる。
大樹直次(おおき なおじ)
岸和田南農業高校(きしわだみなみのうぎょうこうこう)の頭。鉄びし付きのグローブをはめていることから「鉄びしの鬼」と呼ばれる。「ひゅうひゅうー」が口癖。高木の意志を伝えに来た佐久間と蔵王の「四国打倒に向けて大阪中が一致団結するべき」との説得に全く耳を貸さず、二人をいたぶり続けたことにより高木の逆鱗に触れ、対戦するがまったく攻撃が通用せず、高木を称賛しつつ敗れる。四代目大阪魂候補の中では一番早くに脱落し、決定戦の場にすら姿を見せられなかった。
高貫克己(たかぬき かつみ)
死国連合四鬼神(しこくれんごうしきしん)の一人で徳島の頭。武器は鎖分銅付きの棒。また、他の死鬼神メンバー共々あまりの凶暴性を危惧した神雷によって本来の力を抑え込んでおり、全力を出した際には棒を鎖が仕込まれた多節棍として使用する。他の四鬼神たちと共に大阪各地を襲撃し、その際に大阪の実力者たちを捕らえる。自分たちに歯向かった安藤を他の死鬼神たちとの連係プレーで撃破。さらにアジトに攻め込んだ忌羅・佐久間・蔵王と対決し、一人一人の実力で上回る彼らを一人ずつ集中攻撃して撃破。太極拳を習得した高木に追い詰められ、本気を出すも不完全な発勁を受けて敗北。最終回では他の死鬼神共々普通のサラリーマンとなっていた。
中井透(なかい とおる)
死国連合四鬼神の一人で香川の頭。武器は鉤爪で、全力を出すと両手に鉤爪を装備する。口調は慇懃。高木との死闘の末、田中の武器を奪った高木に殴り倒される。
田中浩之(たなか ひろゆき)
死国連合四鬼神の一人で愛媛の頭。武器は巨大な木槌で、全力を出すと先端に棘付き鉄球の付いた棒を使用する。語尾に「~でちゅ」を付けて喋り、ブタ呼ばわりされると激怒する。自身の武器を奪った高木に叩きのめされる。
浅倉篤司(あさくら あつし)
死国連合四鬼神の一人で高知の頭。武器はドスで、全力を出すと両刃の刀を使う。顔中に切り傷があり、不愛想だが血気盛ん。安藤を倒した際、神雷の命を受けて彼の左手にドスを突き刺した。高木の最初に放った不完全な発勁に敗れる。
黄流雲(こうりゅううん)太極拳
龍隆・虎隆の太極拳の師。黄三兄弟の次兄で兄は後に登場する黄陳々。黄暗海は弟にあたり、天昇は太極寺の時期当主に流雲を選んだ。また、来日後は神雷に太極拳を教えている。
神雷に対する葛藤から戦意を喪失し桃千代と逃避行にあった高木を一喝。以降、心技両面で高木の師匠となった。高木と神雷の決戦に割り込み、「高木の完全な発勁が決まれば神雷が死ぬ」と神雷を制止するが、神雷に不意打ちを喰らって倒れる。
物語中盤で何らかの病に蝕まれていることが明らかになるが、我王・ゲンゲンといった強敵相手にも立ち会える実力を見せている。一旦は龍天昇の秘密を暴こうとする集英会に捕らえられ、強力な自白剤を投与された影響で一時的に植物状態となるが、後に回復する。
エピローグでは龍隆、虎隆とともに太極寺再建のため、中国本土に渡っていることが語られた。
神雷功(じんらい いさお)
初代大阪魂であり、高木と忌羅に空手を教えた。得意の「稲妻拳(いなづまけん)」とその上位技「稲妻手雷拳(いなづましゅらいけん)」は凄まじいハンドスピードを誇り、相手の血が稲妻のように飛び散ることから「赤い稲妻」と呼ばれる。顔の左半分に火傷痕がある。元々は男気のある人物であり、不自由な者たちを自由に導くために大阪魂となっている。
また、その横暴を恨む者たちからリンチを受けていた鬼熊時代の蔵王を救い、「力は「我」のためではなく、人が行うべき正しい道理・「義」のために使うもの」と諭し、改心させている。森上や高木のよき兄貴分であったが、ある出来事がきっかけで歪んでしまい、決別。流雲から太極拳を学んで剛柔双方を合わせ持った拳を編み出し、さらに発勁をも習得する。そして四国の実力者たちを率いて「死国連合(しこくれんごう)」を結成。大阪に乗り込む。
森上や神戸の三本柱たちを撃破するも、太極拳を修得した高木との対決の末発勁の打ち合いとなるも、完成形となった高木の発勁に敗れる。重傷を負うも強靭な肉体が幸いして一命を取り留め改心、少年院に入る。出所後東京でデビッドに銃撃された高木を助け、以降も高木を助け続ける。龍天昇編で龍天昇の解読を頼みに行った大阪外語研究学院の構内にて、桐山修造より差し向けられた数人のヤクザの凶刃に倒れる。高木たちが駆け付けた際には手遅れで、桐山たちを倒さんと息巻きつつも力尽き絶命。
なお、春陽(はるひ)[6]という忘れ形見の男児がおり、エピローグで登場。成長して、顔つきは神雷の面影を受け継いでいた。
後藤乙生(ごとう いつき)
神雷が大阪魂となるべく各地を制圧していた途中で出会い神雷が狂う一因となった女性で、喫茶「アイ・ニージュウ」のウェイトレス。気丈な女性で神雷相手にも一歩も引かずその性格により神雷に一目惚れをされる。自分のタイプは人の上に立つことができる男と言うと神雷は暴走し、力のみで各地を制圧してしまう。初代大阪魂となった神雷だが、傍にいて彼を支える森上に乙生は惚れ、それを知った神雷に強姦される。その際に神雷の顔に濃硫酸を浴びせ、火傷を負わせる。森上は怒り神雷と対決するが右目を失い敗北、神雷は姿を消し森上が二代目大阪魂となった。乙生はそれから森上とも会うことはなかった。神雷が高木に敗れ以前の彼に戻ったことでようやく神雷を許したのか、エピローグでは神雷功の妻と自己紹介している。
雪子(ゆきこ)
火事に遭った建物内に取り残された少女。火の勢いが激しく、母親やレスキュー隊も手が出せなかったが、蔵王と高木の介入によって無事救助された。
高橋作平(たかはし さくへい)
関五工の校長。眼鏡と口髭、七三分けが特徴。死国連合との対決で大勢の負傷者を出した高木を退学処分にした。

新宿編[編集]

霜鳥辰明(しもとり たつあき)
西新宿学院の生徒。眼鏡がトレードマークの優等生でもやしっ子。いじめられる自分を変えたくて高木が作った空手部に入部する。応援団との対抗戦に向けて特訓し精神・肉体共に強く成長した。応援団との対抗戦では筒井の「相手にのまれるな」「相手をよく見ろ」「後先のことを考えずに相手を倒すことを考えろ」とのアドバイスを実践し、応援団副団長の林行治を倒す大金星を挙げた。東京での松下・斉藤ポジションのキャラであるが大阪に舞台を戻してからは登場しなくなった。エピローグで再登場しており、当時の空手部メンバーとともにコンピュータ会社を興している。
美雲まりも(みくも まりも)
西新宿学院の生徒。新宿・東京編でのヒロイン。周囲から一目置かれる不良美少女で、「西新宿のまりも」の異名を持つ。海千山千の女豹を気取るが根は純情。空手の名手でもある。転校早々一発芸で披露した高木の発勁を知っているなど、妙に事情に詳しい。応援団の学院支配からの解放を託そうと高木に近づく。その後、徐々に高木に想いを寄せるようになるが桃千代が大阪から遊びにきたことで、桃千代とのヒロインバトルが勃発する。結局自分に密かな想いを寄せていた大竹に諭されたことで身を引き、桃千代が西新宿学院に転校してきたことでヒロインの座そのものも譲ることとなる。エピローグでは大竹と結婚しており、一児をもうけた。
山本浩二(やまもと こうじ)
元・西新宿学院剣道部主将。短い眉毛と能面づら、「ほほほほほ」という笑い声が特徴。かつて小堀・石岡と共に暴虐の限りを尽くす応援団に部を挙げて抵抗するも、坂本らの前に敗北。捕らえられた末、他の二人と共にカッターで背中に傷を付けられる応援団式の拷問・「根性殺し」を加えられる。しかし、高木が全校の男子生徒一人につき一発ずつ自身を殴らせて根性を示した際、心打たれて空手部に加入。筒井らの指導を受け、空手部と応援団との実質的な対抗戦となった模範試合では先鋒となり、筒井から仕込まれた「あしたのジョー」の力石徹になりきる心理戦術とカミソリアッパーで勝利を収めた。
小堀一也(こぼり かずや)
元・西新宿学院サッカー部主将。山本・石岡と共に高木の根性に感じて空手部に入部。応援団との模範試合で中堅を務め、足技で一旦は優位に立つが、まりもが応援団に囚われていることを知って手が出せなくなり、惜敗する。模範試合後は猿たちによって重傷を負わされる。
石岡琢司(いしおか たくじ)
元・西新宿学院柔道部主将。頭頂部だけパンチパーマのかかった髪を残した髪形と繋がり眉毛が特徴。山本・小堀と共に空手部に入部。模範試合では古田と対戦するも、まりも救出まで持ちこたえられず敗北。エピローグでは彼のみ漫画家のアシスタントをしている旨を語っている。
けい子(けいこ)
まりもの友人の女子生徒。竜頭会の縄張り内にて陰で売春を行ったことが知られてしまい、竜頭会に捕まって暴行を受ける。だが、高木とまりもの尽力によって解放される。
筒井(つつい)
新宿でも五指に入るヤクザ組織・集英連合竜頭会(しゅうえいれんごうりゅうとうかい)の組長。「新宿の筒井」の異名を取る実力派ヤクザながらも気さくであり、銭にならない命のやり取りはしない主義。自分たちの縄張りで売春を行っていたけい子を捕まえるが、彼女を救出しようと体を張った高木の心意気に感じてけい子を開放。その後は自身の事務所に高木をアルバイトをさせながら住まわせ、新生西新宿学院空手部のメンバーを鍛えたり、重傷を負った高木と大竹を改心した坂本と林に自身の事務所に匿う。さらには竹内のアイスクリーム屋開業に力を貸すなど、東京での高木たちの戦いをサポートした。彼の組織と集英会との関係は不明。
吉田(よしだ)
集英連合竜頭会の組員で、坊主頭と左目の傷が特徴。竜頭会の実力者の一人で、前科14犯。筒井の依頼を受け、霜鳥たちを特訓した。
小俣(おまた)
集英連合竜頭会の組員。吉田同様実力者で、前科16犯。吉田と共に霜鳥たちを鍛えあげた。
花森静香(はなもり しずか)
西新宿学院の校長。女性。福島先生の知人で大阪を追われた高木を西新宿学院に受け入れた。応援団の暴力による学院支配を憂いており、暴力装置となり得る高木の空手部創部を心配していた。若い頃は不良であったと思われるフシがあり、それを裏付ける発言・態度も度々している(中指を立て「我が校をなめんじゃねぇよ」など)。
教育者としてはかなり破天荒な面を持つが、基本的には話の分かるオバちゃん。西新宿学院が渋谷部隊に白昼襲撃されたときには「一人やっつければ赤点を一つ消します!」と生徒たちに発破をかけていた。
林行治(はやし ゆきはる)
西新宿学院応援団副団長。筋骨粒々の逞しい身体と七三分けの髪型が特徴で、その体格に見合った高い戦闘センスの持ち主。高慢な性格をしており、転校早々の高木をシメようとするなど応援団の顔役として目立っていたが、対抗戦では勇気を振り絞った霜鳥に遅れをとり、目潰しで敗れるなどあまりいいところがなかった。
見た目によらず純情な面もあり、後に新宿部隊の「きつね狩り」によって大切な恋人がリンチに遭い重傷を負ってしまった時には、人目も気にせず滂沱の涙を流して謝り、悲しんだ。
エピローグでは公務員になっている。
坂本達也(さかもと たつや)
西新宿学院応援団団長。かつて学院内で悪の巣窟として猛威を振るった元・西新宿学院空手部の一員で、影の五人衆の一人。大柄な体躯と面長な顔[7]が特徴。空手部との対抗戦ではその体格を活かした怪力と六連発で正拳を繰り出す「正拳六段突き(せいけんろくだんづき)」で高木を苦しめるが、正拳五段突きで吹き飛ばされ敗北した。以降高木の仲間となり共に新宿部隊を敵に回す。見かけによらず甘い物好きでアイスクリームが好物。エピローグでは「夢のために」現在はアルバイト生活を送っているとのこと。
大竹仁(おおたけ じん)
元西新宿学院応援団特攻隊長。琉球空手の使い手。常に白い学ランと赤いマフラーを身に纏っている。恋人が新宿部隊の「きつね狩り」関係者としてリンチされ、殺されてしまった凄絶な過去を持つ。赤いマフラーは、その娘の形見である。
空手部と応援団の対抗戦の折、筒井と共に窮地に陥ったまりもを助ける。その後はすぐに高木の仲間となり新宿部隊と敵対。影の五人衆の見猿・言わ猿・聞か猿に奇襲をかけるが逆襲され重傷を負う。なんとか復活し佐藤と戦うも敗北。渋谷部隊との抗争でも猪狩にKO寸前まで追い込まれる。西新宿学院に攻め込んできた池袋の田辺を坂本と共に迎撃するが巨大な鉄球を喰らい敗北、神雷に救われる。関東編で寺元と対戦。いつの間にか身につけていたムエタイ[8]で寺本を追い込むが返り討ちにあった。エピローグでは前述の美雲まりもと結婚、地元新宿にてタイ料理店を開いている。
工藤たけし(くどう たけし)
西新宿学院応援団団員。スキンヘッドが特徴で、同じくスキンヘッドの仲間たちと共に「丸坊組(まるぼうぐみ)」を構成する。空手部の部室を用意した高木に因縁を付け、部室を奪おうとするが、一日空手部体験の体で反撃した高木によって仲間たちが全滅。自身は逃走し、他の応援団員たちに泣き付く。その後は模範試合にて先鋒を務め、山本を追い込むもカミソリアッパーに敗れる。
松澤肇(まつざわ はじめ)
西新宿学院応援団団員。模範試合では中堅として小堀と対決し、まりもを人質にされて手の出せない彼に勝利する。
古田秀樹(ふるた ひでき)
西新宿学院応援団団員。ハードパンチでは右に出るものはいないとされており、「援団の殺し屋」の異名を取る。模範試合の副将戦で石岡と対戦し、手間取りつつも勝利を収める。
高野(たかの)
西新宿学院応援団団員。クラスは1年5組。坂本らと共に空手部の部室に乗り込んで乱闘騒ぎを起こした際、仲裁に入った花森に悪態をつくが、一週間の停学を言い渡される。
見猿(みざる)、言わ猿(いわざる)、聞か猿(きかざる)
暴走族大東京連合新宿部隊の幹部で影の五人衆の三人。不気味な猿の面を被った小柄な三人組で本名は不明。三位一体の素早い動きと鋭利な鉄の爪を武器とする拳法・「猿縛拳(えんばくけん)」を得意としており、高木や大竹を苦しめた。得意技は他の二人に相手の両腕を抑え込ませ、最後の一人が相手を貫く「秘技・双爆死影(ひぎ・そうばくしえい)」と初登場時には高木に負けた坂本に対してえげつない制裁を加えた。しかしその正体は高木と同年代の女子高生三人組で、後にセーラー服姿で再登場したときはあまりの雰囲気の変わりように高木を驚かせた。
作中では大竹を返り討ちにするなど、それなり以上の戦闘力を持っている。だが女性であるため一度捕まえられると非力という弱点を持ち、高木や田辺勝成には敗北している。仲間になってからは密偵として高木を支えた。エピローグでは三人とも結婚して主婦となっていると語られた。
佐藤昭二(さとう しょうじ)
暴走族大東京連合新宿部隊の頭にして元・西新宿学院空手部主将で、影の五人衆のトップ。かつて新宿界隈にて「殺し屋」として恐れられる実力者だったが、二年前に突如姿を消す。見猿・言わ猿・聞か猿たちからは「御館様」と呼ばれており、初登場時は般若の面を被っていた。姿を消す以前と顔が変わっており、醜い素顔にも関わらず自身の顔に誇りを持っている。左手の手首から先が義手であり、の爪を装着することでパワーアップする。様々な格闘技を身につけており、巨体に見合わぬ素早い動きで相手を牽制する。再三高木を苦しめるが発勁を喰らい敗北。以降高木の仲間になり東京に不案内な高木をサポートする。
ヘッドコングレスに於いて高木共々銃撃され、瀕死の重傷を負ったところを神雷に助けられた。関東編では寺本と対戦、熊の爪を寺本の頭に叩きつけるが通用せず敗北。善と悪編では、高木・桃千代・森上らを助けるべく広島・赤松邸の銃所持の護衛を突破すべく、蔵王力山・田辺勝成・宗政治・岩本哲男・遠藤彦介・トントンとともに大重量の鋼板の楯を持って銃撃を防いで突破に成功したが、突破後に護衛の銃撃を受けて瀕死の重傷を負った。エピローグでは奇跡的に命をとりとめ、地元新宿にてマンションを経営している。
田島(たじま)
新宿第八工業高校(しんじゅくだいはちこうぎょうこうこう)の頭で、「鬼の田島」の異名をとる。新宿部隊に上納金を収めるものの、代々木北東商業(よよぎほくとうしょうぎょう)に縄張りを荒らされており、それが原因で支払いが遅れていることを佐藤に指摘され、釘を刺される。大東京連合を敵に回すことを恐れている。
氷川(ひかわ)
大東京連合新宿部隊の一員。猿たちによって高木・大竹が重傷を負わされた際、新たに空手部主将を自称。まりもや霜鳥を鉄パイプで殴打するなど専横の限りを尽くしたが、高木に扮した田口と大竹・坂本・林によって追い詰められる。命乞いも虚しく、田口に吹き飛ばされる。
田口(たぐち)
大阪出身で、顔が高木に似ているため、高木の影武者として佐藤・真島朴と戦う。佐藤と戦った際には「パワーは高木さん並にある」と発言しているが、新宿編の後から出番がなくなる。
竹内烈(たけうち れつ)
暴走族新宿紅蓮会(しんじゅくぐれんかい)総長。かつて大東京連合渋谷部隊と戦い敗北している。渋谷と新宿の抗争が終了した後アイスクリーム屋の店長となり妹と二人で経営。しかし小川に恨まれて殺し屋・真島朴を送り込まれ、妹共々瀕死の重傷を負う。しかし、高木と改心した小川小百合の血液提供もあって(竹内はO型のRH-型という特殊な血液型だったため、輸血適合できるのが先の二人だけだった)命を取り留める。エピローグでも変わらずアイスクリーム屋を経営していると語られる。
小川小百合(おがわ さゆり)
大東京連合渋谷部隊の頭にして、頭たちの紅一点。狡賢く冷酷で高慢な性格をしている。「血の9番」という名前の香水を愛用している。
自身には喧嘩の実力はさほどなく、後述する副頭の猪狩らの力を背景に渋谷部隊をまとめている。しかし、カミソリの刃を投擲武器として使用する戦法を得意としている。頭の交代したばかりの新宿のシマを狙い攻め込むものの、猪狩が対マン勝負で高木に敗れた後は全てを捨てて無様に逃げ出した。
渋谷を奪われた恨みから殺し屋である真島朴を雇い高木と竹内烈を襲わせた。しかし、朴の凄惨な手口に恐れをなして逃走。後に高木により自分の卑怯さを悟られることとなり改心、竹内を救うべく自らの血液を輸血提供する他、雷電太郎・田辺勝成に襲われ苦境に陥った高木を救うべく少年院に入っていた神雷を東京に呼び寄せるなどして協力した。エピローグでは猪狩克裕と結婚。地元渋谷にて夫妻でファッションデザイナーとして活動し、ブティックを経営していると語る。
猪狩克裕(いがり かつひろ)
大東京連合渋谷部隊副頭。一秒間に8発の高速パンチが打てる猛者で渋谷部隊最強の男。小川小百合に惚れており、渋谷部隊では彼女の後ろ盾となっている。林・坂本・大竹ら新宿の猛者を歯牙にもかけないほどの強さだが高木の発勁2連発を受け敗れる。その後は仲間になるが、関東編にて寺本に挑み自慢の高速パンチを繰り出すがあっさりよけられ敗北する。エピローグでは小川と結婚。夫妻でファッションデザイナーとして活動する他、ブティック経営をしている。
真島朴(まじま ぼく)
少年院帰りの殺し屋にして、六本木部隊頭・真島莎武の弟。通称「デッドボーン」。異常に頑強な骨格を持ち、その鋭利な指先で相手を殺す。小川に依頼され竹内と高木を殺そうとする。竹内を刺し、高木を殺しに行った先の病院で返り討ちに遭った。エピローグでは兄・莎武の経営するディスコの手伝いをしていると語る。

東京編[編集]

雷電太郎(らいでん たろう)
大東京連合墨田部隊の頭。金融会社「雷電ローン」を経営。容姿が高木の後輩で関五工空手部の松下正に酷似しており、高木ですら初対面では間違えたほど。しかし性格は全く違い、傲慢な自信家。椅子に座りながら全裸の女性を数人侍らせたりと、スケベでもある。
グローブに仕込んだ電撃装置で高木を苦しめるが、スプリンクラーを作動させられ感電、さらには発勁を受けて敗れる。関東編では高木の味方として戦うも、宗政には自慢の電撃が通じず、一蹴される。エピローグでも変わらず雷電ローンを経営していると語る。
田辺勝成(たなべ かつなり)
大東京連合池袋部隊の頭。2m40cmの巨体を誇り、その体格から出る強靭な力を持つ。その怪力を駆使して鎖付き鉄球を振り回して戦う他、太極拳も学んでおり高木以上の発勁(撃砕発勁)を放つなど隠れた実力者。しかし、発勁の唯一の天敵ともいえる百歩神拳を喰らい敗北した。後にいつの間にか酔拳も身につけている。
かなり性欲旺盛らしく、高木に狙われていることを知っていながらも護衛付きの上、捕らえた猪狩をモップ扱いして行きつけのファッションヘルス店に通ってくる。また、善と悪編では前述の蔵王力山・佐藤昭二や宗政治・岩本哲男・遠藤彦介・トントンと同じ巨体・パワーの持つ者同士で赤松邸突入のために大重量の鋼板の楯を持つ者のひとりとして銃撃を防ぎ、突入を成功させている。エピローグでは本編同様、ファッションヘルス店を経営していると語られた。
デビッド古谷(デビッド ふるや)
大東京連合銀座部隊のラーメン頭。IQ300を誇り、英語混じりの会話をするのが特徴。デビッドタワーを経営しており、かなりの金回りの良さを誇る。愛車はフェラーリ・F40[9]、クリスチャン・ディオールのハンカチをスラックスの汚れ避けに敷くなど、キザでブランドに拘る男。作中では珍しくいわゆる「体育会系」ではなく、武器としてジェリコ941を愛用している。
ヘッド・コングレスに出席した高木を銃撃し東京港の埋立地に捨てる。デビッドタワーで復活した高木の襲撃を受けると数々のトラップで反撃し、さらにはガス爆発で高木を殺そうとするが、根性で乗り切った高木のパンチを喰らい敗北する。卑劣な性格ではあるが腕っ節の無いなりに頭を使った異色の戦いぶりを見せつけた。龍天昇編でヤクザの囲みを破るために手榴弾を爆発させ死亡する。
真島莎武(まじま さぶ)
大東京連合六本木部隊の頭。真島朴の兄。ホモで弟・朴とデキている。弟には一途な愛を強要しておきながら、高木や、後に仲間となってからは大竹にも誘う発言をしており、自身はわりと節操なし。
ディスコを経営。高木の襲撃に対し鼓膜を破くほどの大音量の音楽を流し対抗。青龍刀を使い高木を苦しめた。関東編では鳳翅鎲(ほうしとう)を使い岩本を一蹴するが、全力すら出していない寺本の前に完敗する。エピローグでも変わらず、ディスコ経営を続けている。

関東編[編集]

漆原睦夫(うるしばら むつお)
関東連合総帥。通称「群馬の虎」。かつて血みどろの抗争をくりかえしていた関東の暴走族全てを撃破、関東連合を組織し総帥の座に着いた。サブ曰く「高木の50倍強い」「でも決して人を押さえつけたりはしない」。サブを含めた関東勢のほとんどは、漆原に頭が上がらない。
自身も不良でありながら、不良たちのことを「クズ」と呼ぶなど、矛盾した面も若干持ち合わせている。
若くしてを患い、高木と出会った時には21歳という若さで余命一ヵ月の身となってしまっていた。入院先の病院内で寺本らの襲撃を受け、精一杯抵抗するも瀕死の重傷を負わされ、医師の手を尽くした大手術も空しく絶命する。強烈なカリスマ性を持ち、病床の身でありながら襲撃者の宗政を瞬殺するなど相当の実力者であったが病には勝てなかった。
木村浩一(きむら こういち)
神奈川の貴公子。意拳の使い手。新関東総和会殺戮連合の侵攻を食い止めるため高木に協力を求める。龍天昇編で麻薬中毒にされ高木らを裏切りかけるが善と悪編で麻薬中毒を克服し、克服時に得た脳波の操縦による新たな力を得て復活、赤松剛鬼を食い止めるべく戦った。エピローグでは地元・湘南にてスキューバダイビングのインストラクターとなっている。
漆原春野(うるしばら はるの)
漆原睦夫の弟。岩をも砕く南拳の使い手。筑波山での戦いにおいて宗政と戦うも、あえなく敗れた。その後挽回を図るべく、天地神明掌を会得する高木を谷川岳に案内する。エピローグでは谷川岳の山小屋の管理人を務めている。
宗政治(むねまさ おさむ)
千葉の猛牛。新関東総和会殺戮連合幹部。硬筋拳の使い手。墨田を攻め落とした際には高木を苦しめた雷電の電撃が一切通用せず、漆原の南拳も通じない筋肉を持つ。ALTA前のストリートファイトで高木の発勁を百歩神拳で迎撃し勝利している。筑波山では高木の天地神明掌に一蹴される。善と悪編では、赤松邸突入のため、大重量の鋼板の楯を蔵王力山・佐藤昭二・田辺勝成・岩本哲男・遠藤彦介・トントンと共に持って護衛の銃撃を防いだ。エピローグでは地元にてを栽培している。
岩本哲男(いわもと てつお)
栃木の荒業師。新関東総和会殺戮連合幹部。スパイク付棍棒を持ち真島莎武と対戦。莎武の青龍刀をへし折るが、新必殺技鳳翅刀日輪殺、鳳翅刀鷹落殺を喰らい敗北。その後パワーアップした高木と戦ったが、一撃で敗れた。龍天昇編では、ゲンゲンのビンタ一発で敗れる。善と悪編では前述の蔵王力山・佐藤昭二・田辺勝成・宗政治と同じく、鋼板の楯を持つメンバーの一人として護衛の銃撃を防ぐ。エピローグでは栃木一の運送会社を経営している。
武井敏彦(たけい としひこ)
埼玉蟷螂。新関東総和会殺戮連合幹部。蟷螂拳の使い手。神奈川の木村と戦い自爆覚悟の攻撃により相打ちになる。龍天昇編では寺本と共にゲンゲンと対決するが、ゲンゲンのスピードについていけず敗北。エピローグでは鍼灸院を経営しながら、蟷螂拳を教えている。
寺本清一(てらもと せいいち)
茨城の春風。少林十八羅漢拳の使い手。渦巻きのようなヘアスタイルに長い弁髪を持つ。漆原睦夫を殺害し新関東総和会殺戮連合総帥となった。実家は裕福らしく新関東総和会の幹部たちを広い邸宅に招待していた。他の幹部たちとは一線を画す実力を持っており、佐藤、猪狩、大竹、木村、サブなどの面々を歯牙にもかけずに退けている。髪から放つ発勁や使うと寿命が5年縮む少林十八羅漢功托天勢を使用し高木を窮地に追い込むが、土壇場で開眼した真天地神明掌により敗れた。初登場時に使用した髪を使った技は「筑波忍術・春風絞殺[10]」という名前だった。エピローグでは中国に渡り修行を続行していると語られた。
黄陳々(こう ちんちん)神極拳
谷川岳に住む老人。流雲の兄、また後に登場する暗海は末弟にあたる。神極拳の使い手で、かつて漆原睦夫に神極拳を伝授した。関東の争いを治めるために高木にも神極拳を伝授。奥義天地神明掌を伝授する際、自身の腕を折り拳法を失った。その後弟暗海の弟子我王によって殺される。死んだはずだが最後の高木VS剛鬼戦でギャラリーキャラクターとして登場している。

龍天昇編[編集]

我王圭司(がおう けいじ)
邪極拳の使い手。谷川岳で陳々を殺害。木村・忌羅ら関東・関西の猛者が束になってもかなわないほどの強さを誇るが、高木にスタミナの無さを見抜かれ倒される。その後神雷に介抱されており、恩を返すため高木に邪極拳の真髄である超集中力とスピードを教える。エピローグでは、今まで殺めた人の冥福を祈るため、僧門に入って修行していると語られた。
黄暗海(こう あんかい)邪極拳
陳流雲の弟。かつては二人の兄をも凌ぐ拳法の天才であったが、その拳に悪が込められていたため父・天昇から性根を見抜かれ、後継者に選ばれなかった。天昇が後継者に流雲を選ぼうとしていることを知った暗海は遺言を改変して宣言、兄たちが御人好しであった幸運にも恵まれ、二人を出し抜きまんまと太極寺の跡継ぎに納まってしまう。
権力を得た後は政治家と結託、暴力をもって近隣の村々を略奪し悪行の限りを尽くす。修行より戻った二人の兄たちの怒りを買い、激闘の末に両手を切断され追放。それでも命までは奪われないなど、最大限の情けをかけられていたのだが、全く改心する素振りはなかった。
その後50年間復讐を夢見て、弟子を育てる。太極寺の膨大な財宝のありかと究極の武術が示された「龍天昇」を狙い日本にあらわれ、兄達やその関係者達を弟子に襲撃させ、残虐非道に振る舞う。切断された両腕には義手を装着しており、拳法は使えないまでも義手を飛ばして秘孔を突き相手の動きを止める事などは可能のようである。
最後の最後まで悪の道から抜けようとは考えず、ついに龍天昇の宝である膨大な麻薬を手中にするものの、桐山と共に赤松剛鬼に射殺された。
桐山修造(きりやま しゅうぞう)
関西最大の暴力団集英組の会長。暗海と手を組み龍天昇を狙う。木村を麻薬中毒にした張本人で数々の悪事を行ったが、最後は高木に敗れ、集英会本部へ体制を立て直すために逃亡するところで、高速道路に立ちふさがった「広島愚連会・鬼」大将の赤松剛鬼に大型拳銃(デザートイーグル)で暗海と共に射殺される。その死体は原型を留めぬほど無惨なものだった。
西陣菊丸(にしじん きくまる)
京都の頭。妖刀剣の使い手。流雲の弟子の孫。高木の腕試しをし、実力を認めると龍天昇の鍵を高木に託した。エピローグでは地元・京都で呉服店の若旦那として経営していると語る。
遠藤彦介(えんどう ひこすけ)
奈良の頭。平城流兵術の使い手。流雲の弟子の孫。腕試しの末、高木に龍天昇の鍵を託した。高木に天地神明掌を出させるなど実力者だが、トントンとゲンゲンに敗れた。善と悪編では赤松邸突入の際に、前述の蔵王や佐藤らとともに鋼板の楯を持つ面々のひとりとして護衛の銃撃を防いだ。エピローグでは平城流兵術の道場の師範となっている。
天道真紀(てんどう まき)
和歌山の頭。小柄な女性ながら中国宮廷秘拳花架拳の使い手で、実力は西陣、遠藤を上回る。流雲の弟子の孫。3人で鍵を探し出した後は、彼女が龍天昇を習得する予定であった。
高木は(相手が女ということもあったが)彼女に触れることすらできなかったが、高木の意気に打たれ龍天昇の鍵を託す。高木が我王との再戦中、龍天昇の巻物を預かっていたがトントン、ゲンゲンに巻物をあっさり強奪されてしまう。エピローグでは家事手伝いをしていると語る。
ゲンゲン
暗海の最高の弟子。羽田空港でトントンが取り逃がした木村をあっさり捕まえる。大阪に集まった関東勢を追う際に寺本と対決。托天勢を使用した寺本を撃破。その場にいた岩本・武井もほとんど全力を出さずに倒す。森上と戦った際は眼をつぶされ苦戦したがKO寸前まで追い詰めるも、このときは高木が救援に訪れ、ついには敗れた。エピローグではトントンとともに拳法から足を洗い、中国に帰国してラーメン店を経営していると語られた。
トントン
暗海の弟子。肥満にも見える巨体ながら素早い動きとパワーを武器とする。大阪空港で木村を追い詰めるが高木の機転により取り逃がしてしまう。その後、龍天昇を習得するが、中途半端な性能で体得したため、真の力を発揮できずに高木に敗れてしまった。善と悪編では前述の蔵王・佐藤ら同じ巨体・力持ちの面々で赤松邸突入のための鋼板の楯をもつひとりとして銃撃を防いだ。エピローグではゲンゲンとともに中国に帰国してラーメン店を経営している。
黄天昇(こう てんしょう)
8代太極寺館主
陳々、流雲、暗海の父。暗海によって毒を盛られ、後継者と目していた流雲に龍天昇を伝授しきらずに死亡した。「あの世」で陰陽拳を破る極意「極楽蛙鳴掌」を伝授。龍天昇の本当の力を高木に修行をつける。

善と悪編[編集]

赤松剛鬼(あかまつ ごうき)
広島愚連会・大将 集英会二代目組長
高木の腹違いの兄であり、広島愚連会「鬼」大将。桐山殺害後は集英会二代目組長に成り上がる。金周陰の陰陽拳をベースにあらゆる格闘技のエキスパート達によって編み出された究極の格闘技「鬼道流合気柔術」の使い手。性格は非情で龍天昇の「宝」=「数兆円分の麻薬」を強奪するために暗海と桐山を躊躇なく射殺し、高木を罠にはめて少年刑務所送りにした。その際、高木を含むメインキャラクターたちをほぼ一撃で戦闘不能にする実力を見せている。本作の事実上のラスボスである。歪んだ性格は仕事一辺倒の父親と志子の恨みを呟くだけの不気味な母親に育てられ帝王学を学ぶ忙しさから友達とも遊べない不遇の幼少期を過ごしたため。しかし父からの愛を手に入れるため金周陰の「強くなれば何もかもが手に入る」の言葉をもとに強くなり学力やスポーツでトップを手に入れ父のもとに向かう。しかし剛之助が高木を発見した一報を聞き自分に一度も見せた事のない笑顔を見せ、尚且つ跡取りにしようと聞いた事で絶望し高木を殺す事を決意、鬼となる。かつてない程に高木を追い込むが、自分の師である金周陰により成長した高木に人生初の敗北を受け、切磋琢磨の心を知り単身チベットへと向かう。チベットにて「密教拳」の修行後「デス・ゲーム」において高木と雌雄を決する。エピローグでは、高木に敗北した後、どさくさに紛れて日本から脱出するが、中国からのチベット独立の為に仲間たちと戦ってる旨が語られた。得意技は「鬼道流合気柔術・閻魔無明脚殺」。チベット密教拳取得後は、大黒天(マハーカーラ)天地破壊蹴、曼荼羅掌、密教拳聖脚ヴァジュラ大蹴等を使用した。
加ヶ谷優(かがや ゆう)
広島愚連隊の一員で、ヒーロー然とした容姿をした優男。当初は「赤松に恨みを持つ者」と名乗り、機動隊の囲みから桃千代一人を救い出した。しかしその正体は剛鬼の忠実な腹心で、桃千代を剛鬼に差し出しただけでなく、安藤たちをクスリ漬けにした外道。ハニーフェイスを活かした二重スパイ工作を得意とし、戦闘力はあまり高くないものの桃千代の一撃を防いで反撃するあたり、それなりに実力はある。デス・ゲームでは司会進行を担当し、高木たちの神経を逆撫でするマイクパフォーマンスを行った。剛鬼を倒した後、工作と虫に袋叩きにあう。エピローグでは改心したらしく、その"仕切り”の旨さを活かして東西OB会の司会を担当していた。
金周陰(きんしゅういん)
剛鬼の師で陰陽拳の創始者。鬼泣き島でルパンと名乗ってはいたがそれは剛鬼の目から身を隠すための偽名で本名は金周陰。若い身なりをしてはいるが、正体は高木の師である黄天昇と同じ時代を生きた齢百を越す天才拳法家。16歳という若さで陰陽拳を創始し傲慢で不遜な性格だったが黄天昇に敗れ改心。以後は正しく拳を磨くためにインドに渡り超柔を身につけるが、天昇はすでにこの世を去り生きる指針を失い犯罪に手を染めていく。その過程で剛之助に出会い剛鬼の師となり陰陽拳を伝授する。しかし剛鬼が無敗でかつての自分と同じく奢り昂っていたので敗北を教えようとするが、それが悪魔を生みだす事になると考え躊躇し、以後はルパンと名を変え鬼泣き島に身を隠す。その後高木に出会いその目にかつて自分に唯一敗北を教え改心させた黄天昇を重ね、同時に弟子と知る事で敢えて憎まれ役を買い高木の成長に一役買った。二度目の敗北に満足そうに黄天昇と会話し高木に剛鬼に敗北を教えてはならんといい遺し、倒したら必ず殺すように忠告しこの世を去った。
赤松剛之助(あかまつごうのすけ)
時の内閣総理大臣で、剛鬼と義志の父。いかつい顔と大柄な体躯をした老人で常時羽織袴を着ている。太平洋戦争時に少尉に任官しており、満州で終戦を迎えると旧陸軍の隠し財産を独占し、その財力を背景に代議士となり権力の階段を駆け上った。その政治手腕は汚職に塗れており強大な権力を持つものの、多くの敵を持つ。最期は剛鬼の密教拳奥義でとどめを刺される高木をかばい、奥義を受けて胸を貫かれる。「剛鬼を救ってやってくれ」と高木に遺言し、実質和解したあと絶命した。
剛鬼の母親
剛之助が政略結婚に娶った女性。政略結婚のため剛之助にとって愛はなかったが、しかし彼女自身は愛していたようでイタコの服装をして不倫相手の志子への恨みを一日中呟いていた。息子剛鬼を愛する事もしなかった事で剛鬼の人格形成に深く影響をおよぼした。剛之助が高木を発見した時も剛鬼の背後に立ち剛鬼が鬼になる決意の原因となった
天馬人道(てんばじんどう)
赤松に対立する自由革命党の若き党首。二十代で国政に進出し“永田町の荒武者”と呼ばれる。高木の法律上の父親。39歳。妻である志子が剛之助に強姦され、精神を病んだことからその復讐のため代議士となった。長年、剛之助の心臓ともいえる膨大な資金源を追っていたのだが、高木の活躍により旧陸軍の隠し財産の在り処の手がかりを掴むことに成功。剛之助の政治生命に止めを刺すべく、鞍馬山で験力の修行をさせるなど高木を応援する。一見、正義に燃える政治家然とした人物ではあるが、その正体は妻を強姦ではなく不倫によって寝取られたという事実への嫉妬と憎悪により義理の息子である義志を孤児院に遺棄し、実父である剛之助に対して憎しみを覚えるように仕向けた、正義漢とはほど遠い人物であった。剛鬼との闘いのあと、高木に「孤児院に棄ててくれたからこそ、素晴らしい仲間に会えたし、俺も成長できた。あんたや親父のせいじゃない」と諭されて号泣する。エピローグでは志子を引き取って北海道にて孤児院を経営しており、高木のような孤児を一人でも多く救いたいため、東西OB会にはまだ出られないと森上にメッセージを託した。
天道志子(てんどうゆきこ)
天道人馬の妻で高木の母親。もとは剛之助の事務所で夫の人馬と一緒に働いていたが後に剛之助と不倫、高木を産み落とす。その後自らが犯した過ちに罪悪感に押しつぶされて精神病院の患者となる。見かけは高木の恋人桃千代と瓜二つ。後に改心した夫の人馬に引きとられる。本作の全てのきっかけとなった女性。
ミッキー・バイソン
護鬼四天王の一人。筋骨隆々の大柄な黒人で、裏世界の賭け試合であるブラックレスリングの猛者。デス・ゲーム第1ラウンドの相手として関五工のプールを改造した闘技場で高木と戦う。桁外れパワーと鋼鉄の肉体を持ち、高木の打撃技が全く通用しなかった。コンクリート面を利用した戦いを得意としており、得意技は「デス・スキル・ベアーズ・ピロウ(死の技・熊の枕)」。エピローグではアメリカに帰国し、フロリダ州で大農園を経営していると語られた。
ナームケン尾田(ナームケンおだ)
護鬼四天王の一人でタイ柔術の達人。長髪と鰌髭が特徴のスマートな中年。デス・ゲーム第2ラウンドの相手として地上40メートルの高所にロープを蜘蛛の巣状に張り巡らした闘技場にて高木と戦う。これまでの高木の敵たちと比べ攻撃力や耐久力は劣るものの俊敏性とバランス感覚に優れ、その独特な闘技場の地の利を生かした戦い方で高木を苦しめた。高所恐怖症の高木は試合開始直後から圧倒的劣勢に立たされるものの、福島先生の機転から高所恐怖症を克服し、組み付いて逃げ場を無くされるとそのままベアハッグにより背骨を折られて敗北した。エピローグではタイに帰国して、タイ柔術普及のための活動を続けていると語られる。
アグルワール
護鬼四天王の三人目。作中では、「以前にも四天王の2人まで倒した者はいたが、3人目を突破した者はほとんどいない」と言われている。王蛇シヴァを扱うインド出身の蛇使いであり、シヴァとは恐ろしいまでの連携を見せるが、験力を発動させた高木に破れ、最後は背後からSPの機関銃に撃たれて死亡。
王蛇シヴァ
アグルワールの操るインドニシキヘビ。全長20m、胴回り3mの巨大な体で、闘牛を10秒で絞め殺すとさえ言われている。全身は高木のパンチが全く通じないほどの柔軟な筋肉に覆われていたが、験力を発動させた高木に敗北。
鬼龍院茂 (きりゅういん しげる)
護鬼四天王の最後の一人。30年前に全世界の格闘技界を震撼させたという伝説の拳王で、50歳を超えてなお強さを増している超人的な格闘家。若い頃、徹底的に叩きのめした酔っぱらいのヤクザの男に手加減をしたために刃物で背中を刺された経験や「最後の壁(躊躇なく人を殺すこと)」を超えた剛之助との出逢いから、どんな相手に対しても一切の容赦をしない人物に変貌した。高木に対しては、彼の最大ポテンシャルである験力を引き出させるため、桃千代に乱暴を働こうとするが、目論見通りに験力を発動した高木の前に敗北した。完全な悪人ではなく少年の頃から「最強の男」になるべく努力し、歳を重ねてもその夢を諦めなかった真の格闘家であり、その純粋な心には高木も闘いの後に素直に敬意を表したほどである。エピローグでは更なる力を求めて世界中を回りながら修行をしていると語られた。

外伝「押忍!!麻雀部」[編集]

近代麻雀オリジナル』(竹書房)2013年5月号・6月号に前後編掲載。名門大学・大阪通天閣大学(おおさかつうてんかくだいがく)にて、麻雀部を率いる高木に瓜二つの主人公・高木義成(たかぎ よしなり)の活躍を描く。
『近代麻雀』2013年8月15日号より連載開始。
『単行本』は全2巻で完結。
神雷や忌羅など懐かしいキャラも登場。

実写映画版[編集]

1990年松竹系にて公開された。同時上映は『のぞみウィッチィズ』。

主演の松田勝は、原作通りに稲妻カットを行い、迫力あるアクションを披露した。

キャッチコピーは「一押し、二押し、三に押忍!!」。

キャスト[編集]

ほか

スタッフ[編集]

原作との相違点[編集]

  • 高木と桃千代の関係が幼馴染になっている。
  • 大阪魂の継承が二代目の森上からでは無く、初代の神雷からになっている、なので森上は登場しない。
  • 大阪魂を争う敵総長・大沢、功の弟・直人、武井由貴などは実写オリジナルキャラクター。
  • 未だDVD化になっていない。

アニメ[編集]

声の出演[編集]

スタッフ[編集]

  • エグゼクティブプロデューサー:瀬島光雄
  • 企画:中村季靖
  • 原作:高橋幸二(集英社「ヤングジャンプ」連載)
  • プロデューサー:国府方潔(1巻)、白石忠一(2巻)
  • 脚本:南部英夫
  • 監督:関田修
  • キャスティング協力:東京アナウンス学院
  • プロデューサー補:白石忠一
  • 制作プロデューサー:阿部倫久、島崎克美
  • キャラクターデザイン・作画総監督:遠藤栄一
  • 美術監督:古宮陽子
  • 撮影監督:安津畑隆
  • 音響監督:山崎あきら
  • 原画:大芝幹祐、和田崇、菊池としひろ、大木良一、宍戸聡、高鉾誠、枡和等、井潤千代美、村中博美、宇宙人オーソン、日本一助平男、ライフワーク
  • 動画チェック:萩野信子、岡村正弘
  • 色彩設定:田辺小百合


ゲーム[編集]

※ヴィジュアルシーンのみの登場で森上真吾はプレイヤーとしては使用できない。

ゲームは原作の「大阪魂編」を忠実に再現。

  • ラスボスは赤い稲妻こと「初代大阪魂」神雷功
  • 登場人物:高木義志・安藤誠・佐久間十字郎・末永禅・龍隆&虎隆・リック・パワード・外川哲也・忌羅孝・中井透・田中浩之・黄流雲・神雷功

※対戦のみある使用コマンドを入力するとパワーアップした高木や本田桃千代の使用可能。根性必殺技は破壊力抜群の泣き声。

パチンコ・パチスロ[編集]

  • パチンコ:CR押忍!!空手部(2007年、エース電研)/CR押忍!!空手部 激闘編(2013年、エース電研)
  • パチスロ:押忍!!空手部(2008年、イレブン)

脚注[編集]

  1. ^ 最終回では斉藤孝(さいとう たかし)と誤記。
  2. ^ ただし運転は苦手のようで、このフェラーリは納車直後に事故で潰している。
  3. ^ 初登場回では三代目頭と誤記。
  4. ^ 勇次の登場した回では寝川第八中学校(ねがわだいはちちゅうがっこう)と表記。
  5. ^ 桃千代と木村浩一も裏切っているが麻薬漬けになっていたためであり、決して自発的ではない。また、両名とも後に改心して味方に戻っている。
  6. ^ 初登場話では竜馬(りょうま)と誤記。
  7. ^ 高木に「馬面」とからかわれている。
  8. ^ 劇中では「ムァイ・タイ」と表記される。ただし先に登場している飯村の時は普通に「ムエタイ」と表記されていた。
  9. ^ 劇中には登場せず。
  10. ^ 単行本収録時には単純なかけ声のみに修正されている。

外部リンク[編集]