グランディアIII

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
グランディアシリーズ > グランディアIII
グランディアIII
ジャンル ロールプレイングゲーム
対応機種 PlayStation 2[PS2]
ゲームアーカイブス[GA](PS3のみ)
開発元 ゲームアーツ
発売元 スクウェア・エニックス
人数 1人
メディア [PS2]DVD-ROM 2枚
発売日 [PS2]2005年8月4日
[GA]2015年1月21日(配信終了)
対象年齢 CEROB(12才以上対象)
売上本数 約25万本[要出典]
その他 予約特典:シリーズの楽曲を収録したオリジナルサウンドトラック[1]
テンプレートを表示

グランディアIII』(GRANDIA III)は2005年8月4日スクウェア・エニックスより発売されたPlayStation 2RPG。開発はゲームアーツ。キャラクターデザインは吉成曜

本作は「空」を舞台に描かれる大冒険活劇である。企画はPS2が出回り始めた頃から始まっている[2]。本作では3Dグラフィックスに力が入れられており、非常にクオリティの高い物になっている[2]。キャラクターの声には、映画や舞台、ドラマで活躍する役者をキャスティングしている[3]

あらすじ[編集]

飛行機乗りに憧れる少年ユウキ。彼は飛行王シュミットという名だたる飛行機乗りに憧れ、友人のロッツと2人飛行機の制作をしていた。何度も墜落し苦心の末作った新たな飛行機で、ユウキは退屈なアンフォグの村から大陸へと飛ぼうとする。飛行は成功したが、母・ミランダにこっそり後部座席に乗られ墜落寸前となる。

そのとき、何者かに追われている馬車を発見し、ユウキはそちらに眼をやった隙に再び飛行機を墜落させてしまう。そこでユウキは、神人になろうとする少女・アルフィナと出会う。彼女が大陸の街アークリフを目指そうとしていることを聞き、ユウキはミランダと共に護衛を申し出るのであった。

登場キャラクター[編集]

主要キャラクター[編集]

ユウキ
- 松風雅也
16歳。本作の主人公。幼い頃に、飛行王「シュミット」の映画を観て以来、空を飛ぶことに憧れを抱く。かつてシュミットが成し得た、大陸横断を目指し、親友のロッツと飛行機を製作している。
ゾーン撃退後、すぐにアルフィナと結婚して子供が出来た。子供の名前はリティーで、神人であるアルフィナの血を引いているが、世界がその力を必要としていないのでリティーには神人の能力は受け継がれていない。
エピローグではユウキとアルフィナが息子と生活してるシーンは5年後で、ユウキとアルフィナは21歳。リティーは4歳[4]
アルフィナ
声 - 木南晴夏
16歳。本作のヒロイン。本名は「アルフィナ・デ・パメラ」。神獣の言葉を代弁する「神人(コミュート)」の一族。兄・エメリウスの企みを知るためアークリフへと向かう。ケーキが大好き。なお彼女やエメリウス、ヘクトの耳の形が共通しているのは種族特有のものであり、神人(及び候補)の資格を有する証でもある。
料理の腕はアンフォグの森以降、特に変化なしで、メンディで作ったパンは宿屋の女将さんの協力があったので特別に上手いのである。
アルフィナに神人の過酷な運命を負わせたくないというエメリウスの意志により、10年前にエメリウス(当時14歳)の手配によってアルフィナ(当時6歳)は辺境のとある老夫婦の元へ送られた[4]。アルフィナをアークリフに近づけるなというエメリウスの命令によって、コーネルに追われていた。
ミランダ
声 - 若村麻由美
34歳。ユウキの母親。女手一つでユウキを育ててきた。表裏のない性格。
良家の箱入り娘として育った。青年将校と出会って恋に落ちるものの、家族には認めてもらえず家出。周囲の反対を押し切って結婚したふたりだったが、プレイボーイで根無し草の彼は結婚後も気ままに旅を続け、結婚の失敗を悟った。恋愛と結婚に絶望して、幼いユウキを連れて街を出る。ユウキの為に必死に働き、レンジャーとしてそこそこ働けるようになったころ、5歳になったユウキと一緒にアンフォグの村で暮らし始める。青年将校との出会いはミランダが17歳、ユウキ出産は18歳の時である[4]
ユウキと別れた後はアロンソと共に船で、未知の世界を求めて航海中でふたりとも形式にこだわるタイプの人間ではないので、正式に結婚はしていない。世界中を旅している最中、旅の途中でユウキの元を訪れて、孫のリティーを思いっきり可愛がるらしい[4]
アロンソ
声 - 葛山信吾
28歳
ユウキ達が大陸へ渡るため、船を探しているところへ現れた謎の男。自称「海の男」。その実態は、借金のかたに自分の船を取られてしまった、声も出ないギャンブラー。
ユウキと別れた後はミランダと共に船で、未知の世界を求めて航海中でふたりとも形式にこだわるタイプの人間ではないので、正式に結婚はしていない[4]
ウル
声 - 柴木丈瑠
16歳。飛竜に乗って世界を駆け巡る少年。生まれは「飛竜の谷」だが、堅苦しい掟に嫌気がさして一族を抜け出した。荒っぽいが、情には熱い性格。肉が大好物。嫌いな食べ物はなんとなく飛竜を思わせるため、鳥の手羽先[4]
ダーナ
声 - 吉野紗香
23歳。バクラの集落の族長。2年前に姿を消した恋人、デュンケルを失った悲しみを拭えないでいる。
デュンケルとの馴れ初めは同じ集落の出身で歳も近いこともあり、ごく自然にお互いの親同士の間で許婚として認識されており、それに反発して距離を置いた時期もあった。ある日、オアシスのヨウト像前でデュンケルがダーナにバクラの繁栄と永遠の愛を誓ってからは、互いに強い想いと絆で結ばれた。ダーナは大人しく内向的な母親タビレ、妹のルイリは酒好きで大らかな性格の父親アドバの影響を強く受けて育った為、性格は似ていない。
ゾーン撃退後はバクラの集落に戻っている。集落の中にデュンケルの墓を作り、それを守りながらルイリとふたりで生活している。違う文化を取り入れていくルイリの方針にダーナも積極的に乗っていく[4]
ヘクト
声 - 前田綾花
8歳。地上とは別の世界である、聖獣の故郷「バース界」に暮らす少女で、『長老(年功ではなく指導者の尊称)』の身分にある。いつも虚ろな目をしており、まるで表情がない。彼女の奏でるバイオリンの音色は生命を散らしている。手が冷たい。これらは一貫して、神人としての重圧に幼心が耐えられなくなったためで、かつては明るい性格だった。
デュンケル
声 - 笠原紳司
かつてはバクラの集落の族長を務めていたが、エメリウスと出会い供にバース界へ渡り、世界の真実を知る。「ゾーン」の力を手に入れたエメリウスを止めるため暗躍している。ダーナの恋人。
ロッツ
声 - 松尾敏伸
ユウキの親友。ユウキと同じく大陸横断を夢見て飛行機を製作している。
シュミット
ユウキに空を見せた永遠の飛行王。ウルとは以前に面識があった。ユウキに飛行機をタダで作ってくれたりする恩人。愛する人を失ってからは、飛ぶことをしなくなった。
ゾーン撃退後、シュミットは生きていて、ロッツは弟子になっており、シュミットはもう現場では働かず、ロッツが働いている[4]

エメリウス側[編集]

エメリウス
声 - 萩野崇
アルフィナの兄。3年前に忽然と姿を消したが、再びアルフィナ達の前に現れ、「ゾーン」の力で世界の聖獣を殺し始める。本来は繊細な性格で、先述の根底は自らの出自と幼少期の家庭環境、神人という定められた生涯に対する拭えぬ葛藤と怨恨によるもので、グラウはナーバスになっていた彼を自らの野心の為に利用した。アルフィナがアークリフを離れていたのは、10年前に彼女を神人としての過酷な運命から遠ざけたいとした彼自身の手引きによるもの[4]
グラウ
声 - 川上泳
エメリウスの幼少期の教育係を務めていた。彼を危険な道へ導いた人物。自ら戦闘へ出ることはない知性派で、作戦の立案とほかの同志をまとめる参謀の役割をしている。
ヴィオレッタ
声 - 坂上香織
細身で切れ長の瞳とまさに「美女」と言うのにふさわしい容姿をしているが、手に持つ巨大な大鎌が内面の破壊衝動を物語っている。非常に切れやすい性格だが、エメリウスのためなら命を捨てることも惜しまない。元々裕福な家系の出身だったものの、ある事件により没落し、盗賊まがいの仕事に手を染めていた。エメリウスに忠誠を誓ったのは、その現状の脱却への希望を見出したため。
コーネル
声 - 木下ほうか 
重厚な鎧と鋼鉄の腕をつけた極端な武闘派。ただし頭をまったく使わない行き当たりばったりな性格のため、他の仲間からは軽んじられている。「ウスノロ」といわれると我を忘れて激怒する。出自とエメリウスへの忠誠の経緯は、ヴィオレッタと同様。
エメリウスの命令を忠実に守れば褒めてもらえるという意識があって、コーネルは自尊心が強く、自分はもっと立派な人間だと考えているので、自尊心を傷つけられると簡単にブチ切れてしまう。そのあたりをミランダに看破されているので簡単にあしらわれてしまう。
「アルフィナをアークリフに近づけるな」というエメリウスの命令によって追っていたが、コーネルはミランダ達から思わぬ抵抗を受けて、いつの間にかアルフィナを捕まえることに躍起になってしまう。その後はエメリウスの狂気にビビったあまり、スルマニアから逃亡。逃げたあとはミランダとアロンソに出会ってこき使われ、落ちぶれる[4]。 
ロウ・イル
声 - 茶風林
元はバース界の医師だったが、ゾーンの呪いによって倒れていく人を助けられない自分に失望し死者を操るネクロマンサーと身を落とした。ゾンビ化してから何百年も生きている人間である。その力に目をつけたエメリウスに見出され仲間に加わったが、無口で他の同志とは接触を持とうとしない。彼自身はエメリウスと一緒にいると血がたくさん流れそう、楽しそうだという理由で同行している[4]

聖獣[編集]

グリフ(Griff)
声 - 倍賞千恵子
鷹の姿をしている。聖獣の長で、アークリフ神殿での儀式の際に現れる。
ドラク(Drakk)
声 - 螢雪次朗
竜の姿をしており、飛竜の谷で結界を張っている。飛竜の民から崇拝されている。
ヨウト(Yought)
声 - つじしんめい
羊の姿をしており、バラク遺跡の奥にいる。バラクの集落に住む者の守護神。
セイバ(Saeba)
声 - 螢雪次朗
一角獣の姿をしている聖獣。
ウナマ(Unama)
声 - 千葉紗子
イルカの姿をしている聖獣。
ゾーン(Xorn)
声 - 篠井英介
作中では闇の聖獣または無の聖獣と呼ばれ、どちらが正しいのかは不明。
先天的に他の存在と同化する能力を持ち、すべてのものと同化することを最終的な目的としている。
12枚の翼を持つ、隻眼(戦闘パートでは双眼)の怪鳥の姿をしている本作のラスボス。

システム[編集]

フィールド[編集]

フィールドでは移動の他、これまでのシリーズにはなかった剣が使えるようになり、障害物を破壊したりモンスターを気絶させたりすることができる。敵と接触すると戦闘となるが(シンボルエンカウント)、この際、敵が気絶状態のときに接触すると、敵を挟み込むプレイヤーに有利な陣形から始まり、敵に後方から接触されると敵に挟み込まれた不利な陣形から戦闘が開始される。

画面左下にはマップが表示されており、現在の位置やセーブポイントである光の玉の位置などが示されている。ただし、飛行機に乗っている間は表示されない。ダンジョン内では「Gサーチ」を実行でき、近くに宝箱があるとその場所が光って表示される。

ゲームを進めると飛行機が入手でき、空を飛び回れるようになる。着陸できる場所は限られているが、街や名所などの詳しい説明を見ることができるポイントがある。

戦闘システム[編集]

コマンド戦闘とリアルタイム戦闘を上手く複合させ、上級者向けではあるが爽快感のある戦闘が楽しめる。また、戦闘中のアドバイスシステムは、RPGに慣れないユーザーにも分かりやすい。

戦闘システムは前作までを踏襲したものだが、新たに「空中コンボ」「オーブ」の要素が取り入れられた。「空中コンボ」は、味方の攻撃などで空中に浮いた敵に対して攻撃しようとすると、攻撃が空中コンボ専用の技に変化し与えるダメージが増加するもので、味方との連携攻撃が可能になった。「オーブ」は、シナリオ内で手に入れた聖獣の力を使うことができる。ただし一度オーブを使うと、モンスターを倒して再びエネルギーを蓄えるまで使えない。

必殺技[編集]

必殺技はスペシャルポイント(SP)を消費することで使用できる各キャラクター固有の攻撃。「スペシャルレベル」を上げることで新しい必殺技を習得できる。同じ必殺技を使い続けることで熟練度が上がり、それによって攻撃力が上昇したり攻撃までの準備時間が短縮したりする。

魔法・マナエッグ[編集]

「魔法」はマジックポイント(MP)を消費することで使用できる攻撃方法。魔法はショップなどで入手することができ、その魔法を装備することで使用できるようになる。光の玉(セーブポイント)で自由に着脱できるので、状況に合わせた装備が可能。装備できる魔法の数は、各キャラクターの「マジックレベル」を上げることによって増えていく。 「マナエッグ」は魔法の力が籠められているアイテムで、装備することで使用する魔法の効果を高める効果がある。また、マナエッグ同士の合成によってよりレベルの高いマナエッグを作り出したり、新たな魔法を生成したりすることができる。

スキル・スキルブック[編集]

「スキル」は、魔法同様を装備することで効果を発揮し、新たな能力を得ることができるアイテム。装備できるスキルの数は、各キャラクターの「スキルレベル」を上げることによって増えていく。魔法と同様、着脱も自由。 「スキルブック」は、スキルが籠められているアイテムで、装備することで装着中のスキルの効果を高める効果がある。スキル屋にて、スキルブックを失う代わりに新たなスキルを生成することも可能。

テーマソング[編集]

「In The Sky」
歌手 - Miz
オープニング映像では英語で歌われたものが使われており、アルバム『Mizrock』に収録されている。

スタッフ[編集]

  • 総監督:高橋秀信
  • メインシナリオライター:はせべたかひろ
  • 映像監督・シナリオ監修:金田龍
  • CGプロデュース:倉澤幹隆
  • 音楽:岩垂徳行
  • キャラクターイラスト:吉成曜

関連商品[編集]

攻略本[編集]

  • グランディアIII 公式コンプリートガイド(2005年9月)

小説[編集]

ノベライズ作品が発売されている。細江ひろみ著、イラスト吉成曜。ゲームでは説明が不充分な部分が多いが、その一部が語られている。

サウンドトラック[編集]

  • 『グランディアIII オリジナルサウンドトラックス』

脚注[編集]

外部リンク[編集]