宮路武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

宮路 武(みやじ たけし、1965年12月22日 - 2011年7月29日)は、ゲームクリエイター

ガングリフォン』シリーズや『グランディア』シリーズの生みの親。兄は宮路洋一。携帯電話ゲームの制作・運営会社株式会社ジー・モードの元代表取締役社長。

概要[編集]

15歳でアスキーで活動を始める。アスキーではプログラミングの本も書いている。

19歳でゲームアーツを兄の洋一などアスキーの仲間達と立ち上げる。以降16年間ゲームアーツの取締役開発部長として活躍。ガングリフォングランディアシルフィードなどのディレクター、プロデューサーをつとめる。

2000年には携帯電話向けのゲーム開発会社のジー・モードを設立。

2011年7月29日死去。45歳没[1][2]。生前脳腫瘍を患っており、2010年には手術を行っていた[3]

作品[編集]

関連人物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 代表取締役の異動に関するお知らせ(証券コード:2333 | IR 書類ナビゲータ) (PDF)” (2011年8月1日). 2011年8月1日閲覧。
  2. ^ 宮路武氏=ジー・モード社長 : おくやみ : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
  3. ^ 週刊ファミ通NO.1192 『80's Heroes ゲーム黎明期を生きた男たち ゲーム業界温故知新 パートII』Vol.001(P.219)

外部リンク[編集]