石原義彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

石原義彦(いしはら よしひこ)は日本の実業家。青山学院大学卒業[1]1990年日興証券入社[1]。地方リテール営業、本社ホールセール営業に従事。その後、2000年3月に同社退社。ホールセール時代、角川書店バルス等を担当し、後に角川歴彦会長の計らいで宮路武と知り合う。世界初のモバイル向けゲーム制作会社、株式会社ジー・モードの経営に参画し[2]、後に代表取締役に就任[1]。角川、ビックカメラ、バルス、ドコモ・ドットコム等からの資本調達を行いう。株式上場業務、ライセンス取得業務、コンテンツ営業部の創設等、新規事業を統括。YMCAのアドバイザー等も兼務した。

その後、「ユーリーグ社」への融資の焦げ付きに対し、CFOとしての責任を取り、株主総会で再任せず退任。

現在は、個人で「企業コンサルティング」を行う。また、青山学院大学 青山スタンダードにて、「非常勤講師」も行う。

2016年は、1部上場企業の新規事業の創設+人材調達の支援。ゲームプラットフォーマー企業の、オートモーティブ新規事業に対する支援等も手掛ける。

脚注[編集]

  1. ^ a b c “【挑む】シェアーズ・石原義彦社長 著作権クリアした結婚式BGM提供 (2/2ページ)”. SankeiBZ ((株)産経デジタル). (2013年11月5日). http://www.sankeibiz.jp/business/news/131105/bsl1311050501000-n2.htm 
  2. ^ “アプリックス、モバイルゲーム会社のジー・モードを株式公開買い付け”. CNETジャパン. (2009年11月16日). http://japan.cnet.com/news/biz/20403677/