孫泰蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

孫 泰藏(そん たいぞう、1972年9月29日 - )は、日本の連続起業家(シリアル・アントレプレナー)、実業家、投資家。

2015年現在、A hub for startup ecosystemを標榜するMistletoe株式会社の代表取締役社長。その他、ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社の創業者兼代表取締役会長、実践型インターンシップ・社会起業・起業支援を行う特定非営利活動法人エティックの理事、等。[1] 東京大学経済学部卒業。兄はソフトバンクグループの創業者である孫正義

人物・来歴[編集]

佐賀県鳥栖市出身。久留米大学附設中学校・高等学校を卒業。東京大学経済学部在学中の1996年、Yahoo!Japanの立ち上げに参画し、コンテンツ開発の統括者としてプロジェクトに大きく貢献した。[2]その後、Yahoo!Japanの運営やコンテンツ制作をサポートするインディゴ株式会社を設立し、代表取締役に就任。アプリケーションサービスプロバイダシステムインテグレーション等、インターネット関連ビジネスを手掛ける。[3]

1998年、ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社の前身となるオンセール株式会社の設立に参画、代表取締役に就任。2002年に現行の社名に変更するとともに、韓国のゲーム会社であるGravity社よりラグナロクオンラインの日本国内運営権を獲得し、PCオンラインゲーム運営事業を開始。同社は2005年3月9日に大証ヘラクレス市場(現JASDAQ)上場。[4]2012年2月にリリースしたスマートフォン・タブレット向けアプリ「パズル&ドラゴンズ」(iOS/Android)は同社の業績に大きく貢献し、2013年には時価総額が一時、1兆円を突破した。[5]

2009年、本格的なスタートアップ支援を開始するために、MOVIDA JAPAN株式会社を設立、代表取締役CEOに就任。スタートアップ企業への投資および育成を行うシード・アクセラレーター部門を設置し、 数多くのスタートアップ企業を輩出した。[6][7]なお、2014年6月をもって、MOVIDA JAPANのシード・アクセラレーション・プログラムは終了しており、MOVIDA JAPANの投資機能はベンチャー・キャピタル・ファンドであるGenuine Startupsとして独立した。[8]

2013年、シード・アクセラレーションから踏み込んでさらに広範囲なスタートアップ支援を行うべく、Mistletoe株式会社を設立。同社は、IoTスタートアップの育成を行う株式会社ABBALab(アバラボ)や、インダストリアル・デザイナーの起業教育を行うGEUDA(ギウーダ) 一般社団法人等の数多くの起業家・スタートアップ育成活動のサポート、スタートアップ・コミュニティの構築、国内外のスタートアップ企業への出資ならびに育成および、独立系ベンチャー・キャピタル・ファンドへの出資等、包括的にスタートアップ生態系の形成・発展に貢献している。[9][10]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 特定非営利活動法人エティック”. 特定非営利活動法人エティック. 2015年4月21日閲覧。
  2. ^ 【ベンチャー三国志】Vol.8 孫泰蔵、死に物狂いでヤフー立ち上げ/モビーダジャパンCEO 孫泰蔵”. 2015年4月21日閲覧。
  3. ^ 【INTERVIEW】Jerry Yang氏に影響されてスタートした学生ベンチャーの今――インディゴ孫泰蔵氏、林竜二氏インタビュー”. ASCII.jp. 2015年4月21日閲覧。
  4. ^ ガンホーの歴史”. ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社. 2015年4月21日閲覧。
  5. ^ ガンホー時価総額が1兆円突破”. ITmedia. 2015年4月21日閲覧。
  6. ^ ABOUT MOVIDA”. MOVIDA JAPAN. 2015年4月21日閲覧。
  7. ^ 孫泰蔵氏が仕掛けるシードアクセラレーションプログラム、投資領域は5つ”. TechCrunch Japan. 2015年4月21日閲覧。
  8. ^ MOVIDA JAPANが体制を刷新、今後は嶋根氏が事業の舵取りに–伊藤氏は投資注力”. TechCrunch Japan. 2015年4月21日閲覧。
  9. ^ ABBALab”. ABBALab. 2015年4月21日閲覧。
  10. ^ GEUDA”. GEUDA. 2015年4月21日閲覧。

外部リンク[編集]