孫泰蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

孫 泰藏(そん たいぞう、1972年9月29日 - )は、日本の実業家。アジアン・グルーヴ合同会社代表。

2012年現在はガンホー・オンライン・エンターテイメントJASDAQ上場)代表取締役会長、モビーダジャパン株式会社代表取締役CEO

兄はソフトバンクグループの創業者である孫正義。孫正義のソフトバンクグループとは、同グループの顧問を務めるなどの関係にあるが、アジアングルーヴとソフトバンク両社の間に直接的な資本関係はない。

人物・来歴[編集]

福岡県福岡市で生まれ、佐賀県鳥栖市で幼少時代を過ごす。久留米大学附設中学校・高等学校を経て、東京大学経済学部卒業。中学・高校時代の同級生にはライブドア元社長の堀江貴文がいる。大学在学中から、実兄の孫正義が設立したヤフーのプロジェクトに関与するなどビジネスの経験を積む。

1996年にヤフーの運営や制作をサポートするインディゴ株式会社を設立。ASPシステムインテグレーションなどインターネット関連のビジネスに関わる。2002年2月には持株会社としてインディゴホールディングス株式会社(後のアジアングルーヴ株式会社)を設立するが、間もなくインディゴホールディングス傘下にあるインディゴ株式会社を売却。そのため現在インディゴと孫泰蔵の間の関係はなくなっている。

1998年、ガンホーの前身となるオンセール株式会社(アメリカのOnSaleとソフトバンクとの合弁企業)の発足に携わり、初代社長となる。当初はオークション事業を行っていたが、2002年、現行の社名に変更するとともに、韓国のゲーム会社Gravityより『ラグナロクオンライン』の国内運営権を獲得し、オンラインゲーム運営事業を開始。2005年8月末には、ラグナロクオンラインの開発会社・Gravityの会長から52.4%の株を買い、事実上Gravityの大株主となった。

2005年11月にはガンホーとアジアングルーヴ及び傘下の投資事業組合がキャラクターコンテンツ業社ブロッコリーの株式を親会社タカラから取得、合計持分が51.3%となった。これによりブロッコリーはアジアングルーヴ傘下に入った(後に株式を売却しており、現在はブロッコリーとは全く資本関係はない)。

なお2012年8月現在、アジアングルーヴは合同会社に改組された上で、ガンホー(14.50%保有、第3位株主)等の株式を保有する持株会社となっている。 また2013年3月25日、ソフトバンクは持分法適用会社であるガンホー・オンライン・エンターテイメント(以下ガンホー)について、アジアングルーヴから株式を買い上げるかたちで、連結子会社化すると発表した。

2011年にはスタートアップ企業支援を専門とするベンチャーキャピタル、モビーダジャパン株式会社を創業した(会社設立は2009年[1])。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Company - MOVIDA JAPAN Inc.

外部リンク[編集]