金田龍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

金田 龍(かねだ りゅう、1961年 - )は、日本映画監督脚本家

人物・来歴[編集]

岡山県出身。多摩芸術学園映画学科を卒業後にテレビ、CM、映画などの助監督を経験。1989年に『満月のくちづけ』で監督デビューする[1]。同作品が第9回ローマ国際ファンタスティック映画祭で最優秀監督賞を獲得する[1]

監督業の傍らゲームソフト界でも活躍し、カンパニーAZAに所属している。

映画監督との雨宮慶太とは1989年の東京国際ファンタスティック映画祭で出会って以来、公私に渡る交友関係が続いている[1]。『電影少女』を制作していた頃に雨宮とテレビシリーズの制作を構想し、2005年に『牙狼<GARO>』として実現した[1]。満足したカットが撮れた時に「そういう事!」と言うのが口癖である。

監督作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

ゲームソフト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 「MAKING INTERVIEW 003 監督 金田龍」『牙狼〈GARO〉公式ビジュアルブック』 ホビージャパン〈ホビージャパンMOOK177〉、2006年4月26日、60頁。ISBN 4-89425-425-5