風のようにうたが流れていた

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小田和正 > 小田和正の作品一覧 > 風のようにうたが流れていた
月曜組曲・風のようにうたが流れていた
ジャンル 音楽番組
演出 中鉢功
出演者 小田和正・他
エンディング風のようにうたが流れていた
製作
プロデューサー 阿部龍二郎服部英司
制作 TBS
放送
音声形式ステレオ放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間2004年10月4日 (2004-10-04) - 12月20日
放送時間24:25 - 25:00頃
放送枠月曜組曲
放送分約30分
回数11
テンプレートを表示

風のようにうたが流れていた』(かぜのようにうたがながれていた)は、2004年10月4日から12月20日まで、毎週火曜日0時30分から1時間枠(月曜深夜)で、11回にわたりTBS系列で放送された音楽番組月曜組曲」の第一部(前半30分)で、小田和正がホストとメインアーティストをつとめた、小田初のテレビレギュラー番組である。この番組のテーマ曲として、小田が同名の新曲を作った。また、同番組収録のDVDのタイトルでもある。

2019年 (2019)放送の「小田和正音楽特番『風のようにうたが流れていた』」についても取り上げる。

概要[編集]

「小田和正の個人的音楽史」がコンセプトで、物心がついた1950年代に始まり、自身の音楽との関わりを振り返りながら、自身が影響を受けたり感銘を受けた「うた」や音楽家、また時代背景や個人的な思い出を語りつつ、幅広い曲目を演奏していった。毎回テーマがあり、それに沿ったゲストも登場して、小田と共に語り共に歌った。「風のようにうたが流れていた」という番組タイトルは、小田がふと思いついて番組プロデューサー阿部龍二郎に伝え、決まったものである。

演奏曲は、小学校唱歌から、歌謡曲フォークソング洋楽賛美歌にいたるまで多岐にわたった。もちろん個人的音楽史を語る上で、オフコース時代からの自作曲も多く演奏された。

番組テーマ曲「風のようにうたが流れていた」は、小田のアルバム『そうかな 相対性の彼方』に収録された。

当初は12回の予定だったが、2004年10月26日 (2004-10-26)放送分が前夜の日本シリーズ中日-西武第7戦中継が試合終了まで延長したため、放送休止となり、11回放送となった。

2004年 (2004)の『クリスマスの約束』は、ごくわずかな時間のインタビュー以外は、当番組の総集編が放送された。

レギュラー出演者[編集]

詳細[編集]

曲目はDVD収録のもの。太字はテレビ公開曲。
# テーマ ゲスト O.A[1] 曲目
第1話 母の背中で聴いたうた。小学校で歌ったうた。
幼少期に大流行していた歌謡曲と、大好きだった「おちよさん」。
島倉千代子 2004年10月4日 (2004-10-04)
第2話 子供の頃から接していた洋楽。テレビから流れていたうた。
中村八大永六輔コンビの名曲たち。
  2004年10月11日 (2004-10-11)
第3話 大学生時代に全盛だったフォークソング、プロテスト・ソング。
シンガーソングライターとしての出発点。
  2004年10月18日 (2004-10-18)
第4話 同期生(1) 欠かせない音楽仲間 山本潤子 2004年11月1日 (2004-11-01)
第5話 尊敬する大先輩 ムッシュかまやつ 2004年11月8日 (2004-11-08)
第6話 プロになっても売れなかった頃。
もう一緒に歌えない仲間たち。
  2004年11月15日 (2004-11-15)
第7話 同期生(2) ずっと友達 財津和夫 2004年11月22日 (2004-11-22)
第8話 オフコース」のヒット曲たち   2004年11月29日 (2004-11-29)
第9話 僕にとっての「オフコース」   2004年12月6日 (2004-12-06)
第10話 ソロになってからの活動。初めての楽曲提供。 鈴木雅之 2004年12月13日 (2004-12-13)
第11話 これからもずっと「遥かな想い」 スターダスト・レビュー 2004年12月20日 (2004-12-20)

収録・観客[編集]

放送時間[編集]

深夜番組のため、TBS以外の系列局では同時間帯に放送されない局が多かった。数週遅れだったり、翌2005年 (2005)になってから放送されたり、放送が全く無い地域もあった。

DVD[編集]

風のようにうたが流れていた DVD-BOX
小田和正DVD
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル BMGファンハウス / TBS
4DVD:FHBL-1008~11
【Blu-ray】アリオラジャパン / ソニー・ミュージックレーベルズ / TBS
4BD:FHXL-3006~9
プロデュース 阿部龍二郎 / 服部英司(TBS)
小田和正 映像作品 年表
小田和正 カウントダウン・ライブ ちょっと寒いけどみんなで SAME MOON!
2001年
風のようにうたが流れていた DVD-BOX
2005年
小田和正コンサート "どーもどーも"その日が来るまでin東京ドーム
2012年
EANコード
ASIN B00092QSPK,JAN 4988027022105
【Blu-ray】
ASIN B01M261L0H,JAN 4547366283167
テンプレートを表示

2005年5月 (2005-05)、放送されなかった楽曲やトークを大幅に加えて4枚組DVDBOXとして発売された。ただし、放送時に挿入されたスーパーは収録されていない。付属の冊子(84ページ)には、全収録曲の歌詞と小田のトークに出た用語集がある。

また、映像特典として小田のインタビューと、オフコース結成時に出場したヤマハ・ライト・ミュージック・コンテストの音源と写真[2]、2種類のタイトルバック映像(このうちの一つは小田自身の演出によるもの)が収録されている。

2016年12月 (2016-12)Blu-ray Discにて再発された。

小田和正音楽特番『風のようにうたが流れていた』(2019年)[編集]

小田和正音楽特番『風のようにうたが流れていた』
ジャンル 音楽番組
特別番組
出演者 小田和正 ほか
製作
プロデューサー 服部英司
制作 TBS
放送
音声形式ステレオ放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間2019年3月29日 (2019-03-29)
放送時間24:20-25:50
放送分90分
回数1
小田和正音楽特番「風のようにうたが流れていた」
テンプレートを表示

解説[編集]

『クリスマスの約束』の制作チームが手がける特別番組として[3]、2019年3月29日 (2019-03-29)深夜に放送[4]。収録は同年3月6日に小田の母校である神奈川県横浜市聖光学院中学校・高等学校で行われた[5][6]

今回の特番には矢野顕子熊木杏里佐藤竹善SING LIKE TALKING)、JUJUスキマスイッチ根本要STARDUST REVUE)、水野良樹いきものがかり)、矢井田瞳、和田唱(TRICERATOPS)がゲスト出演。杏と矢野は、小田の音楽番組に登場するのはこれが初となる[5]。ライブの模様はテレビ放送のほか、動画配信サービス「Paravi」でも配信された[5]。さらに同年12月20日21:00 - 22:54にBS-TBS及びBS-TBS4Kにて再放送された。

出演者[編集]

ゲスト[編集]

バンドメンバー[編集]

ストリングス[編集]

スタッフ[編集]

  • ナレーション:松たか子
  • アーティストマネージメント:吉田雅道、木下智明、船越達也、望月英樹、串田俊哉、横尾隆
  • TM:近藤明人
  • TD:中野啓
  • VE:高橋和同
  • VTR:古川久美子
  • チーフカメラ:田代和也
  • クレーンカメラ:野坂和恵
  • ENG:望月浩二郎、西浦清
  • 音声:相馬敦
  • AUDIO/MIX:三上義英、小島聖平
  • MTR:小野菜摘
  • PA:中澤望、木村史郎、菊池浩、示野佑里恵、小松崎剛、松田悠里
  • 照明:清水朝彦
  • 4Kアドバイザー:長谷川晃司
  • 技術アドバイザー:河野志朗
  • 美術プロデューサー・美術デザイナー:山口智広
  • 美術制作:小栗綾介
  • 装置:石原隆
  • 電飾:西田和正
  • 楽器:田中進、下光智樹、徳増光彦、小出逸斗、高野春翼
  • ヘアメイク:林崎真理子
  • プロンプター:尾崎至晃、稲葉真奈津
  • 日本語訳詞:江川康司
  • 公開放送:廣中信行、松元裕二
  • オープニングCG:オムニバス・ジャパン
  • 編集:浦邉啓、磯辺宏章
  • MA:池亀淳一
  • 音響効果:竹田周二、加藤博紀
  • TK:長谷川道子
  • 技術協力:東通TBSテックスエヌ・エス・ティーティ・エル・シータムコジェイ・クルー、レントアクト昭特、RISING、otoya、SEPT・1
  • 美術協力:アックス
  • 協力:FAR EAST CLUB INC.トップコートワーナーミュージック・ジャパンソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ、Rhapsody、FIREBUG、shift music、UMU、FLAG、BREAK THROUGH、LEO MUSIC、キューシート、フェイス・ミュージック、テイパーズ
  • 衣装協力:BRUNELLO CUCINELLI
  • 写真提供:ゲッティ
  • 撮影協力:聖光学院中学校・高等学校
  • 構成:恒川省三
  • アシスタントプロデューサー:久松理絵
  • 演出補:松木秀祐
  • ディレクター:渡辺三智夫、伊藤雄介
  • 舞台監督:早川康弘、長橋達雄、上川内佳子、岡本理紗
  • ライブ演出:柴田猛司
  • プロデューサー:服部英司
  • 制作協力:TBS SPARKLE
  • 製作著作:TBS

演奏曲[編集]

  1. この道を / 小田和正
  2. 風のようにうたが流れていた / 小田
  3. David / 矢野顕子、小田 ※演奏前に矢野が「Yes-No」を即興で披露。
  4. 中央線 / 矢野、小田
  5. 青春の輝き / JUJU、杏、小田
  6. SWEET MEMORIES / 杏、和田唱、小田
  7. 春だったね / スキマスイッチ、根本要、水野良樹、小田
  8. 元気を出して / スキマスイッチ、根本、水野、小田
  9. メドレー / 和田、小田
    1. I Could Have Danced All Night
    2. Singin' in the Rain
    3. Tears in Heaven
    4. The Third Man
    5. Mrs. Robinson
    6. Que Sera, Sera
    7. Smile
  10. YES-YES-YES / 小田、佐藤竹善、スキマスイッチ、和田、杏、JUJU、根本、水野
  11. The Sweetheart Tree / 小田、和田、佐藤、杏、JUJU、スキマスイッチ、矢井田瞳、熊木杏里
  12. 風のようにうたが流れていた / 小田、和田、佐藤、杏、JUJU、スキマスイッチ、矢井田、熊木

※最後に小田が感謝の言葉を述べ、「my home town」の一節を歌った。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ 『風のようにうたが流れていた / そうかな』販促用パンフレット
  2. ^ 収録曲は「竹田の子守唄」(赤い鳥)、「Jane Jane」(ジ・オフコース)、「金比羅舟々」(フォー・シンガーズ)。
  3. ^ 小田和正出演のTBS音楽特番「風のようにうたが流れていた」3月OA”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年2月5日). 2019年3月24日閲覧。
  4. ^ “TBS小田和正特番「風のようにうたが流れていた」3・29放送決定!昨年なしの「クリ約」の代わりに”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. (2019年2月4日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/02/04/kiji/20190204s00041000277000c.html 2019年2月4日閲覧。 
  5. ^ a b c d e f g h i j k l 小田和正が母校・聖光学院でライブ「風のようにうたが流れていた」に杏、矢野顕子ら”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年3月8日). 2019年3月24日閲覧。
  6. ^ “矢野顕子 NYから駆けつけ小田和正と共演!カバー秘話「原曲のかけらもない(笑)」TBS「風うた」”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. (2019年3月8日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/03/08/kiji/20190307s00041000439000c.html 2019年3月8日閲覧。 

外部リンク[編集]

SonyMusic

TBSテレビ