オフランプ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
オフランプ
(旧日本語題:愛のカフェ・オーレ)
パット・メセニー・グループスタジオ・アルバム
リリース
録音 1981年10月
ジャンル ジャズ, フュージョン
時間
レーベル ECMレコード (ECM 1216)
プロデュース マンフレート・アイヒャー
専門評論家によるレビュー
パット・メセニー・グループ 年表
アメリカン・ガレージ
(1980)
オフランプ
(1982)
トラヴェルズ
(1983)
テンプレートを表示

オフランプ」(旧日本語題:愛のカフェ・オーレ, Offramp)は1982年に発表した、パット・メセニー・グループのアルバムおよびそのタイトル・トラック。1983年にグラミー賞ベスト・ジャズ・フュージョン・パフォーマンス賞を受賞。

発売当初の日本のレーベルはトリオ・レコードで、「愛のカフェ・オーレ」の名前で発売したが、ポリドールに替わるにあたり、原題表記に改名された。"Barcarole"は「ベニスの舟歌」、"Are You Going With Me?"に「ついておいで」、"James"は「ジェームス・テイラー」の日本語題がつけられている。

トラック・リスト[編集]

全作曲: ライル・メイズパット・メセニー
*印にはナナ・ヴァスコンセロスも参加。
#タイトル作詞作曲・編曲注釈時間
1.「"Barcarole"*」 ライル・メイズパット・メセニー
*印にはナナ・ヴァスコンセロスも参加
旧日本語題は「ベニスの舟歌」
メセニー自身によれば「ボート・ピープルを描いた曲」との事。
2.「"Are You Going With Me?"」 ライル・メイズパット・メセニー
*印にはナナ・ヴァスコンセロスも参加
日本語題「ついておいで」。来日公演で初めて演奏された時にはまだタイトルが付けられておらず、「フリートウッド・マック・チューン」と呼ばれていた。マックの「リアノン」に通じる独特なリズムが印象的な曲となっている。
3.「"Au Lait"」 ライル・メイズパット・メセニー
*印にはナナ・ヴァスコンセロスも参加
メセニー曰く、タイトルは闘牛の掛声から。(「オ・レ」(ミルク入り)の意味も引っ掛けられている)
4.「"Eighteen"*」 ライル・メイズパット・メセニー
*印にはナナ・ヴァスコンセロスも参加
スティーブ・ライヒの「18人の音楽家の為の音楽」より命名された。メセニーがピアノを、相方ライル・メイズがギターを演奏して作った曲との事。
5.「"Offramp"」 ライル・メイズパット・メセニー
*印にはナナ・ヴァスコンセロスも参加
高速道路のランプの意。後半にシンセサイザー・ギターのデータ伝達エラーを用いた「バグパイプ風」とメセニーが語る奏法が聴ける。
6.「"James"」 ライル・メイズパット・メセニー
*印にはナナ・ヴァスコンセロスも参加
日本語題「ジェームス・テイラー」
ジェームス・テイラーに捧げられた曲
7.「"The Bat, Pt. 2"」 ライル・メイズパット・メセニー
*印にはナナ・ヴァスコンセロスも参加
メセニーソロ名義のアルバム80/81に収録されていた同曲のシンセサイザー版。
合計時間:

パーソネル[編集]

チャート[編集]

アルバム - ビルボード

Year Chart Position
1982 Black Albums 43
1982 Jazz Albums 1
1982 Pop Albums 50

[編集]

グラミー賞

Year Winner Category
1983 Pat Metheny en:Grammy Award for Best Jazz Fusion Performance

外部リンク[編集]