パックンマックン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
パックンマックン
メンバー パックン
マックン
結成年 1997年
事務所 ハブ・マーシー
活動時期 1997年 -
現在の活動状況 テレビ・ライブなど
芸種 漫才コント
現在の代表番組 「7スタLIVE」「ものスタ」「世界番付」「未来世紀ジパング」「うたなび!」「JAL旅ウオーク」「静岡発そこ知り」「いま世界は」
過去の代表番組 「ジャスト」「爆笑オンエアバトル」「英語でしゃべらナイト」「笑点」「エンタの神様」「ラジかるッ」「カラダのキモチ」「発見!日本の旅ウオーク〜ウオーキングプラス」「みちブラっ!静岡十八番」「ザ・リーダー」「Make On The Holiday!」「龍馬伝」「蝶々さん」
同期 ライセンスカラテカ など
公式サイト パックンマックン
テンプレートを表示

パックンマックンは、日本人米国人のお笑いコンビ。芸能事務所ハブ・マーシー所属。異国コンビのパイオニア。基本的には正統派の漫才やコントではあるが、日米の差異もネタに取り入れている。情報番組や英語にまつわるコーナーへも出演している。近年は講演も行っている。

メンバー[編集]

パックン(本名:パトリック・ハーラン(Patrick Harlan)、 1970年11月14日 - )

マックン(本名:吉田 眞(よしだ まこと)、1973年3月26日 - )

エピソード[編集]

  • 1997年、2人はお互いの知り合いを通じて[1]知り合った(マックンによれば「知り合いの知り合いの知り合いの紹介」[2])。待ち合わせは渋谷のハチ公前だった[2]
  • マックンの家にはじめてパックンが招かれたとき、マックンが母親に反抗的な口を利いてるのを見てパックンが本気でマックンに説教をした。理由は「アメリカ人は母親を大事にする民族で、(日本人から見れば)全員マザコンみたいなものなので、母親に反抗的なマックンの態度が信じられなかった」とのこと[3]
  • コンビ結成後マックンが初めてパックンの自宅を訪れた時、パックンは風呂上りで全裸だった。パックンいわく「アメリカ人は開放的」だからだという[3]
  • 2004年にラスベガスで、2007年にはハリウッドで英語漫才に挑戦、成功をおさめる[4]
  • マックンはパックンに対して叩くツッコミを入れる事ができない。パックン曰く、「アメリカ人には自分のテリトリーがあり、叩かれると侵された気がするから」で、一時期それが原因で解散寸前にまで追い込まれたことがあるという[5]
  • 2008年に「△□○コビッチ」で歌手デビューした。
  • パックンは献血が好きで、都内の献血ルームに、時折り出向いて献血している。
  • マックンは大の釣り好き。川釣りから、最近は海釣りにはまっている。

出演番組[編集]

バラエティ[編集]

現在の出演[編集]

過去の出演[編集]

舞台[編集]

劇場アニメ[編集]

ラジオ[編集]

現在の出演[編集]

過去の出演[編集]

CM[編集]

その他[編集]

音楽[編集]

書籍[編集]

  • パックンのAre you a 国際人?」(2013年3月、毎日新聞社)
  • パックンマックン 海保知里 笑う英作文」(2013年3月、扶桑社)
  • パックンマックンの笑われる英語 笑わせる英語(2002年、青春出版社ISBN 4413033477
  • 小卒レベルのおれがラスベガスで英語で漫才ができた理由(2004年、幻冬舎ISBN 434400468X
  • パックンマックンの「使いこなせ! カタカナ語」ビジネス編 仕事で役立つ頻出300語マスター(2006年、小学館ISBN 4093103925
  • 中学生のためのショート・ストーリーズ 2 パックンマックンが選ぶ旅と冒険の話集(2007年、学習研究社ISBN 4052026276)※野口健(著)、パックンマックン(編集)、須山 静夫(翻訳)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ パックンマックンさん インタビュー”. eigotown.com. 2015年9月4日閲覧。
  2. ^ a b 公式Twitter 2014年3月19日
  3. ^ a b 週刊朝日 2008年2月15日号 54~58ページ『マリコのゲストコレクション』
  4. ^ 「パックンマックン」は料理自慢と風呂好きコンビ!”. 東京ガス (2012年12月18日). 2015年9月4日閲覧。
  5. ^ ゆうちょ LETTER for LINKS「絆ストーリー お笑い芸人 パトリック・ハーランさん」”. TOKYO FM (2014年6月22日). 2015年9月4日閲覧。

外部リンク[編集]