コンテンツにスキップ

山路徹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
山路やまじ とおる
生誕 (1961-09-23) 1961年9月23日(62歳)
日本の旗 日本東京都
職業 ジャーナリスト
APF通信社代表取締役)
配偶者 大桃美代子2003年 - 2006年[1]
麻木久仁子2006年 - 2010年
公式サイト 山路 徹 - TCP Artist
テンプレートを表示

山路 徹(やまじ とおる、1961年昭和36年〉9月23日 - )は、日本のジャーナリスト。株式会社APF通信社代表取締役。 かつての配偶者はタレントの大桃美代子[2][1]およびタレントの麻木久仁子[2][1][3]。この他、大桃との結婚前にも一般女性との結婚歴がある[4]。 業務提携先はTCP Artist。学歴はあまり公表していないが、2011年6月13日放送のネプリーグに中央大学中退として出演。

経歴

[編集]

東京都出身[5]。兄がいたが2022年に逝去した[6]TBS系列の番組制作会社に勤務後、1980年代末頃、テレビ朝日系の番組制作会社であるテレビ朝日映像に中途採用で入社。配属された「ニュースステーション」の先輩スタッフのひとりだった長井健司と出会い、「スタッフとしてのイロハ」を教わる[5]1992年12月、「株式会社APF通信社」を設立[7]。同社代表取締役に就任[8]2010年11月7日ミャンマー(ビルマ)東部のミャワディ(タイとの国境に接する地域)で、不法入国の容疑でミャンマーの秘密警察に拘束された[9]が、その後、釈放された[10]。報道時の本名は、「松本徹」であった[10](麻木と再婚した際に彼女が松本晃彦と離婚した際に名乗っていた松本姓を自身も名乗っていたため)。これまで、カンボジアパレスチナボスニアソマリアアフガニスタン等紛争地、戦争の現場を取材した。2014年2月16日、豪雪に見舞われた山梨県に取材に向かう途中、神奈川県相模原市緑区の路上で交通トラブルに遭い一方的な襲撃を受ける。怪我は無かったものの自動車が損傷したために被害届を津久井警察署に提出。後日、襲撃グループは逮捕された[11]

またジャーナリストになる前にはCMディレクターを務めており、1985年頃に放映されていたヨドバシカメラテレビコマーシャルの制作を担当したことを明かしている[12]

主張

[編集]

禁煙ファシズム批判

[編集]
  • 2017年ドワンゴが主催した座談会『禁煙ファシズムに断固反対!愛煙家大集合スペシャル』に出演した際、厚生労働省受動喫煙防止を目的に推し進めていた原則屋内禁煙の健康増進法改正案について、「喫煙者を殲滅しようとしている」と持論を展開した[13]。同年、喫煙文化研究会が主催したシンポジウム『たばこはそんなに悪いのですか?2017』に出席した際にも、同様に「半ば義務のような形で法律が国民一人一人に健康でなければいけないんだ!と迫っている。これにすごく違和感を覚える」と日本の受動喫煙対策を批判している[14]

著作

[編集]

共編著

[編集]

出演

[編集]

テレビ

[編集]

ラジオ

[編集]

出典

[編集]
  1. ^ a b c 大桃美代子:関係知って「感情を抑えることができなかった」 会見詳細 - 毎日jp(毎日新聞) Archived 2010年12月26日, at the Wayback Machine.
  2. ^ a b asahi.com(朝日新聞社):戦場ジャーナリスト大桃前夫「悪いのは私」 - 日刊スポーツ芸能ニュース - 映画・音楽・芸能
  3. ^ 麻木もしぶしぶ認めた…婚姻関係/主要ニュース速報/デイリースポーツonline
  4. ^ 2012年5月11日放送のガチガセより。
  5. ^ a b 憲法メディアフォーラム - インタビュー「直言49」AFP通信社社長、山路徹さん
  6. ^ 山路徹氏、実兄のコロナワクチン接種後の死亡報告を厚労省へ提出「再三催促してやっと実現」”. 日刊スポーツ (2023年5月17日). 2023年11月14日閲覧。
  7. ^ 山陽放送RSKキャンペーン「Peace for the Children〜地域、そして戦場〜」サイト内の山路徹プロフィール
  8. ^ 会社概要
  9. ^ asahi.com 2010年11月8日
  10. ^ a b msn産経ニュース
  11. ^ “「殺すぞ」ジャーナリスト山路徹氏、大雪取材中に暴漢に襲われる”. MSN産経ニュース (産経新聞社). (2014年2月17日). https://web.archive.org/web/20140217043216/http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140217/crm14021708040001-n1.htm 2014年4月20日閲覧。 
  12. ^ yamajitoruの2021年12月14日のツイート2023年10月5日閲覧。
  13. ^ “【爆笑座談会】「禁煙ファシズム」に断固反対!”. iRONNA (産業経済新聞社). https://ironna.jp/article/7816?p=1 2020年12月8日閲覧。 
  14. ^ “「受動喫煙防止条例」に物申す!緊急シンポジウム開催”. TOKYO HEADLINE (株式会社ヘッドライン). https://www.tokyoheadline.com/384821/ 2020年12月8日閲覧。 

外部リンク

[編集]