加藤圭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 加藤圭 女流2級
名前 加藤圭
生年月日 (1991-08-18) 1991年8月18日(27歳)
プロ入り年月日 2018年6月21日(26歳)
棋士番号 64
出身地 茨城県日立市
師匠 加瀬純一七段
段位 女流2級
戦績
2018年6月21日現在

加藤 圭(かとう けい、1991年8月18日 - )は、日本将棋連盟所属の女流棋士女流棋士番号は64。茨城県日立市出身。加瀬純一七段門下。川村学園女子大学卒業(心理学専攻)、同学大学院修了。

棋歴[編集]

女流棋士になるまで[編集]

小学4年生のとき家にあった将棋入門書をたまたま読んで将棋を始める[1]

2015年9月13日、第47期女流アマ名人戦で3位[2]。11月8日、第8回女子アマ王位戦・関東大会で準優勝[3]。2016年8月、関東研修会D1入会。2017年10月8日、関東研修会の10月第1例会で3連勝し、直近11局で9勝2敗となり、C1に昇級して「女流3級」となる権利を得た。その後もしばらく研修会で指し続けたが、資格申請を以て2018年2月1日付で女流3級となった[1]。これより2年以内に女流2級に昇級すると正式に女流棋士と認定される。

2018年6月21日、第4回YAMADA女流チャレンジ杯1回戦で中村桃子[4]、2回戦で小高佐季子にそれぞれ勝ち[4]、続く3回戦で飯野愛を破ってベスト4入りを決め[4]、女流2級への昇級規定「YAMADA女流チャレンジ杯ベスト4」を満たして同日付で女流2級に昇級し[5]、正式な女流棋士になると同時に女流棋士番号「64」を付与された[6]

女流プロ入り後[編集]

棋風[編集]

振り飛車党[1]

先手番・後手番、どちらでも中飛車で戦う[7]

人物[編集]

  • 趣味は読書[1]
  • もともとは臨床心理士を志望しており、資格を取得するためには大学院修了が要件となるため、川村学園女子大学で心理学を学び、同学大学院を修了した[8][9]。その後に女流棋士志望に転じて研修会に入会し、学童保育の契約社員として働きながら女流棋士を目指した[9][10][11]

昇段・昇級履歴[編集]

  • 2016年8月 関東研修会入会(D1)
  • 2017年10月8日 関東研修会C1昇級
  • 2018年2月1日 女流3級(関東研修会C1昇級)
  • 2018年6月21日 女流2級(YAMADA女流チャレンジ杯ベスト4)

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 加藤圭研修会員が女流棋士3級に”. 日本将棋連盟 (2018年2月1日). 2018年2月1日閲覧。
  2. ^ SRJ・栄光ゼミナール杯第47期女流アマ名人戦【開催報告】”. 日本将棋連盟 (2015年9月29日). 2018年2月1日閲覧。
  3. ^ 11/8(日) 第8回女子アマ王位戦・関東大会の模様”. LPSA (2015年12月4日). 2018年2月1日閲覧。
  4. ^ a b c 加藤女流3級がベスト4 YAMADA女流杯”. 日本将棋連盟. 2018年6月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月21日閲覧。
  5. ^ “加藤圭女流3級が女流2級に” (日本語). 日本将棋連盟. (2018年6月21日). オリジナル2018年6月21日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180621104242/https://www.shogi.or.jp/news/2018/06/32_14.html 2018年6月21日閲覧。 
  6. ^ “加藤圭|棋士データベース” (日本語). 日本将棋連盟. オリジナル2018年6月21日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180621105347/https://www.shogi.or.jp/player/lady/64.html 2018年6月21日閲覧。 
  7. ^ 大川慎太郎「公式棋戦の動き - 第4回YAMADA女流チャレンジ杯」、『将棋世界』(2018年9月号)、日本将棋連盟 pp. 167-177
  8. ^ 加藤圭さん<1>臨床心理士の夢がぐらついた思い出の名人戦|喜怒哀楽のサラリーマン時代” (日本語). 日刊ゲンダイDIGITAL. 2018年11月5日閲覧。
  9. ^ a b 加藤圭さん<2>女流棋士を目指しつつ学童の契約社員に応募|喜怒哀楽のサラリーマン時代” (日本語). 日刊ゲンダイDIGITAL. 2018年11月5日閲覧。
  10. ^ 加藤圭さん<3>発達障害の子供に噛まれたときは驚きました|喜怒哀楽のサラリーマン時代” (日本語). 日刊ゲンダイDIGITAL. 2018年11月5日閲覧。
  11. ^ 女流棋士加藤圭さん<5>学童での経験が棋士活動に役立った|喜怒哀楽のサラリーマン時代” (日本語). 日刊ゲンダイDIGITAL. 2018年11月5日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]