田中沙紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 沙紀(たなか さき、1994年11月18日[1] - )は、日本将棋連盟関西本部)所属の女流棋士3級[1]石川県金沢市出身[1]木村義徳九段門下[1]金沢星稜大学女子短期大学部卒業[1]

棋歴[編集]

女流3級になるまで[編集]

小学4年の時に、叔父の勧めで将棋を始めた[1]。将棋を初めて8年となる2012年、第5回女子アマ王位戦に出場し全国6位の成績を修める[2]

2014年5月、関西研修会に入会[1]。その後、C1に昇級して女流棋士3級の資格を取得し、女流棋士資格申請を行って、2018年6月1日付で女流棋士3級となった[1]。これより2年以内に女流2級に昇級すると正式に女流棋士と認定される[1]

女流3級になってから[編集]

女流3級資格の期限となる2020年5月31日までに規定の成績を挙げることが出来なかったものの、新型コロナウイルス感染症の流行で2020年4月に日本政府が緊急事態宣言を発令したことに伴い、将棋連盟も棋戦運営の進行が遅延している状況を考慮し、田中の女流3級資格も延長されることになった[3]。田中の女流2級以上の昇級には、5月31日時点で勝ち残っている第10期リコー杯女流王座戦の二次予選通過・本戦トーナメント進出か、もしくは第32期女流王位戦にて予選決勝進出が必要になるが、女流王座戦二次予選で水町みゆに敗れた[4]

棋風[編集]

居飛車党[1]。アマチュア時代はかまいたち戦法を得意戦法としているときもあった[5]

人物[編集]

  • 趣味は音楽鑑賞[1]

昇段・昇級履歴[編集]

  • 2014年5月 関西研修会入会
  • 2018年6月1日 女流3級

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 田中沙紀さんが女流棋士3級に」『日本将棋連盟』、2018年5月30日。2018年5月30日閲覧。オリジナルの2018-5-30時点におけるアーカイブ。
  2. ^ 12/16(日) 第5回女子アマ王位戦全国大会 小野ゆかりさんが2回目の優勝!”. LPSA (2012年12月16日). 2018年10月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月23日閲覧。
  3. ^ 田中沙紀女流3級の女流棋士(女流3級)資格延長について 日本将棋連盟(2020年6月1日)
  4. ^ 将棋の田中沙紀女流3級が敗れる 正資格の2級への昇級は持ち越しに 「自分が変わるしかない」 スポーツ報知(2020年6月26日)
  5. ^ 12/16(日) 第5回女子アマ王位戦全国大会”. LPSA (2012年12月12日). 2018年10月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月23日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]