佐々木海法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 佐々木 海法 女流1級
名前 佐々木 海法
生年月日 (2005-03-31) 2005年3月31日(17歳)
プロ入り年月日 2021年12月1日(16歳)
女流棋士番号 75
出身地 日本の旗 日本大阪府茨木市
所属 日本将棋連盟(関西)
師匠 森信雄七段
段位 女流1級
女流棋士DB 佐々木 海法
2022年2月7日現在
テンプレートを表示

佐々木 海法(ささき みのり、2005年3月31日 -)は、日本将棋連盟(関西本部)所属の女流棋士女流棋士番号は75。大阪府茨木市出身。

森信雄七段門下[1][2][3]大阪府立春日丘高等学校在学中[1][4][5]

棋歴[編集]

女流棋士になるまで[編集]

1つ上の兄と父が将棋を指しているのに影響を受けて将棋を始め、3つ下の弟も含め兄弟3人で将棋教室に通った[1]

2016年8月28日、小学6年生の時に第10回小学生女子将棋名人戦で準優勝[6]

2018年8月19日、中学生の時に第10回中学生女子将棋名人戦で準優勝[7]

2019年8月18日、同じく中学生の時に第11回中学生女子将棋名人戦で優勝[8]

2020年8月12日、第16回高校生王将戦で3位入賞[9]

2021年10月24日、関西研修会の定例会で3連勝し、12勝3敗でB2昇級となり、女流棋士(女流2級)になる資格を得た[10]

女流棋士になってから[編集]

2021年12月1日付で日本将棋連盟(関西本部)所属の女流2級となった[1]。同年12月27日、デビュー戦となった第49期女流名人戦予選で山口稀良莉に勝利し、公式戦初勝利[11]

2022年2月7日、同じく第49期女流名人戦予選で武富礼衣に勝利し、女流名人戦予選決勝進出により女流1級に昇級[12]

棋風[編集]

  • 得意戦法は三間飛車[1]

人物[編集]

  • 趣味は音楽鑑賞[1]

昇段・昇級履歴[編集]

  • 2018年10月 - 関西研修会入会
  • 2021年10月24日 - 関西研修会B2に昇級(女流2級資格)
  • 2021年12月1日 - 女流2級
  • 2022年2月7日 - 女流1級(女流名人戦予選決勝進出)

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 佐々木海法さんが12月から女流棋士2級に”. 日本将棋連盟 (2021年12月1日). 2021年12月1日閲覧。
  2. ^ 佐々木海法|女流棋士データベース”. 日本将棋連盟. 2021年12月1日閲覧。
  3. ^ 森信雄のツイート”. Twitter. 2021年10月25日閲覧。
  4. ^ つよくなる将棋教室のツイート”. Twitter. 2021年10月28日閲覧。
  5. ^ 将棋のまち・高槻で将棋を学ぶ つよくなる将棋教室”. つよくなる将棋教室. 2021年10月25日閲覧。
  6. ^ “第10回小学生女子将棋名人戦・全国大会 棋譜” (プレスリリース), 日本女子プロ将棋協会, https://joshi-shogi.com/6940/ 2021年10月24日閲覧。 
  7. ^ “第10回中学生女子将棋名人戦・全国大会” (プレスリリース), 日本女子プロ将棋協会, https://joshi-shogi.com/9498/ 2021年10月24日閲覧。 
  8. ^ “8/18(日)第11回中学生女子将棋名人戦・全国大会” (プレスリリース), 日本女子プロ将棋協会, https://joshi-shogi.com/12423/ 2021年10月24日閲覧。 
  9. ^ “第16回高校生王将戦” (プレスリリース), 日本将棋連盟, https://www.kansai-shogi.info/2020/08/17/%E7%AC%AC16%E5%9B%9E%E9%AB%98%E6%A0%A1%E7%94%9F%E7%8E%8B%E5%B0%86%E6%88%A6/ 2021年10月24日閲覧。 
  10. ^ 関西研修会B・Cクラス”. 日本将棋連盟. 2021年10月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月25日閲覧。
  11. ^ 山口稀良莉女流1級VS佐々木海法女流2級 第49期岡田美術館杯女流名人戦予選 佐々木海法女流2級の勝利” (2021年12月27日). 2022年1月21日閲覧。
  12. ^ 佐々木海法女流2級が女流1級に昇級”. 日本将棋連盟 (2022年2月8日). 2022年2月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]