脇田菜々子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 脇田菜々子 女流初段
Wakita nanako shogi.jpg
令和元年年11月、姫路市で行われた人間将棋にて
名前 脇田菜々子
生年月日 (1997-03-07) 1997年3月7日(25歳)
プロ入り年月日 2018年11月1日(21歳)
女流棋士番号 66
出身地 愛知県一宮市
所属 日本将棋連盟(関西)
師匠 中田章道七段
段位 女流初段
女流棋士DB 脇田菜々子
2020年4月1日現在
テンプレートを表示

脇田 菜々子(わきた ななこ、1997年3月7日 - )は、日本将棋連盟(関西本部)所属の女流棋士[1]女流棋士番号は66[1]愛知県一宮市出身[1]中田章道七段門下[1]愛知県立一宮南高等学校[2]名城大学人間学部人間学科卒業[1][3]

棋歴[編集]

女流棋士になるまで[編集]

小学校1年生のときに幼馴染に教わって将棋を覚えた[1][4]。脇田と、同じく一宮市の出身である中澤沙耶(同学年で、共に名城大学卒業)は、通った将棋教室が同じであり[5]、親しくしている[6]。中学1年生のときに東海研修会に入会[7]

2013年、高校1年生のときに第21回高校将棋新人大会女子の部優勝[4][2]。(このときの準優勝は前述の中澤であった[2]。)

高校生女流棋士を目指していたが昇級にわずか1勝届かず、初めての挫折をして研修会を退会。大学へ進学した。

第37回(2016年度)第38回(2017年度)大学2,3年生のとき、学生女流名人戦で2連覇[1][8][5][9]

2018年2月、再び東海研修会に入会[10]。同年11月にB2に昇級[7]。2018年4月に改訂された女流棋士規定により[11]、女流棋士2級となる権利を得た[1]

女流棋士資格申請を行い、名城大学4年生であった[5]2018年11月1日付で連盟関西本部所属の女流棋士2級となった[1]

女流棋士になってから[編集]

2019年2月6日、第46期女流名人戦予選準決勝で山口絵美菜に勝ち、「女流名人戦 (将棋)予選決勝進出」の昇級条件を満たして女流1級に昇級した[12]

2019年度は公式戦17勝9敗の成績を挙げ、年度指し分け以上(8勝以上)の昇段規定により2020年4月1日付で女流初段に昇段した[13]

棋風[編集]

居飛車党[1]

人物[編集]

女流棋士を意識し始めたのは2009年だが、本格的に目指し始めたのは学生女流名人戦優勝後の2017年。この背景に「加藤桃子への憧れ」を挙げている[4][9]

大学時代は心理学を専攻[7]。また将棋部にも所属していた[7]。学生女流名人戦2連覇は将棋部時代に達成したものである[9]

趣味はカラオケやショッピング、雑貨屋巡り[14]

愛称は「わきにゃん」[15]

昇段・昇級履歴[編集]

  • 2018年2月 東海研修会 入会
  • 2018年8月11日 東海研修会B2昇級[16]
  • 2018年9月24日 研修会B2昇級後に、研修会での48対局を終え、女流棋士2級となる権利を取得[17][注釈 1]
  • 2018年11月1日 女流2級(プロ入り)
  • 2019年2月6日 女流1級(女流名人戦予選決勝進出)
  • 2020年4月1日 女流初段(年度成績指し分け以上)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 研修会を経由して女流棋士(2級または3級)となるには「研修会で所定の級に昇級(脇田の場合は、研修会B2昇級で女流2級)」と「研修会入会後、48局以上を対局」の両方の条件を満たすことを要する[18]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 脇田菜々子さんが11月から女流棋士2級に」『日本将棋連盟』、2018年10月30日。2018年10月30日閲覧。オリジナルの2018-10-30時点におけるアーカイブ。
  2. ^ a b c 全国高等学校文化連盟将棋新人大会|将棋大会|日本将棋連盟” (日本語). www.shogi.or.jp. 2022年1月5日閲覧。
  3. ^ 脇田菜々子 (2019年3月20日). “ツィート” (日本語). Twitter. 2019年3月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月20日閲覧。
  4. ^ a b c 脇田菜々子女流初段プロフィール | 甲斐日向将棋教室” (日本語). 2022年1月5日閲覧。
  5. ^ a b c “一宮は「女流棋士のまち」 イベント企画、プロも誕生” (日本語). 朝日新聞. (2018年7月11日). オリジナルの2018年10月31日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20181031062023/https://www.asahi.com/articles/ASL6G5S6KL6GOIPE020.html 2018年10月31日閲覧。 
  6. ^ 関西将棋会館【公式】 (2019年3月6日). “【脇田女流1級Q&A②】” (日本語). Twitter. 2019年5月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月27日閲覧。
  7. ^ a b c d INC, SANKEI DIGITAL (2018年11月13日). “大学生の脇田菜々子さんが女流プロ棋士に” (日本語). イザ!. 2022年1月5日閲覧。
  8. ^ 大学将棋」『日本将棋連盟』。2018年10月31日閲覧。オリジナルの2018-10-31時点におけるアーカイブ。
  9. ^ a b c 将棋部の脇田さんがプロに 中澤さんに次いで2人目” (日本語). 名城大学. 2022年1月5日閲覧。
  10. ^ 特集 | 21歳新人女流棋士は大学生! 心理学ゼミの卒論テーマは将棋…でなく“いいね!”の心理 | 東海テレビ” (日本語). tokai-tv.com. 2022年1月5日閲覧。
  11. ^ 女流棋士規定変更のお知らせ」『日本将棋連盟』、2018年4月2日。2018年4月26日閲覧。オリジナルの2018-4-26時点におけるアーカイブ。
  12. ^ 脇田菜々子女流2級が女流1級に昇級” (日本語). 日本将棋連盟. 2019年2月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月15日閲覧。
  13. ^ 昇段・引退棋士のお知らせ”. 日本将棋連盟 (2020年4月1日). 2020年4月2日閲覧。
  14. ^ 脇田菜々子ツィート」『Twitter』、2018年10月30日。2018年10月30日閲覧。オリジナルの2018-10-30時点におけるアーカイブ。
  15. ^ 脇田菜々子ツィート」『Twitter』、2018年8月28日。2018年11月2日閲覧。オリジナルの2018-11-1時点におけるアーカイブ。
  16. ^ 脇田菜々子ツィート」『Twitter』、2018年8月12日。2018年10月30日閲覧。オリジナルの2018-10-30時点におけるアーカイブ。
  17. ^ 脇田菜々子ツィート」『Twitter』、2018年9月24日。2018年10月30日閲覧。オリジナルの2018-10-30時点におけるアーカイブ。
  18. ^ 山根ことみ研修会員が女流棋士3級の資格を取得」『日本将棋連盟』、2013年9月10日。2018年10月30日閲覧。オリジナルの2018-10-30時点におけるアーカイブ。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]