小高佐季子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本来の表記は「佐季子」です。この記事に付けられたページ名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
 小高佐季子 女流初段
名前 小高佐季子
生年月日 (2002-06-04) 2002年6月4日(20歳)
プロ入り年月日 2018年2月7日(15歳)
女流棋士番号 61
出身地 千葉県佐倉市
所属 日本将棋連盟(関東)
師匠 田丸昇九段
段位 女流初段
女流棋士DB 小高佐季子
2021年4月1日現在
テンプレートを表示

小高 佐季子(おだか さきこ[注 1]2002年6月4日- )は、日本将棋連盟所属の女流棋士女流棋士番号は61[3]千葉県佐倉市出身[3]田丸昇九段門下[3]千葉英和高等学校卒業[4][1][5]

棋歴[編集]

女流棋士になるまで[編集]

千葉県佐倉市で将棋塾を経営している父の影響で将棋を覚え、小学生になった頃から本格的に始めた[1]。2014年に小学校5年生で女子としては初めて「小学生将棋名人戦千葉県予選」で優勝するなど徐々に頭角を現し、翌2015年3月に関東研修会にD1で入会。

その後、2016年4月第6期女流王座戦アマ東日本予選大会を勝ち抜き一斉予選出場。翌2017年の第10期マイナビ女子オープンチャレンジマッチでも出場者決定トーナメントを勝ち抜き一斉予選に進出するなどして、アマチュアとして実力をつけていった。研修会入会2年で既定の成績をクリアして、2017年6月20日付で女流3級となると、2018年2月7日に第45期女流名人戦予選決勝への進出で同日付で女流2級に昇級し、正式な女流棋士となった[6]

女流棋士として[編集]

プロ入り1年目の2018年度は年度成績が5勝9敗でプロの壁に苦しんだが、翌2019年には31期女流王位戦予選決勝への進出により10月14日付で女流1級に昇級。さらに2020年度は年間成績10勝8敗の成績を挙げた事により昇段規定で2021年4月1日付で女流初段に昇段するなど順当に昇段を重ねている。

2021年10月、第15回白瀧あゆみ杯で優勝。

棋風[編集]

得意戦法は中飛車[1]

人物[編集]

主な成績[編集]

非公式戦

昇段・昇級履歴[編集]

  • 2015年3月 関東研修会入会(D1)
  • 2017年5月28日 関東研修会C1昇級
  • 2017年6月20日 女流3級(関東研修会C1昇級)
  • 2018年2月7日 女流2級(女流名人戦予選決勝進出 - 『女流棋士昇段級規定』の女流1級に該当した場合)
  • 2019年10月14日 女流1級(女流王位戦予選決勝進出)
  • 2021年4月1日 女流初段(年度成績指し分け以上・8勝以上)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 苗字の「高」は、いわゆる「はしごだか」である[1][2]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 将棋界の新星! 高校生女流棋士 小高佐季子さんインタビュー” (日本語). サクライク. 佐倉市 (2019年11月25日). 2020年1月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月16日閲覧。
  2. ^ 将棋世界』 2020年11月号 100頁
  3. ^ a b c 小高佐季子|棋士データベース” (日本語). 日本将棋連盟. 2021年10月21日閲覧。
  4. ^ a b 【王手報知】女子高生・武富礼衣、女子中学生・小高佐季子の親友2人が女流2級へ同時昇級”. スポーツ報知 (2018年2月19日). 2018年2月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月20日閲覧。
  5. ^ 新年度.*✿-女流棋士ブログ-(小高佐季子)” (日本語). 日本将棋連盟女流棋士会. 2018年4月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月5日閲覧。
  6. ^ 小高佐季子女流3級が女流2級に”. 日本将棋連盟 (2018年2月7日). 2018年2月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月8日閲覧。

外部リンク[編集]