TOKIO (沢田研二のアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
TOKIO
沢田研二スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
レーベル ポリドールLP
アポロン(音楽テープ)
プロデュース 加瀬邦彦
チャート最高順位
沢田研二 年表
JULIE ROCK'N TOUR '79
1979年
TOKIO
(1979年)
BAD TUNING
1980年
『TOKIO』収録のシングル
  1. ロンリー・ウルフ
    リリース: 1979年9月21日
  2. TOKIO
    リリース: 1980年1月1日
テンプレートを表示

TOKIO(トキオ)は、日本歌手である沢田研二の13作目となるオリジナルアルバム

1979年11月25日ポリドール (現ユニバーサルミュージック)からLP盤でリリースされた。

その後CD化され、1991年1996年東芝EMIから、また2005年にはユニバーサルミュージックから再リリースされている。

解説[編集]

本作はこれまで多数の楽曲を提供してきた加瀬邦彦をプロデューサーに迎え、前作までとは大きく異なりテクノを意識した作品になっている阿久悠大野克夫コンビがメインのソングライターから外れたことに加え、井上堯之バンドも一部メンバーの参加のみで楽曲、演奏共に大幅に人員が変貌を齎したといえる。また早川タケジのビジュアルデザインも話題となり[要出典]、特にシングルカットされた「TOKIO」での演出(電飾を鏤めた衣装にパラシュートを背負わせる)は後々まで語り草になっている[要出典]ビートたけしオレたちひょうきん族で演じた「タケちゃんマン」のデザインはこの時の衣装のパロディである。

作詞ではその「TOKIO」などを糸井重里が手がけた他、喜多條忠、武衛尚子、門谷憲二康珍化など、作曲ではBORO後藤次利などといったそれまで共演歴のないアーティストを多く迎えている(後藤はレコーディングには参加している)。また歌手のりりィが1曲提供している。編曲は全て後藤が担当している。

本作は沢田が1970年代最後にリリースした作品であり、シングルカットされた「TOKIO」は1980年代最初のリリースとなった。

先行でシングルカットされたのは「ロンリーウルフ」だがこれは沢田の意向によるもの。プロデューサーの加瀬は「TOKIO」を推していた。

収録曲[編集]

  1. TOKIO
  2. MITSUKO
    • 作詞:糸井重里/作曲:加瀬邦彦
  3. ロンリー・ウルフ
  4. KNOCK TURN
    • 作詞:武衛尚子/作曲:BORO
  5. ミュータント
  6. DEAR
  7. コインに任せて
  8. 捨てぜりふ
    • 作詞:康珍化/作曲:BORO
  9. アムネジア
  10. 夢を語れる相手がいれば

参加ミュージシャン[編集]