ミュージックブルペン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
駒田徳広のミュージックブルペン
放送方式 収録
ネットワーク JRNNRN
パーソナリティ 駒田徳広
テンプレートを表示

駒田徳広のミュージックブルペン』(こまだのりひろのミュージックブルペン)は、JRN系列及びNRN系列で放送されるナイター中継終了後のラジオ番組フィラー番組)である。 30分または1時間の収録番組。制作会社かしわプロダクション

概要[編集]

地方局のナイター中継のクッション番組にあたる。ナイター終了後に放送され(ナイター中継がない場合は21:00 - 21:30または22:00)、ナイター延長によっては休止になる場合がある。

地元球団の試合を中継している放送局は、自社でクッション番組を制作しているため放送がない。かつてはCBCラジオが土曜日のみ放送していた。

番組の体裁は、野球中継延長時の時間短縮を考慮した5分区切りの「フォーマット制」となっている。またフォーマット制のため、ネット局の放送枠の都合などによる短縮も可能になっている。

プロ野球日本シリーズの期間中は『ミュージックブルペン・日本シリーズ』のタイトルで放送される。ナイターオフ期には『栗山英樹の夢を追いかけて』(くりやまひできのゆめをおいかけて)として放送されたこともある。

野球中継と関係のない時間帯に放送され、かつ駒田が監督を務める高知ファイティングドッグスの地元局にあたる高知放送(ナイターシーズンは月曜19:00 - 20:00、オフシーズンは火曜18:20 - 18:45)では『駒田徳広の逆転満塁ホームラン』(こまだのりひろのぎゃくてんまんるいホームラン)と改題されて放送されており、2016年のナイターオフ版はこのタイトルに統一して配信される(ネット局は高知放送岐阜放送。岐阜放送は『ミュージックブルペン』と同一時間帯に放送)。なお栗山時代は、同様に野球中継と関係のない時間帯に放送される四国放送のみ『栗山英樹のアラすぽ』として放送されていた。

出演者[編集]

パーソナリティプロ野球解説者駒田徳広

かつて柳田真宏1992年まで)、栗山英樹(1993年 - 2011年)が担当した。栗山が「北海道日本ハムファイターズ監督に就任となったため、2012年から駒田が担当する。

番組内容[編集]

栗山(駒田)がプロ野球の取材を通して感じたこと、プロ野球への建設的な提案を語るコーナーや、コーナー、プロ野球ファンの著名人のトークコーナーなどで構成されている。

ネット局[編集]

2017年度

主なコーナー[編集]

  • 栗山英樹・プロ野球最前線(2008年度まで)
  • 栗山英樹・プロ野球ここに注目(2008年度まで)
  • プロ野球・虎の巻(2008年度まで)
  • 栗山英樹・メジャーリーグGOGO(2008年度まで)
  • 12球団・プロ野球選手列伝(2008年度まで)
  • 木田優夫の落ちないフォーク(2008年度まで)
  • GRAND COLOR STONE・中野敦史の逆転満塁ホームラン!(2007年度まで・2010年度)
  • ミュージックブルペンお笑い野球塾(2006年度まで)
    お笑いコンビストリークの二人によるフリートークコーナー。
  • 本宮伽恋の「晴れ時々スポーツ」(2007年度)
    気象予報士の本宮による、天気とスポーツをテーマにしたコーナー。シーズンオフから独立番組「晴れたり曇ったり」の放送が開始された。
  • 栗山英樹・古新聞から一言(2008年度まで)
  • プロ野球バンザイ!
  • 黒木憲ジュニア・一曲入魂(2008年度)
  • 瀧川鯉朝赤提灯球場(2008年度・2009年度)
  • 日刊CHiYOスポ(2008年度)
  • チーム!歌手協会(2009年度から)
    日本歌手協会の広報コーナー。
  • 梓夕子の演歌ホームラン(2009年度から)
  • ひまりOn Your Mark(2009年度)
  • Spiritのじゃんじゃんばん(2010年度)
  • 音羽しのぶの補填ヒット(2010年度から)
  • ヨーコ・ゼッターランドの毎日がワンダーランド(2011年度)
  • 妻吹俊哉の生まれ変わる朝(2011年度から)
  • 伊藤咲子の女の歌(2011年度)
  • 中村悦子のうた街道(2011年度から)
  • 千代田優子のまだまだつぼみ!(2011年度)
  • 駒田のなんでも言いますよ(2012年度)
  • 駒田のこだわり(2012年度)
  • 駒田のちょっと気になるプレーヤー(2012年度)
  • 困った時の駒頼み(2012年度から)
  • 橋口ユウキの隠し球(2012年度)
  • 青山るみの世界へつなごう(2012年度)
  • 大城バネサの夢おいかけて(2012年度)
  • ベースボール・レジェンド(2012年度から)
  • 徳さんのミュージック・ライブラリー(2012年度)
  • 駒田のノリで喋ります(2013年度から)
  • 悪球打ちの美学(2013年度から)
  • 駒ソン(2013年度から)
  • ラストイン(2013年度から)
  • 千代田優子の私、元気です(2013年度)
  • 伊藤咲子のひまわり通信(2013年度)
  • 藤和也のおまえの涙(2013年度)
  • おかまさとのふるさと・歌・人生(2013年度から)
  • 千花有黄のスポーツ苦手でごめんなさい(2013年度)
  • 合田道人の歌はともだち!(2014年度)
    30分または1時間で放送される場合、栗山時代のラストの5分間は彼が歌う『好敵手』(原曲はさだまさし)が流れた。

関連項目[編集]

  • スポーツミュージアム - 当番組と同様のコンセプトの番組。
  • オヤジ歌謡ショー ひょうたんから駒田! - 2012年秋からスタートした、駒田による旧邦楽メインのラジオ番組。
  • 熱血コマスポ - 2015年秋からスタートした、駒田のラジオ番組。

脚注[編集]

  1. ^ 不定期で「ニチヨル!ラジオ」を放送するため5分短縮する場合がある。