あいつと俺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
あいつと俺
ジャンル テレビドラマ
企画 久保寺生郎
脚本 東條正年
ほか
監督 根本順善
ほか
出演者 川谷拓三
清水健太郎
ほか
オープニング無言劇」(インストバージョン)
エンディング 「無言劇」アルフィー
製作
プロデューサー 古田明
市古聖智
制作 勝プロダクション
放送
音声形式 モノラル
放送国・地域 日本の旗 日本
第1話 - 第4話
放送期間 1980年3月4日 - 1980年3月25日
放送時間 火曜 20:00 - 20:54
放送枠 テレビ東京火曜8時枠の連続ドラマ
放送分 54分
回数 4
第5話 - 第12話
放送期間 1984年3月21日 - 1984年3月30日
放送時間 月曜 - 金曜 9:00 - 9:54
放送分 54分
回数 8
テンプレートを表示

あいつと俺』(あいつとおれ)は、1980年3月4日から同年3月25日、および1984年3月21日から同年3月30日まで東京12チャンネル(1980年当時) → テレビ東京(1984年当時)で放送されていたテレビドラマである。

概要[編集]

日本を旅しながら行く先々で起こる事件を捜査する刑事2人の活躍をメインとした、ロードムービースタイルの刑事ドラマ。旅先ごとに現地ロケーションを展開するなど、勝プロテイスト全開の作風であった。全編の約90%がロケで制作された、勝プロ初めての現代劇である[1]

当初は全24話の予定であったが[1]、極端な低視聴率から制作されたのは半分の全12話に留まり、なおかつ放送は4話で打ち切られた。残りの8話分は、それから4年後にテレビ東京午前9時台の再放送枠を使って放送された。

アルフィーが主題歌を担当したことや4話しか放送されなかったことなどから後にカルト的な番組として知られるようになったが、現在はアマゾン・プライムにおいて配信されている。

出演者[編集]

  • 峰山凡太郎:川谷拓三 - 警視庁捜査一課所属刑事。刑事歴10年。地方への出張捜査ばかりを任される。パッとせず野暮ったく、出世にも執着せずマイペースだが粘り強い所がある。変人とも言われているが、心は人一倍温かい。アマチュア無線が趣味で、暇さえあれば出張先の地元の人々とトランシーバーで交信している。
  • 山田平太:清水健太郎 - 捜査一課の新人刑事。頭も運動神経も良いことから将来を嘱望された青年刑事だが、峰山の生き方に惹かれ、自ら望んで峰山と組み、一緒に出張捜査に出掛けている。
  • 中村ジュン:伊藤咲子 - 雑誌『ロンロン』の記者。勝ち気で気が強いが、魅力的な女性。彼女もまた峰山と山田のコンビに惹かれ、旅の取材も兼ねてという名目で2人を追いかけている。愛車はサバンナRX-7。
  • 矢島:草野大悟 - 雑誌『ロンロン』の編集長。
  • 松本キャップ:伊沢一郎
  • 花形チーフ:岸田森 - 捜査一課のチーフ刑事。キザでダンディーと言われる。出世にこだわり、他人の手柄を横取りするなど、人を人と思っていないところがある。
  • 重久刑事:多宮健二
  • 広瀬刑事:藤雄木斉
  • 浦野刑事:林幸一
  • 寺田刑事:大柴亨介
  • 金田正樹
  • 高村蓮太郎
  • 植田リエ:桂木梨江
  • 谷やん:谷崎弘一- 「東々亭」の出前持ち。次回予告のナレーションを担当。
  • みよちゃん:谷口美由紀
  • 東兵衛:伴淳三郎 - ラーメン屋「東々亭」の主人。元警視庁刑事で、当時を忘れられないことから東々亭も警視庁の近くに開業している。峰山にかつての自分を重ね合わせて見ていることもあることから、峰山と山田の良き理解者。

出典:「完全テレビシナリオ あいつと俺」『週刊テレビ番組』1980年3月7日号、東京ポスト、 56 -。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

無言劇
作詞・作曲:高見沢俊彦 / 歌・編曲:アルフィー

各話リスト[編集]

話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督 ゲスト
1 1980年3月4日 男、オホーツクに消える -北海道- 東條正年 根本順善 山田吾一早川絵美
2 1980年3月11日 しなやかなライフル魔 -九十九里浜- 中村努 櫻井一孝 原田美枝子丘さとみ荻原賢三
3 1980年3月18日 母さんを追うんだ -丹沢大山- 井上昭 藤巻潤范文雀小林憲一
4 1980年3月25日 赤い傘の犯行 -安曇野- 高際和雄 内藤誠 中島ゆたか平泉征内田稔
5 1984年3月21日 青春の脅迫者 -釧路- 田中利世 根本順善 根岸とし江西田静志郎
6 1984年3月22日 五島からの手紙 -五島列島- 小倉洋二、中野顕影 にしきのあきら
7 1984年3月23日 海に沈めた醜聞(スキャンダル) -五島・有川- 田中利世 赤座美代子
8 1984年3月26日 雪山に埋めた殺意 -八ヶ岳・原村- 佐藤繁子 内藤誠 大信田礼子
9 1984年3月27日 かもめのように翔んだ -別府- 池田一朗 江崎実生 井上博一一ノ瀬康子頭師佳孝
10 1984年3月28日 霧の町の少女 -湯布院- 三條美紀新谷由美子沖田駿一
11 1984年3月29日 五千万円掠奪作戦 -横浜- 小倉洋二 田辺隆史 佐藤蛾次郎加山麗子紗貴めぐみ
12 1984年3月30日 裏切りの銃声 -高知・安芸- 中村努 井上昭 小野川公三郎小林伊津子岡嶋艶子

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 週刊TVガイド』1980年3月7日号、東京ニュース通信社、 34頁。

外部リンク[編集]

東京12チャンネル 火曜20:00枠
前番組 番組名 次番組
体験時代
(1979年10月9日 - 1979年12月18日)

火曜ロードショー
※20:00 - 22:24、一時的に60分拡大
あいつと俺(第1話 - 第4話)
(1980年3月4日 - 1980年3月25日)
火曜ロードショー
※20:00 - 22:54、火曜21:00枠から移動
テレビ東京 平日9時台
「朝のドラマシリーズ」枠
あいつと俺(第5話 - 第12話)
(1984年3月21日 - 1984年3月30日)
春休みアニメ大会 わんぱくジョーズ