中里綴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中里綴
出生名 神田恵美
別名 江美早苗
神田エミ
生誕 1951年3月15日
出身地 日本の旗 日本 島根県松江市
死没 (1988-03-05) 1988年3月5日(36歳没)
学歴 島根県立松江北高等学校中退
日本放送協会学園高等学校卒業
ジャンル J-POP
職業 作詞家、元女優歌手
活動期間 1958年 - 1988年
レーベル フィリップスレコード(1968年 - 1971年)
事務所 西野バレエ団(1958年 - 1971年)
共同作業者 田山雅充
南沙織
和泉常寛
井上堯之

中里 綴(なかさと つづる、1951年3月15日 - 1988年3月5日)は、日本の作詞家、元女優歌手である[1][2][3][4][5][6][7]。本名神田 恵美(かんだ えみ)、女優時代の芸名は江美 早苗(えみ さなえ)、作詞家としての別名に神田 エミ(かんだ えみ)がある[1][2][3][4][5][6][8][9]日本音楽著作権協会の全信託会員であり、没後についても同協会が音楽著作権を管理している[7][9]

人物・来歴[編集]

江美早苗の時代[編集]

1951年(昭和26年)3月15日島根県松江市に生まれる[1][2][4][5]。実家は老舗旅館であり、4人兄弟の末っ子であった[4][5]

6歳からバレエを習い始め、小学校2年生になった1958年(昭和33年)、西野バレエ団に入団する[1][4][5]。1966年(昭和41年)3月、松江市内の中学校卒業後、同年4月、島根県立松江北高等学校に進学するも、親の反対を押し切り同校を中途退学して東京に移り、同バレエ団で活躍、やがて金井克子由美かおる奈美悦子原田糸子と並ぶ5人娘と呼ばれるようになる[1][4][5]江美早苗の名で、1967年(昭和42年)に同バレエ団のメンバーで結成されたダンスグループ「レ・ガールズ」に参加、同年8月4日に放映開始した音楽バラエティ番組『レ・ガールズ』(日本テレビ)にレギュラー出演、1968年(昭和43年)3月16日に公開された劇場用映画『ミニミニ突撃隊』や9月15日に公開された『初恋宣言』に「レ・ガールズ」のメンバーとともに出演する[2][4][8]。同年にはフィリップスレコードと歌手として専属契約し、同年2月5日、シングルレコード『涙でかざりたい』でソロ歌手としてデビューしている。このときのフィリップスレコードの担当ディレクターが屋代昭彦である[3][6]

1971年(昭和46年)1月31日に放送開始し現在もつづく長寿番組『新婚さんいらっしゃい!』の初代司会に満19歳で抜擢され、桂三枝月亭可朝との3人でスタートを切った[10][11]。同年7月11日の放送分を最後に同番組を降板、翌週からの二代目司会梓みちよに交代した。同年6月16日に公開された『呪いの館 血を吸う眼』(監督山本迪夫)は、女優としての江美の代表作とされる[4]。同年10月に発売されたシングル『ふたりの歓び』を最後に歌手活動を終えている。合計7枚のシングルを発表した。この間に、通信教育を受け、日本放送協会学園高等学校(現在のNHK学園高等学校)を卒業した[4]。1972年(昭和47年)春、満21歳で引退し、同バレエ団を退団して郷里の松江市に戻る[3][4][6]

中里綴・神田エミの時代[編集]

1973年(昭和48年)9月、東京に戻り、作詞家としての再スタートを切る[3][4][6]。1974年(昭和49年)6月には、田山雅充が結成したグループ「赤い花」のデビューシングル「赤い花みつけた」のB面曲『今愛の中で』(作曲田山雅充、キャニオンレコード)に中里綴の名で歌詞を提供している[4][7]。1975年(昭和50年)には、田山の新しいデュオ「たやまと夕子」に『暮れそで暮れない黄昏どきは』を提供している[7]。同年、南沙織が当時キャニオンレコード(現在のポニーキャニオン)のディレクターであった屋代に作詞の相談に訪れたことがきっかけとなり[6]、『暮れそで暮れない黄昏どきは』を『人恋しくて』と改題、南沙織の同年8月1日発売のシングルとして、CBSソニーレコード(現在のソニーレコード)から発売された[4][6][7]。南は、本作によって第17回日本レコード大賞歌唱賞を受賞、同曲で『第26回NHK紅白歌合戦』に5回目の出場を果たしている[4][6]。その後も多く田山と組み、田山の翌1976年(昭和51年)2月26日に発売されたソロデビューシングル「春うらら」では、補作詞でクレジットされている[7]

以降、作詞家としての地位を築き[6]、1978年(昭和53年)5月5日に発売された伊藤咲子のシングル「寒い夏」につづき、同年7月5日に発売された伊藤のアルバム『おるごおる』の全曲作詞を務めた[7]。1980年代にかけて、沢田聖子中森明菜堀ちえみらの楽曲の作詞を手がけた[6][7]。作詞家としての再出発以来8年の同棲生活を経て、1981年(昭和56年)3月、音楽プロデューサーとして独立していた14歳年上の屋代昭彦と結婚する[3][5][6][12]も、1985年(昭和60年)12月、屋代とは協議離婚している[3][5][6][12]。1986年(昭和61年)3月以降に発表された楽曲について、神田エミの名を使用するようになった[9]。同名義では、同年、少年隊のミュージカル『ミュージカルPLAYZONE “MYSTERY”』の6曲の作詞を手がけ、同ミュージカルで組んだ作曲家の井上堯之と組んで、萩原健一の『GIMME YOUR LOVE』を手がけている[9]

元夫に殺害・36歳で死去[編集]

1988年(昭和63年)3月5日、復縁を要求してつきまとい、かねてからストーカー行為を行っていた元夫の屋代が、東京都品川区上大崎の自宅マンションにバスルームの窓を破壊して侵入、刃渡り20センチメートルの牛刀および登山ナイフで全身22か所を滅多刺しにされ致命的な傷害を受けた[3][5][6][12]。近くの病院に運ばれたが、同日19時5分、死去した[1][3][5][6][12]。満36歳没。犯人は屋上に籠城し、翌日0時28分に逮捕、同年5月17日には東京地方裁判所で初公判が行われ、裁判の結果、懲役12年の実刑判決が下り、服役した[3][5][12][13]。中里の暮らしたマンションは解体・再開発され、2003年(平成15年)に22階建の高層マンションに建替えられた。

フィルモグラフィ[編集]

すべて江美早苗名義である[2]

劇場用映画[編集]

テレビ映画[編集]

バラエティ番組2作を含む。

ディスコグラフィ[編集]

歌唱[編集]

すべて江美早苗名義、製作・発売元はフィリップスレコードである。

  • 『涙でかざりたい』(B面『夢のなかの彼』)、FS-1035, 1968年2月5日発売
  • 『チャカブン』(B面『あなたは遠くに』)、FS-1044, 1968年5月25日発売
  • 『アモーレ・バカンツァ』(B面『夢みる年頃』)、FS-1054, 1968年8月25日発売
  • 『花の誘惑』(B面『恋のロリロリ』)、FS-1073, 1969年2月10日発売
  • 『愛しています』(B面『蒼い風の中で』)、FS-1144, 1970年8月発売
  • 『愛の鎖』(B面『いいわけなんてしない』)、FS-1193, 1971年5月発売
  • 『ふたりの歓び』(B面『わけもないのに』)、FS-1222, 1971年10月発売

作詞[編集]

中里綴名義[編集]

  • あおい輝彦「バラの渚」、1978年2月5日発売(同名シングル、作曲長戸大幸
  • 赤い花「今愛の中で」、1974年6月発売(デビューシングル『赤い花みつけた』B面)
  • 麻生よう子「人は旅人」
  • 石立鉄男山内絵美子「優しさゲーム」
  • 伊藤咲子
    • 「寒い夏」、1978年5月5日発売(同名シングル)
    • 「つぶやきあつめ」、1978年9月5日発売(同名シングル)
    • アルバム『おるごおる』、1978年7月5日発売(収録全曲の作詞)
  • 浦部雅美
    • 「少し遠出をしてみませんか」、1976年9月25日発売(同名シングル)
  • 小野寺昭「燃えてるあいつ」、1976年発売(同名シングル)
  • 河合美智子
    • 「サマー・ホリデー」、1983年7月10日発売(同名シングル)
  • 岸本加世子
    • 「裸の花嫁」、1977年11月25日発売(同名シングル)
  • キューピット
    • 「愛のデュエット」、1978年9月25日発売(同名シングル)
  • 沢田聖子
    • 「キャンパススケッチ」、1979年5月25日発売(同名シングル)
    • 「雨の日のサンシャイン」、1981年9月5日発売(同名シングル)
    • 「渚でアプローチ」、1983年3月20日発売(アルバム『流れる季節の中で』収録)
    • 「何度恋しても…」、1983年3月20日発売(アルバム『流れる季節の中で』収録)
    • 「ラスト・バケイション」、1983年3月20日発売(アルバム『流れる季節の中で』収録)
    • 「雪ひとひらに」、1983年11月21日発売(アルバム『ターニング・ポイント』収録)
    • 「ターニング・ポイント」、1983年11月21日発売(アルバム『ターニング・ポイント』収録)
    • 「にぎやかな悲しみ」、1983年11月21日発売(アルバム『ターニング・ポイント』収録)
    • 「行きくれて…行きついて」、1983年11月21日発売(アルバム『ターニング・ポイント』収録)
    • 「優しくして…」、1983年11月21日発売(アルバム『ターニング・ポイント』収録)
    • 「夏頃咲き頃Lady」、1984年5月21日発売(アルバム『風の予感』収録)
  • シグナル「BGMはため息で」
  • スペース・ロボット「戦え!ルーク」
  • 関田昇介はいからさんが通る」(作曲関田昇介)
  • 芹洋子「ハートは大騒ぎ」
  • 竹下景子「結婚してもいいですか」、1978年5月発売(同名シングル)
  • たやまと夕子 :
    • 人恋しくて」、1975年9月発売(アルバム『暮れそで暮れない黄昏どきは』収録)
    • 「雨の交差点」、1975年9月発売(同名シングル)
  • 田山雅充 : 「春うらら」(補作詞)、1976年2月26日発売(同名シングル)
  • 中野知子
    • 「裏を返せば」、1979年4月1日発売(同名シングル)
  • 中森明菜
    • 「条件反射」(シングル「スローモーション」B面、アルバム『プロローグ〈序幕〉』収録)
    • 「Tシャツ・サンセット」(アルバム『プロローグ〈序幕〉』収録) 
    • 「A型メランコリー」(アルバム『プロローグ〈序幕〉』収録)
    • 「夢判断」 (シングル「少女A」B面)
    • 「脆い午後」(アルバム『バリエーション〈変奏曲〉』収録)
    • 「ヨコハマA・KU・MA」(アルバム『バリエーション〈変奏曲〉』収録)     
    • 「メルヘン・ロケーション」(アルバム『バリエーション〈変奏曲〉』収録)
    • 「アイツはジョーク」(アルバム『ファンタジー〈幻想曲〉』収録)
  • 林紀恵
    • 「えとらんぜ」、1981年3月21日発売(同名シングル)
  • ばんばひろふみ
    • 「三日間の空白」、1979年9月21日発売(シングル「SACHIKO」B面)
  • 堀ちえみ
    • 「おもいっきりにダイビング」、1982年5月21日発売(アルバム『少女』収録)
    • 「ふしぎ七色」、1982年5月21日発売(アルバム『少女』収録)
    • 「幸せはモザイク」、1982年8月21日発売(シングル「待ちぼうけ」B面)
    • 「Fly」、1982年11月21日発売(アルバム『夢日記』収録)
    • 「真夏の少女」、1982年6月21日発売(同名シングル)、1982.11.21日発売(アルバム『夢日記』収録)
    • 「2冊目の日記帳」、1982年11月21日発売(アルバム『夢日記』収録)
    • 「雨上がりご用心」、1983年3月21日発売(アルバム『心の扉 〜ちえみMyself〜』収録)
  • 牧口昌代
    • 「春がきたら」、1984年2月発売(同名シングル)
  • 松原みき
    • 「Fancy Free」、1979年12月5日発売(シングル「愛はエネルギー」B面)
    • 「It's So Creamy」、1980年1月21日発売(アルバム『POCKET PARK』収録)
  • 南沙織
    • 人恋しくて」、1975年8月1日発売(同名シングル)
      • 「ひとつぶの涙」、上記曲B面
    • 気がむけば電話して」、1976年3月1日発売(同名シングル)
      • 「ふりむいた朝」、上記曲B面
    • グッバイガール」、1978年10月21日発売(同名シングル、訳詞)

神田エミ名義[編集]

すべて1986年3月以降に使用された筆名である[9]

  • 井上千鶴
    • 『唇とめないで』、1986年4月21日発売(作曲:高橋研、シングル『抱きしめてBOY』B面)
    • 『言わないGOOD-LUCK』、1986年7月21日発売(作曲:高橋研、アルバム『抱きしめてBOY』所収)
  • 岩井小百合
    • 『悲しいテレパシー』、1986年3月5日発売(作曲:馬場孝幸、アルバム『ナチュラリー』所収)
    • 『ONE SHOT LOVE』、1986年3月5日発売(作曲:タケカワユキヒデ、アルバム『ナチュラリー』所収)
    • 『SILENT BEAUTY』、1986年3月5日発売(作曲:岩井小百合、アルバム『ナチュラリー』所収)
  • 北原和歌子
    • 『ノック・オン・マイ・メモリー』、1986年(作曲:長岡長二郎、アルバム『JE TE VEUX』所収)
  • 佐門慶一
    • 『クラッシュ・ザ・ナイト』、1986年(作曲:濱田金吾
    • 『10オンスの魂』、1986年(作曲:MAKOTO.K)
  • 少年隊
    • 『ミュージカルPLAYZONE “MYSTERY”』のための楽曲(同名VHS, 1986年9月5日発売)
      • ダイヤモンド・アイズ』、1986年7月7日発売(川田多摩喜との共作、作曲:長沢ヒロ
      • 『ジャストサスペンス』(作曲:井上堯之
      • 『星に乗って宇宙の果てへ』(作曲:井上堯之)
      • 『ミステリー・ゾーン』(作曲:井上堯之)
      • 『夢・きらめき・ダンシング』(作曲”井上堯之)
      • 『YOROSHIKU! NEWYORK』(作曲井上堯之)
  • ストロベリー
    • 『異空間』、1986年(作曲:三室のぼる
    • 『一秒ごとドラマティック』、1986年(作曲:三室のぼる)
    • 『25時の夢』、1986年(作曲:三室のぼる)
    • 『EXIT』、1986年(作曲:三室のぼる)
    • 『I WISH YOU MORE』、1986年(作曲:三室のぼる)
  • 萩原健一
    • 『GIMME YOUR LOVE』、1987年(作曲:井上堯之、アルバム『STARLIGHT LIGHT』所収)
  • HONEY&B-BOYS
    • 『MY WISH』、1987年(作曲:村田和人、アルバム『バック・トゥ・フリスコ』所収)
    • 『WINE LIGHT』、1987年(作曲:山本圭右、アルバム『バック・トゥ・フリスコ』所収)
  • 日高のり子
    • 『イメージ違反』、1986年4月21日発売(作曲:松田良、アルバム『南風に吹かれて』所収)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 江美早苗jlogos.com, エア、2013年9月23日閲覧。
  2. ^ a b c d e 江美早苗KINENOTE, 2013年9月23日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j 前夫にメッタ刺しにされた元アイドル 江美早苗日刊ゲンダイ、2013年9月23日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n キネマ旬報社[1980], p.127.
  5. ^ a b c d e f g h i j k 山崎芹沢[1990], p.287-288.
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n 辞典[1993], p.176.
  7. ^ a b c d e f g h 日本音楽著作権協会 作品データベース検索サービス「中里綴」検索結果、日本音楽著作権協会、2013年9月25日閲覧。
  8. ^ a b キネマ旬報社[1980], p.741.
  9. ^ a b c d e 日本音楽著作権協会 作品データベース検索サービス「神田エミ」検索結果、日本音楽著作権協会、2013年9月25日閲覧。
  10. ^ 読売大阪[1998], p.319.
  11. ^ 志賀[2008], p.540.
  12. ^ a b c d e 毎日新聞社[1989], p.1288.
  13. ^ 読売[1989], p.341.
  14. ^ 恋愛術入門(最終回・第24回)花と月と音楽テレビドラマデータベース、2013年9月23日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]