丸山圭子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
丸山 圭子
生誕 (1954-05-10) 1954年5月10日(66歳)
出身地 日本の旗 日本埼玉県
ジャンル フォークソング
J-POP
職業 シンガーソングライター
担当楽器
ピアノ
活動期間 1972年 -
レーベル エレックレコード
キングレコード ビクターレコード トーラスレコード ユニバーサルレコード ポニーキャニオンレコード ワーナーパイオニアレコード スペースシャワーレコード
共同作業者 ピピ&コット
公式サイト 丸山圭子公式サイト

丸山 圭子(まるやま けいこ、1954年5月10日 - )は、埼玉県浦和市(現さいたま市)出身のシンガーソングライター作詞作曲家洗足学園音楽大学客員教授。

人物[編集]

1954年5月10日埼玉県浦和市岸町(現:さいたま市浦和区)出身。

3歳からピアノも習っていたが、中学に入ってフォークソングが盛り上がりをみせていく中、友達のギターを借りて、ジョーンバエズから始まって、五つの赤い風船ベッツィー&クリスなどを弾き語る。その頃はまだ音楽よりもスポーツが中心の毎日だった[1]

高校に入り、あるときにどうしてもギターが欲しくなり、丸井でローンで買ったギターを自宅に持って帰ったら、母親はびっくりしたという[1]。友達3人で「サンデースプリング」というバンド名で練習していくも、当時はフォークギターを持つだけでも、問題視される時代で、職員室に呼ばれたという[1]。カバー中心で練習して、遊びでオリジナル曲を作る程度の活動だった[1]。そんな中、ニッポン放送主催「VIVA唄の市」に出場するも、落選して諦めていたところ、「再度挑戦しませんか?」というハガキが来た。受験について悩んでいた時期で、バンドも活動していなかったので、個人で当時流行っていたフランス語の「ただ愛に生きるだけ」でオーディションを受ける[1]。次の予選までの間に、「オリジナルで出たほうがいい」というアドバイスから、真剣に曲作りをして、「しまふくろうの森」を完成させる[1]1972年7月の予選当日は雪が降って、風邪を引いて体調も悪く、会場では友達がたくさん来てくれて、会場票の影響もあって入賞したのかと本人は思っていたが、実際は曲がよかったとの評価だった[1]。そのまま全国大会でも入賞[1]

同年11月、エレックレコードよりアルバム「そっと私は」、シングル「心の中の」を出す。その後、ピピ&コットに参加。解散後は、キングレコードに移籍し、1976年3月に「ひとり寝のララバイ」をリリース。同年7月にリリースした「どうぞこのまま」が翌年にかけてロングヒットした。

1993年に二人目の子どもが授かった辺りは、夫の佐藤準も忙しい時期で、子育てと仕事の両立を目指すもうまくいかず、そういった関係から夫婦中もぎくしゃくして、離婚調停が続いていた[2]。1995年頃、ひどい貧血と、月経の際に大量の出血があるなど続き、地元の病院で診てもらったら、卵巣嚢腫であることがわかった[2]。即入院の上、手術を受ける[2]。無事に手術は終わり、入院期間中に知り合った同室の女の子に音楽を教えることになり、そこから口コミで生徒が増えた[3]。父も母も教育関連の仕事をしており、そこで育った環境から、「教育者の遺伝子」が覚醒したのかもしれない[3]

2009年12月31日、『第42回年忘れにっぽんの歌』(テレビ東京)に生出演。

その後アーティスト仲間からの誘いで、音楽専門学校の講師に就任し、洗足学園音大の客員教授として、作詞作曲などを講義する。2018年にはアルバム「レトロモダン~誘い」を発売し、ライブ活動も行っている[3]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

発売日 品番 タイトル 作詞 作曲 編曲
エレックレコード
1972年11月20日 EB-1008 A 心の中の 丸山圭子
B 昨日あなたと
キングレコード
1976年3月5日 BS-8016 A ひとり寝のララバイ 丸山圭子 瀬尾一三
B RHAPSODY IN BLUE 丸山圭子 吉川忠英
1976年7月5日 GK-8004 A どうぞこのまま 丸山圭子 青木望
B Bye-bye 吉川忠英
1977年4月20日 GK-8015 A あなたにつつまれて 丸山圭子 青木望
B 紙吹雪 吉川忠英

青木望

1977年9月5日 GK-8036 A ふたりの砂時計 丸山圭子 佐藤準
B IN MY DREAMS
1977年12月5日 GK-8046 A ハニー・デート 丸山圭子 佐藤準
B シーサイド・ホテル
1978年6月20日 GK-8055 A 恋めぐり 丸山圭子 佐藤準
B ウィスキー・ボン・ボン
ビクターレコード・Zen
1980年3月20日 ZEN-10 A ザ・スーパー・マジシャン 丸山圭子 佐藤準
B ミルキー・モーニング
1980年9月20日 ZEN-501 A ミス・ロンリー 丸山圭子 佐藤準
B ロックンロールを歌わせて
1981年2月20日 ZEN-505 A 愛はメッセージ なかもと拓 丸山圭子 佐藤準
B MORE 丸山圭子 佐藤準
東芝EMI・Taurus
1983年3月5日 07TR-1028 A ガラスの森 丸山圭子 小笠原寛
B 酔いにまかせて
1983年6月20日 07TR-1042 A ラ・ムール[4] 丸山圭子 筒美京平 小笠原寛
B 愛すれば なお 悲しく
1984年7月20日 07TR-1071 A 片想い 浜田省吾 佐藤準
B 夢のつれづれ 丸山圭子 小笠原寛

オリジナル・アルバム[編集]

発売日 レーベル 規格 規格品番 アルバム 備考
1972年11月1日 エレックレコード LP ELEC-2014 そっと私は
1994年6月17日 フォーライフ・レコード CD FLCF-3516
2006年4月26日 バップ CD(紙ジャケ) VPCC-84545
2013年10月23日 ワーナーミュージック CD WPCL-11558 2013年デジタルリマスター盤
1976年3月20日 キングレコード LP SKD-1036 黄昏めもりい
1978年 キングレコード LP SKA-1036
1994年2月5日 キングレコード CD KICS-8001
2002年9月4日 キングレコード CD KICX-7110 ボーナス・トラック入
2012年2月22日 キングレコード CD(紙ジャケ) KICS-91750 2012年デジタルリマスター盤
1977年4月20日 キングレコード LP SKA-1001 春しぐれ
2012年2月22日 キングレコード CD(紙ジャケ) KICS-91751 2012年デジタルリマスター盤、ボーナス・トラック入
1977年12月5日 キングレコード LP SKA-1019 MY POINT OF VIEW
2012年2月22日 キングレコード CD(紙ジャケ) KICS-91752 2012年デジタルリマスター盤、ボーナス・トラック入
1978年6月21日 キングレコード LP SKS-1010 裸足で誘って
1994年2月5日 キングレコード CD KICS-8002
2012年2月22日 キングレコード CD(紙ジャケ) KICS-91753 2012年デジタルリマスター盤
1980年3月20日 ビクター・Zen LP ZEN-1013 やさしさの香り
1980年10月5日 ビクター・Zen LP ZEN-5002 MISS LONELY
1981年3月20日 ビクター・Zen LP ZEN-5004 MORE・愛
1983年3月5日 東芝EMI・Taurus LP 28TR-2016 誰かが私を愛してる~LADY GOOD
1983年7月5日 東芝EMI・Taurus LP 28TR-2026 XANTHIPPE
2001年5月23日 プライエイド CD WECM-2004 ただひとりのあなたへ
2009年2月18日 ポニーキャニオン CD PCCA-02860 Inside My Love
2015年9月2日 SPACE SHOWER MUSIC CD XQGF-1008 傍らの愛
2018年2月21日 SPACE SHOWER MUSIC CD XQGF-1010 レトロモダン~誘い

ベスト・アルバム[編集]

  • ベストアルバム(1978年)
  • ベストコレクション(1979年)
  • どうぞこのまま(1980年)
  • 花紋様 丸山圭子'73〜'74(1984年) 過去の未発売録音のLP化
  • ヴィンテージ・ワイン(1985年)
  • ベスト・アルバム(1986年)
  • どうぞこのまま(1987年)
  • BEST(1988年9月5日)
  • カタログ・コレクション BEST(1989年4月21日)
  • for your Good Days(1992年)
  • SPECIAL 1800(1996年)
  • ベスト・アルバム(1999年)
  • コレクション(1999年)
  • ベスト撰集(2001年2月21日)
  • All For Your Love 〜Live Selection 1976-2006(2006年8月26日)- ライブテイクベストアルバム

主な提供楽曲[編集]

著書[編集]

出演[編集]

ラジオ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h _... m o m e n t ...._2020年4月5日閲覧。
  2. ^ a b c [歌手 丸山圭子さん]卵巣嚢腫(のうしゅ)(1)心身消耗 貧血が悪化 _ yomiDr._ヨミドクター(読売新聞)2020年4月5日閲覧。
  3. ^ a b c [[歌手 丸山圭子さん]卵巣嚢腫(のうしゅ)(4)教育者と表現者 新たな生活 _ yomiDr._ヨミドクター(読売新聞)]2020年4月5日閲覧。
  4. ^ フジTV平岩弓枝ドラマシリーズ湖水祭」主題歌。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]