スイート・キャロライン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スイート・キャロライン
Sweet Caroline
ニール・ダイアモンドシングル
B面 "Dig In"
リリース
ジャンル ソフトロック
時間
レーベル ユニ/MCAレコード
作詞・作曲 ニール・ダイアモンド
プロデュース トミー・コグビル
ニール・ダイアモンド
チップス・モメン
ゴールドディスク
プラチナ
チャート最高順位
第4位
ニール・ダイアモンド シングル 年表
"Brother Love's Traveling Salvation Show"
(1969)
"Sweet Caroline"
(1969)
"Holly Holy"
(1969)
テンプレートを表示

スイート・キャロライン」(Sweet Caroline)は、アメリカ合衆国ポピュラー音楽歌手ニール・ダイアモンド作曲および演奏の楽曲。1969年9月16日に『Sweet Caroline (Good Times Never Seemed So Good) 』のタイトルでシングルとして発表された[1][2]チャーリー・カレロが編曲し[3]テネシー州メンフィスにあるアメリカン・サウンド・スタジオでレコーディングを行なった。

ビルボード』誌の全米シングルヒットチャートで最高4位を記録し[4]、最終的に100万枚を売り上げてプラチナ認定された[5]。同年秋、複数のテレビ番組で披露された。1971年にはイギリスで最高8位を記録した。

2007年のインタビューでようやくニール・ダイヤモンドは、この曲はカトリック教徒初の合衆国大統領ジョン・F・ケネディとその妻ジャクリーン・ケネディ・オナシスのあいだに生まれた長女でリリース当時11歳であった後の駐日アメリカ合衆国大使キャロライン・ケネディを歌ったものであるとあかした[6][出典無効][7][8]。同年、50歳を迎えたキャロラインの眼前で、ニールはこの曲を歌って、キャロラインの誕生日を祝った[9]。2011年12月21日、CBSの『ジ・アーリー・ショー』でのインタビューにおいてダイアモンドはまだ少女だったキャロラインが両親と共に乗馬しているシーンを『ライフ』誌の表紙からインスピレーションを得て、5年間かけて作品にまとめたと語った[10][11]。しかし2014年のインタビューにおいて、キャロラインについて歌ったのではなく、題名に取り入れただけだと語った。当初ダイアモンドは曲に妻のマーシャの名を付けるつもりであったが、3音節の方が語呂が良いためキャロラインの名を選んだ。そのためキャロラインという名の特定の人物からではないという説もある[12]

この曲は長年愛され続け、2014年11月現在アメリカ国内で200万回以上ダウンロードされた[13]

3タイプの曲[編集]

オリジナルの45回転版はダイアモンドのLPアルバム『Brother Love's Travelling Salvation Show 』収録のステレオ版に比べて大規模オーケストラとグロッケンシュピールを多用している。もう1つの版はダイアモンドのコンピレーション・アルバムHis 12 Greatest Hits 』である[14]。この版はオーケストラを抑え、バック・ヴォーカルを大きめにし、より長くフェードアウトしている。またライヴ版はLP『Hot August Night 』に収録されている。

スポーツでの使用[編集]

遅くとも1997年にはメジャーリーグベースボールボストン・レッドソックスの本拠地フェンウェイ・パークで流されるようになり[15]、2002年から毎試合で8回表が終わった後に同曲が流されている[16]。2010年度の開幕試合でダイアモンド自身がフェンウェイ・パークで歌唱した。

2013年4月16日、ボストンマラソン爆弾テロ事件翌日、長年レッドソックスのライバルとされているニューヨーク・ヤンキースはホームゲームで黙祷の後この曲が流すことを発表した[17]。4月20日土曜日、フェンウェイ・パークで行われたレッドソックス対カンザスシティ・ロイヤルズ戦でダイアモンドが登場して大勢の観客と共に歌唱した。ボストンでのテロ事件後、全米で行われた様々なスポーツ・イベントにて犠牲者とその関係者と心を共にする目的でこの曲が流された。4月21日日曜日、ドイツハンブルクで行われたハンブルク・マラソンのスタート直前の黙祷の後にこの曲が流された[18]。6月1日土曜日、スウェーデンストックホルムで行われたストックホルム・マラソンでもスタート直前にこの曲が流された。

同年4月25日、NFLドラフトでもこの曲が流された。ダイアモンドは事件後の曲の売り上げの全利益を犠牲者を支援するワン・ファンド・ボストンに寄付することを発表した[19]。ダイアモンドは曲の売り上げについて、前週2,800枚だったのが事件後6倍以上の19,000枚となったと語った[20]

長年ピッツバーグ大学でもフットボールのホームゲームでこの曲を歌うのが伝統となっている[21]。替え歌を『Pitt-centric 』と呼び、歌詞の「So good」の部分を「Go Pitt」、「Ba ba ba」の部分を「Let's Go Pitt」に変えている。

カバー[編集]

ボビー・ウーマックフランク・シナトラエルヴィス・プレスリーフリオ・イグレシアスら数多くの著名アーティストからカバーされている[22][出典無効]。特にシナトラについては、ニール・ダイヤモンド自身が、最も好きなカバーの一つだと述べている[23][出典無効]マフィアとつながりのあるとされるシナトラは、イタリア系カトリック教徒としていわれなき差別を受けてきた経験から、アイルランド系ではあるものの同じカトリックで、なおかつ公民権運動に肯定的なキャロラインの父親の政策を全面的に支持し、彼の大統領選を資金面で支えた[24][出典無効]。さらにシナトラ一家のピーター・ローフォードがキャロラインの父の義弟となり、ケネディの広報・応援に携わるようになっていたこともあって、シナトラも多くの著名芸能人のケネディ支持を取りつけるべく努めた[25][出典無効]。いわばこれはキャロラインの身内の大スターによるカバーであるともいえる[26]。またフリオ・イグレシアスのカバーのタイトルはSweet Carolineのスペイン語訳DULCE CAROLINAである。変わったところではクラシックのオケ、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団によるカバーも存在する[27][出典無効][リンク切れ]。またわが国ではケネディやシナトラと同様カトリックの信仰をもつ南沙織がアルバム『純潔/ともだち』(1972年)のなかの8曲目で、この曲のカバーを歌っていて[28][出典無効]、このアルバムはオリコン2位を獲得している。さらに加山雄三が1976年の武道館ライブにおいてこの曲のカバーを歌っている[29]。また比較的最近ではベルギーの歌手クリストフが2011年に出したカバーがフラマン語週間top50チャートで1位を獲得している[30][出典無効]。またフォックス放送で2009-2015年に放送され、NHKでも2013年度に一部放映されたテレビドラマgleeにおいて、 マーク・サリングが2009年、第1シーズン第8エピソードにて[31][出典無効]この曲のカバーを歌い、全米シングルチャート34位となった[32][出典無効]

関連記事[編集]

毎日新聞 2013年7月27日社説「駐日米大使指名 スイート・キャロライン」https://web.archive.org/web/20131202231904/http://mainichi.jp/opinion/news/20130727k0000m070113000c.html

経済界 2013年7月30日記事「スウィート・キャロライン-オバマ大統領の英語 第102回-」 http://net.keizaikai.co.jp/archives/2118

脚注[編集]

  1. ^ Chilton, Martin. “Neil Diamond: 'didn't like Sweet Caroline'”. 2015年9月19日閲覧。
  2. ^ Caulfield, Keith. “Neil Diamond's Top Singles'”. 2016年6月12日閲覧。
  3. ^ Calello, Charles. “Calello's Billboard Magazine Top 100”. 2015年6月13日閲覧。
  4. ^ http://www.billboard.com/artist /312095/neil-diamond/chart?page=3&f=379
  5. ^ Neil Diamond (biography)”. Billboard. 2007年11月20日閲覧。
  6. ^ en:Sweet_Caroline[出典無効] 及び Neil Diamond reveals secret of Sweet Caroline|World news|The Guardian なお、これ以前(少なくとも 1997年以降)からボストン・レッドソックスで歌われているのが不思議ではある。なぜならボストンはキャロラインの祖父ジョセフ・P・ケネディの生誕の地であり、近郊ブルックラインにジョン・F・ケネディ生誕の家もあり、ケネディ家と同じ、カトリック教徒の多い土地であるからである
  7. ^ Glaister, Dan (2007年11月21日). “Neil Diamond reveals secret of Sweet Caroline”. The Guardian (London). http://www.guardian.co.uk/usa/story/0,,2214419,00.html 2015年6月13日閲覧。 
  8. ^ Beggy, Carol; Shanahan, Mark (2007年11月21日). “'Sweet Caroline' revealed”. The Boston Globe. http://www.boston.com/ae/celebrity/articles/2007/11/21/sweet_caroline_revealed/ 2008年3月15日閲覧。 
  9. ^ Cohen, Sandy (2007年11月20日). “Neil Diamond reveals inspiration for his smash hit 'Sweet Caroline': Caroline Kennedy”. Associated Press 
  10. ^ Neil Diamond reveals secret of Sweet Caroline|World news|The Guardian LIFE Magazine - September 7, 1962 - Amazon.com
  11. ^ “1962 covers”, Life, 2 neat magazines, http://www.2neatmagazines.com/life/1962cover.html, "7-Sep-1962, Caroline Kennedy on her pony" .
  12. ^ http://www.cnn.com/2014/10/20/showbiz/music/neil-diamond-sweet-caroline/
  13. ^ Appel, Rich (2014年11月26日). “Revisionist History, Part 5: Bon Jovi's 'Prayer' Answered, 'Caroline' Is Sweeter Than 'Sugar'”. Billboard. Prometheus Global Media. 2014年11月26日閲覧。
  14. ^ Neil Diamond Album Overview Part 4: 1981-2003 The Compilation-Mania Years”. 2015年6月13日閲覧。
  15. ^ Browne, Ian (2013年4月17日). “Fenway Park's anthem started innocuously”. MLB.com. http://m.mlb.com/news/article/45075964/fenway-parks-anthem-started-innocuously 2016年4月20日閲覧。 
  16. ^ Vosk, Stephanie (2005年5月29日). “Another mystery of the Diamond, explained at last”. The Boston Globe. http://boston.com/sports/baseball/redsox/articles/2005/05/29/another_mystery_of_the_diamond_explained_at_last/ 
  17. ^ Yankees Twitter”. New York Yankees (2013年4月16日). 2013年4月16日閲覧。
  18. ^ 15,000 expected at Hamburg Marathon”. TheLocal (2013年4月20日). 2013年4月22日閲覧。
  19. ^ Neil Diamond to Donate 'Sweet Caroline' Royalties to Boston Bombing Charity”. The New York Times (2013年4月25日). 2013年4月25日閲覧。
  20. ^ Neil Diamond to Donate 'Sweet Caroline' Royalties to Boston Charity”. The Hollywood Reporter (2013年4月25日). 2013年4月25日閲覧。
  21. ^ How 'Sweet Caroline' became the Pitt fans' singalong”. Old.post-gazette.com. 2014年10月17日閲覧。
  22. ^ en:Sweet_Caroline[出典無効]
  23. ^ en:Sweet_Caroline[出典無効]
  24. ^ ジョン・F・ケネディ及びフランク・シナトラ なおこれらのウィキペディア情報によると、シナトラはキャロラインの父親にモンローを紹介した人物であり(ローフォードが紹介したとの説もある)、またキャロラインの父親並びに叔父の暗殺に黒幕として関わったとの噂もあるとされている。仮にそれらの噂が事実であるとすれば、いわば不倫相手を紹介し、その後仲違いした旧友の愛娘を歌った曲を、シナトラは平然とカバーしていたことになる。なお、大統領の父ジョセフ・P・ケネディ禁酒法時代にマフィアと組んで酒の密輸で稼いでた可能性があるとジョセフ・P・ケネディに記されている[出典無効]
  25. ^ フランク・シナトラ[出典無効]
  26. ^ ヤンキースタジアムの試合終了時の曲はシナトラ歌う「ニューヨーク・ニューヨーク」である。オリジナルのライザ・ミネリの音源が敗戦時、シナトラの音源が勝利時に流れたが、今はすべてシナトラのものであるという。ニューヨーク・ヤンキースの歌は球場で、レッド・ソックスの歌は球場の外で、シナトラは歌っていることにもなる
  27. ^ es:Sweet_Caroline[出典無効]及びAmazon.co.jp[リンク切れ]
  28. ^ 純潔/ともだち[出典無効]
  29. ^ スウィート・キャロライン - Amazon.co.jp
  30. ^ nl:Christoff_De_Bolle[出典無効]公式ビデオクリップは以下のもの CHRISTOFF - SWEET CAROLINE (Officiële Videoclip) - YouTube
  31. ^ fr:Sweet_Caroline_(chanson)[出典無効]
  32. ^ en:Sweet_Caroline[出典無効]
  33. ^ Elvis Presley - Sweet Caroline (1970)”. YouTube. 2014年10月17日閲覧。
  34. ^ Checkmates, Ltd., Life Retrieved January 29, 2016.
  35. ^ Roy Orbison: "Sweet Caroline" from Live in Australia”. 2014年11月26日閲覧。
  36. ^ Singer/songwriter Neil Diamond here, AMA!”. Reddit (2014年10月16日). 2014年10月17日閲覧。
  37. ^ Live Trax Vol. 6: Fenway Park”. 2014年11月26日閲覧。
  38. ^ Tribute”. Last.fm. 2014年10月17日閲覧。

外部リンク[編集]