マーク・サリング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マーク・サリング
Mark Salling
Mark Salling
2009年5月11日 Gleeのプレミアより
本名 Mark Wayne Salling
生年月日 (1982-08-17) 1982年8月17日
没年月日 (2018-01-30) 2018年1月30日(35歳没)
出生地 テキサス州ダラス
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 男優
活動期間 1996 - 2015年
活動内容 テレビドラマ歌手
公式サイト 公式サイト(英語)
主な作品
glee/グリー
テンプレートを表示

マーク・サリング(Mark Salling [ˈsɔːlɪŋ]1982年8月17日 - 2018年1月30日[1])はアメリカ合衆国の俳優、歌手である。代表作はFOXのテレビドラマ『glee/グリー』(ノア・"パック"・パッカーマン英語版役)。

来歴[編集]

テキサス州ダラス出身。高校時代はレスリング部に所属[2]。10代の頃から芸能に興味があり、バーで演奏したり、学校の催しに出演したりしていた。2004年地元のレイク・ハイライト高校を卒業。高校卒業後ロサンゼルスに引越し、ロサンゼルス音楽アカデミーにてギター演奏を学ぶ傍らギター講師としても働いていた。ドラマ『glee/グリー』(2009年〜2015年放送)に出演した。

音楽面[編集]

ヴォーカル、作詞作曲、プロデュース、ピアノ、ギター、ベース、ドラムとマルチにこなす[3]。以前はJerichoというステージネームの元、ソロ活動を行っており、デビューアルバムSmoke Signalsが2008年2月に発売された[4]

彼は出演していたドラマ『glee/グリー』でニール・ダイアモンド"Sweet Caroline"のカバーを歌った。

2010年本人名義のソロアルバムをリリース。ジャズ色の濃いロックアルバムとなっている。

児童ポルノ所持による逮捕以降[編集]

2013年に元恋人に対する暴力により提訴され、賠償金270万ドルの支払いが命じられた[5]

2015年12月、児童ポルノ所持の容疑で逮捕された[5]。2016年5月に児童ポルノ所持および児童ポルノを受け取った罪で起訴された[6]。2017年10月には司法取引に応じた[7]

しかし、2017年8月にリストカットによる自殺未遂を起こしていたことが同年10月に報じられた[8]。その後、翌2018年1月30日、カリフォルニア州サンランドの自宅付近で首を吊って死亡しているのが発見された。35歳没[9][10]。死因は首を吊ったことによる窒息で、事件性はなく自殺であると断定された[10]

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  • Smoke Signals(2008年)
  • Pipe Dreams (2010年)全米189位

シングル[編集]

曲名 最高順位 アルバム名
US AUS CAN
2009
"Sweet Caroline" 34 37 22 Glee: The Music, Volume 1
2010
"Higher Power" Pipe Dreams
"—" はチャート圏外か、リリースされていないもの。

Glee関連[編集]

曲名 最高順位 アルバム名
US AUS CAN
2009
"Somebody to Love" 28 65 33 Glee: The Music, Volume 1
"It's My Life / Confessions, Pt. II" 30 22 25
"Keep Holding On" 56 56 58
"Proud Mary"
"Lean on Me" 50 Glee: The Music, Volume 2
"Imagine" 67 49
"Hair" / "Crazy in Love"
"Jump (ヴァン・ヘイレン)" 104
"Smile (チャーリン・チャップリン) " 102
"You Can't Always Get What You Want"
"My Life Would Suck Without You" 51
"Last Christmas" 63 Last Christmas - Single
"—" はチャート圏外か、リリースされていないもの。

参照[編集]

外部サイト[編集]