ダフィー・ルイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダフィー・ルイス
Duffy Lewis
基本情報
出身地 Flag of the United States.svgカリフォルニア州サンフランシスコ
生年月日 1888年4月18日
没年月日 1979年6月17日(満91歳没)
身長
体重
5' 10" =約177.8 cm
165 lb =約74.8 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
初出場 1910年4月16日
最終出場 1921年6月6日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ダフィー・ルイス(George Edward "Duffy" Lewis、 1888年4月18日 - 1979年6月17日)は、1910年代に活躍した、アメリカメジャーリーグの野球選手。主なポジションは左翼手カリフォルニア州サンフランシスコ生まれ。右投げ右打ち。

来歴・人物[編集]

ルイスはカリフォルニア大学のセントメリー校を卒業後、1909年にパシフィックコーストリーグのオークランドからレッドソックスに入団した。1910年にメジャーデビューし、1年目から151試合に出場、.283の打率を残す。

この年から1915年まで不動のオーダーだったレッドソックスの外野陣(トリス・スピーカーハリー・フーパー、ダフィー・ルイス)は、後に『最強の外野陣』と呼ばれた。当時フェンウェイ・パークのレフトフェンス(現在のグリーンモンスター)の前にあった高さ10フィートほどの丘を、ルイスは自由に上り下りすることができたという。後にこの丘は『ダフィーズ・クリフ(Duffy's Cliff)』と呼ばれるようになった。レッドソックスはルイスの在籍中に3度ワールドシリーズに出場し、いずれもシリーズを制覇している。特に1915年のワールドシリーズでは、ルイスはこの年のレギュラーシーズンで2本だった本塁打をワールドシリーズで放ち、18打数8安打、打率.444で5打点を上げる活躍をした。

チームへの功績の大きかったルイスだが、1918年は第一次世界大戦に従軍したためメジャーではプレーせず、その年のオフにダッチ・レナードアーニー・ショアと共にニューヨーク・ヤンキースにトレードされる。ヤンキースには2年在籍したが目だった活躍はできず、1921年にワシントン・セネタースで27試合に出場したのを最後に、メジャーリーグから引退した。

引退後は1932年から1935年まで、ボストン・ブレーブスのコーチを務めていた。1979年にカリフォルニア州セーラムで91歳で死去。2002年にレッドソックス球団の殿堂入り選手となった。

通算成績[編集]

打撃成績[編集]

試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 得点 打点 盗塁 三振 四球 死球 犠打 打率 出塁率 長打率
1459 5351 1518 289 68 38 612 793 113 353* 352 40 264 .284 .333 .384

※数字の後の"*"は、記録不明箇所があることを示す。

獲得タイトル・記録[編集]

  • ワールドシリーズ出場:3回(1912,1915,1916年)
  • シーズン最多犠打数:31(1912年)

投手記録[編集]

  • 通算記録:1試合、投球回1.0、被安打3、被本塁打0、自責点2、防御率18.00

出典・外部リンク[編集]